■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


札幌PTA組織の解体<14>【社会教育法(7)】

■札幌PTA組織の解体<14>【社会教育法(7)】


■PTA組織の解体<14>【社会教育法(7)】
  札幌市教育委員会からの、最後の返信メールはつぎのとおり。

平佐 修 様 (5月10日)
  平佐様からいただいたPTAの運営などに関してのお問い合わせについて、委員
会として判断する立場になくお答えできない旨をこれまで御理解賜りたく御説明・御回 答してまいりましたが、再度、教育委員会の立場を示させていただきます。
  教育委員会は、それぞれ自主的に規約などを定め運営されている社会教育関係団体で あるPTAに関して、管理・監督・指導する立場にございません。よって、各学校単位 などで組織されているPTAに関してのお問い合わせに対し、お答えできる立場にはご ざいません。
  以上のことから、現在に至るまでに回答させていただいたこと以上のことは申し上げ ることがございませんので、今後PTAに関するお問い合わせをいただいた場合でも、 教育委員会としては繰り返しの回答とならざるを得ず、今後この件についてのお問い合 わせに対する回答は致しかねますので御了承をお願いいたします。
  なお、今回の件につきましてはM小学校に報告を入れさせていただきますので、今 後は、学校へお問い合わせいただけますようお願いいたします。

  札幌市教育委員会生涯学習部生涯学習推進課長 川原 眞人

  私は「PTA協議会」について聞いているのである。なぜM小学校が教育委員会や
PTA協議会の代弁ができるのか? 教育委員会はPTA協議会から毎年「提言書」(後 述)なるものを受け取っているが、間接的にM小学校PTAは教育委員会への「提言書」 を渡す側に位置しているが、学校が提言書を提出したり受け取ったりしているわけでは ない。強いてM小学校がPTA協議会との関係があるとすれば、PTA協議会の「広報係」 をしている時田勝氏がPTA会長をしていることくらいのもの。
  PTA協議会と異なる情報を提供する時田勝氏に、今さら何を聞けというのか。まして、 校長・教頭(教師側副会長)を相手に「PTA協議会が回答するべきことについて問い合 わせ」をして、「PTA協議会としての回答を得ろ」とでも言うつもりなのか……このよ うな考え方をする教育委員会だから廃止論が持ち上がるのである。
  PTA協議会と教育委員会は、提言書の授受をするほどに“親密な関係”にありながら、 この期に及んで社会教育法12条を持ち出して「PTAに関してのお問い合わせに対し、 お答えできる立場にはございません。 」となるのは、“逃げ”以外の何ものでもない。
 
  「社会教育法第12条」の条文はこのようなものです。
  『国及び地方公共団体は、社会教育関係団体に対し、いかなる方法によっても、不当 に統制的支配を及ぼし、 又はその事業に干渉を加えてはならない。』(札幌市教育委員 会'10年3月18日付メール)
  教育委員会はこの条文を「国及び地方公共団体は、社会教育関係団体に対し、いかな る方法によっても、その事業に干渉を加えてはならない。」と読み下しているのではな いか。あるいは、そのように私に「読め」と押しつけをしているように感ずる。
  抜けている「不当に統制的支配を及ぼし、」は、インターネット上で検索するかぎり
では、法的な裁定がなされていない文言である。私の検索能力に限界のあることは承知 しているが、「不当な統制的支配」の範囲が全く示されていない段階でこの条文を引き 合いに出すことは、「教育委員会の保身行為」であるとしか考えられない。「正当に統 制的支配」という解釈が成立するのか、「統制的支配」そのものを“不当”としている かも不明であるし、「統制的支配」の範囲が明確に示されていない段階で「全くPTA 組織を管理・監督ができない。」とするには、「短絡的法解釈」と言わざるを得ず、 「全く管理・監督ができないPTA組織」をガチガチに管理・監督されている義務教育 機関の側近に位置させることは危険である。
  また、「その事業に干渉を加えてはならない。」という文言に「PTAへの入会・非入
会は自由であることを保護者には周知しない」ことまで含めて法解釈をするのは、保護 者に対する欺瞞行為であり、保護者に対する“(教育の)義務”を統括的に管理してい る「教育委員会の義務違反」である可能性が高い。司法の裁定で明確な判断を下すべき と考えるが、私にはそんな時間を使う余裕はない。
  私は平成9年6月から「PTAに関する問合せ」を、札幌市教育委員会に重ねている。 8か月も経って「私たち役人には関係ありません。」的態度に出るのは如何なる理由な のか? しかも担当者名のあった返信メールが、部所名のみになり、文体から判断して 明らかに担当者が変わったと受け取れるのに、その旨を問合せをしている私に伝えもし ない。しばらく「名無し様」としてメールを送っていたら、根負けしたのか、予想した とおり違う担当者名で返信が来るようになった。(続)


 


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

PTA組織の解体