■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


札幌PTA組織の解体<15>【社会教育法(8)】

■札幌PTA組織の解体<15>【社会教育法(8)】


  教育委員会からの最終メールに、次のような追記ガあった。

  メールを組織名で回答にするようにした件については、本文中最終行で平佐様がご指 摘されたような『担当者が変わると「わかりません。聞いていません。」』となるので はないか、という疑念を抱かれないようにするための措置です。なお、昨年からこれま での全ての回答についても、担当者一個人の私見等に基づくものではなく、組織として の回答であることを念のため申し添えます。

  詭弁ですね〜。「疑念を抱かれないようにするための措置」なら最初から行うべきで、 私への対応の変更として「措置」したものであれば然るべき説明をするべきですよ。
  官公署の近年の通念に照らしても時代的逆進性の感じられる“言い訳”で、課長自ら が対応をしてきたということは、PTA協議会との“高レベルの打ちあわせ”があったと 判断できますね。私に了解なく「措置」したのには、もっと違う理由があるはずである。 その理由を知っているのは、前担当者の逸見知之氏であろうとの判断もできるのである。
  後日「私の存在もご確認できたでしょうから、そろそろ真摯にご対応になってはいか がですか? もし、貴教育委員会から私に対応をされる場合には、逸見知之氏を指名さ せていただくことを書き添えます。」と伝えてある。私の想像では、逸見氏はすでに配 転されたかも知れない。裁判でなら、「参考人招致手続き」を申請するところだ。
  ちなみに他の部所では、担当者名を明記することが指導徹底されていると聞いたが、 もし「市民に疑念を抱かれないようにするためになる」と確信するなら、教育委員会は 「記名廃止」を提案するべきと思いますが如何ですかね〜?
  本題から外れるので、札幌市教育委員会の“役人体質”を追及することはこれくらい にしておきますが、「教育委員会は、社会教育法12条があるためにPTA組織に干渉 を加えられない。」のではなく、「教育委員会は、社会教育法12条を盾にしてPTA 組織に干渉をしない。」だけのことである。
  つまり、「現在PTA組織は、社会教育法12条によって“野放し状態”にある。」
と言っていい。

  教育委員会は「今後は、学校へお問い合わせいただけますようお願いいたします。 」 と言い、PTA協議会は「単位PTAの活動に直接口を出したり,指導的立場にはござい ません。甚だお手数ではございますが,どうぞ,M小学校へお問い合わせ願います。」 と言う。
  甚だお手数をかけられているとは思うが、私は自分の子供が義務教育年限中を目指し ていたので、M小学校PTA会長から早期に恫喝行為を“いただいた”おかげで、当初 プランの1〜2年の時間節約ができている。
  まあ、教育委員会もPTA協議会も私のプランなど知る由もないので、どちらも“姑
息な対処”で“教育現場での事態終結”を意図しているが、私のような“無頼漢”に対
峙できる人物は教育現場にはいないと断言する。苦慮するのは、校長ただ一人である。

  私は「PTA問題は、一校長に判断させてはならないことである。」と考えている。学
校の管理責任者が、PTA協議会が言うように「様々な考え方をする保護者」に対しある 決定をすることは、保護者間に対立構造を作ることになりかねない。
  M小学校PTA会長と会談した折りに「現状のPTA体制では、第2PTA や勝手連的
PTAができる可能性もある。」と伝えると「大いに結構だ。」との答えが返ってきた。
即座に「バカな。そんな事態になると学校現場に混乱を招く。」と伝えたが、まったく
思慮に欠ける言葉である。
  たとえば「東京都・杉並区立和田中学校長のPTA廃止騒動」のように、校長の判断 としてPTAの存否を決定したことは、教育現場の安定を目指さなければならない立場 でありながら自らが騒がせたことになり、保護者はもちろん、生徒達へ大きな混乱を感 じさせたはずなのである。
  しかしもう少し事態を深読みすると、「東京都・杉並区立和田中学校問題」は教育委 員会(行政)サイドの人物である校長が決定したことであり、そのことが「(自治体が) 事業に干渉を加えた」とする「社会教育法12条に抵触した」判断がなされていないら しいことを考えると、札幌市教育委員会が「社会教育法12条を持ち出して、事業に干 渉できない。」とするスタンスには甚だ大きな疑問が生じるのである。
  たびたび言っているように「PTA組織は、社会教育法12条によって“野放し状態”
 教育委員会は「今後は、学校へお問い合わせいただけますようお願いいたします。 」
と言い、PTA協議会は「単位PTAの活動に直接口を出したり,指導的立場にはござい ません。甚だお手数ではございますが,どうぞ,M小学校へお問い合わせ願います。」 と言う。
 甚だお手数をかけられているとは思うが、私は自分の子供が義務教育年限中を目指し ていたので、M小学校PTA会長から早期に恫喝行為を“いただいた”おかげで、当初 プランの1〜2年の時間節約ができている。
 まあ、教育委員会もPTA協議会も私のプランなど知る由もないので、どちらも“姑
息な対処”で“教育現場での事態終結”を意図しているが、私のような“無頼漢”に対
峙できる人物は教育現場にはいないと断言する。苦慮するのは、校長ただ一人である。
 私は「PTA問題は、一校長に判断させてはならないことである。」と考えている。学
校の管理責任者が、PTA協議会が言うように「様々な考え方をする保護者」に対しある 決定をすることは、保護者間に対立構造を作ることになりかねない。
 M小学校PTA会長と会談した折りに「現状のPTA体制では、第2PTA や勝手連的
PTAができる可能性もある。」と伝えると「大いに結構だ。」との答えが返ってきた。
即座に「バカな。そんな事態になると学校現場に混乱を招く。」と伝えたが、まったく
思慮に欠ける言葉である。
 たとえば「東京都・杉並区立和田中学校長のPTA廃止騒動」のように、校長の判断
としてPTAの存否を決定したことは、教育現場の安定を目指さなければならない立場 でありながら自らが騒がせたことになり、保護者はもちろん、生徒達へ大きな混乱を感 じさせたはずなのである。
 しかしもう少し事態を深読みすると、「東京都・杉並区立和田中学校問題」は教育委 員会(行政)サイドの人物である校長が決定したことであり、そのことが「(自治体が) 事業に干渉を加えた」とする「社会教育法12条に抵触した」判断がなされていないら しいことを考えると、札幌市教育委員会が「社会教育法12条を持ち出して、事業に干 渉できない。」とするスタンスには甚だ大きな疑問が生じるのである。
 たびたび言っているように「PTA組織は、社会教育法12条によって“野放し状態”
にある。」のではなく、「どこかが“野放し状態”にしている。」のである。(続)


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

PTA組織の解体