■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■札幌PTA組織の解体<11>【社会教育法(4)】

■札幌PTA組織の解体<11>【社会教育法(4)】


  恫喝を受けた当日「改めて会長にはお話しさせていただくことになると思います。」
として辞退したが、帰り道でふと思いついた。PTA協議会事務局長:相馬武雄氏の
「まず足元から」には、M小学校PTA会長:時田勝氏に任せておけば「うまく平佐を
引っ込ませるだろう」という思惑もあったのではないだろうかと考えた。

  教頭の「私に了解を得ないで会長と会わせた」方法が根本の間違いだが、その日以前 から私の動向は教頭を通して会長に伝わっていたはずで、インフルエンザ騒動のことも あり、会長の方から「私が会って話す。」という運びになったものと考えられる。
  その方法で過去に事態を収められたことがあったのかも知れないが、私は20年以上 前からPTAのことを考え続け、息子を授かった時点から“PTA組織との対峙法”をプ ランニングしてきたのである。打ちあわせと異なる事態になったとしても、恫喝を受け たとしても、全校の保護者の反発を買ったとしても、私のプランの大筋には何の影響も ない……いや、今のところない……ちょっと弱気か……。
  PTA協議会に資料提供を要求し、受け取りに行ったときに(このいきさつは面白い) 事務局長:相馬氏から「(資料提供の)目的はなんですか?」と聞かれて一瞬言葉を選 んだが、「PTA廃止です。」と答えた。
  「現段階では○秘です。」では資料提供を依頼する身としては非礼になるし、「PTA
改革です。」では私の存在を認識させるためのインパクトに欠ける。また、改革レベル の話は本州方面にはゴマンとあるし、対策法も考えられているだろう。長年考えてきた プランではあるものの余計な苦労は作りたくないので、先方が油断する可能性のある言 葉を選んだ。


  「PTA廃止」など、1個人が逆立ちしたってできることではない。「PTAの事業仕分
けはできるか?」のブログにも「事業仕分けはできないでしょう。」と書き込みをして
いる。「PTA廃止」は、あくまでもPTA協議会の油断を期待した私のホラであるが、
そのホラに先方が油断をしてくれたかどうかはわからない。
  その折、M小学校PTA会長:時田氏の恫喝がどのようなものであったかを認識させ ておこうと思い、話しを多少強引にそちらに向け、「どんなことをされたか、やってみ ましょうか?」と前置きして、応接セットのテーブルを大叩きし「ダメだ〜」と叫んで
やった。「やめてくださいよ。」とは言ったがその表情には特別の変化はなく、私は
『こいつ、知ってるな』と直感した。
  驚いたのは事務員の女性の方だったろう。帰りしな相馬氏が「またおいでください」 と言ったので「こんなところには、二度と来ませんよ。」と応えて帰宅した。

  ある時点まで、私の行動は関係機関にすべて明らかにしてきた。PTA協議会・教育 委員会・M小学校などにはメール記録はじめすべての共通資料を提供し、すべての札幌 市立小学校長にも、市長にも、提言書や抗議書にメール記録を添付した。
  また、段階的な行動に移る際も、PTA協議会・教育委員会には事前予告をしてきた。 その方が余計な詮索を受けなくてすむと同時に、余計な説明をしなくても、私の行動や 考え方を伝えられるからである。私も“人の子”であり、その時々の気分で表現が違っ たり、考えが変わったりしないとは言い切れないので、自分自身の考え方を再確認する ためにも……なんせ、記憶力が乏しいので……また、対峙する相手からの余計な指摘を 受けないためにも記録は重要と考えるからである。

  さて、M小学校PTA会長:時田氏が「なぜ明らかに年上と判断できる私を怒鳴りつ
けたか」を考えた。PTA熱心からか、会長としての自負心か、若気の至りか、人格か、 習慣か……どれもピンとくることに思い当たらず、『ひょっとして計画的な行為だった のではないだろうか?』と考えたときに、私が告発したある小学校の「いじめ事件」に 関して抱いていた疑問と符合した。何かある。それが何であるかの確信を持てたのは数 か月あとのことになる。
  後日、「あの恫喝行為は時田会長の独断でしたか?」と聞いたら「独断だった。」と
言っていたが、私はこの原稿を書いている1年ほど経過した現在でもそうは思っていな い。「平佐さんは、PTA を暴力団的だと言いましたよね。」と言い訳がましく呟いても いたが、『抗議するんなら、もっと覇気をもって言葉を言え!』と思いながら「ネット
上ではごく普通に使われている言葉です。」と流しておいた。
  どんなに“クソミソ”に言われても「どのあたりにそう感じますか?」くらいの“い
なし”言葉のいくつかは用意しておけよ……と思うが、若さと過度の熱心さは、しばし
ば踏み板を踏みそこねるものでもある。
  とは言うものの、再会の機会には「先日は失礼」くらいの改めての謝罪があっていい んじゃないの? 社会性に欠けるやつだと思いつつ、会社勤めでは面会しづらい時間帯 だったので「時田さん、会社勤めをされたことはおありですか?」の問いかけに「あり ます。○×社に▲年勤務しました。」と著名会社名を出してあっさり答えられた。『会 社名まで聞いちゃいね〜よ。しかし、この自信あり気な態度の裏付けは何なのだ?』と、 会談内容も上の空で考え続けた。(続)


 


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

PTA組織の解体