■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


札幌PTA組織の解体<16>【市長に直訴(1)

■札幌PTA組織の解体<16>【市長に直訴(1)】


 教育委員会とPTA協議会が“つるんで無言の行”を決め込むことも私のプランには
“想定済み”のことであり、どちらにも「次の段階に進む。」と宣言した。
 
 札幌市市長:上田 文雄 様

 拝啓。
 私、数年前の市役所ロビーコンサートで、友人の尺八奏者:Sさんの伴奏および上演 曲の編曲をした者です。
 昨年息子が小学校にあがり、今年下の息子が同じ小学校に通わせていただくことりました。
 【添付資料(A)】にあるように、20年以上も前から、私の友人知人達からPTAに
対する不平・不満を聞き続けて参りましたが、「当事者が解決すること」と考え、1〜
2つの例を除き、子どもに恵まれていなかった自分としてはいじめに関すること以外に は関与しないでまいりました。
 しかし、上の息子の入学早々にPTAに対する疑問に次々とぶつかり、教育委員会・ PTA協議会に対し問合せを行ってまいりましたが、最終的に教育委員会は「社会教育法 12条」を盾に、PTA協議会は「学校のPTA(単P)と話をしろ」との対応しか得られ なくなりました。

 これから6年間、中学を含めると9年間も、PTA組織と関わりを持たざるを得ないこ
とを考えると寒気を感じますが、教育委員会からは「PTAは任意団体である」ことを、
PTA会長からは「区P連や市P協への加入は単Pの自由である」ことを聞きました。
 一保護者の私としても、多くの保護者にしても「初耳」なことです。
 そこで市立小学校全校のPTA 担当教師に向け「提言書」【添付資料(A)】を送付し、 学校側(校長サイド)の意識を喚起する行動を行った結果、息子達の通う手稲宮丘小学 校では、副会長である教頭先生からPTA会長同席で「PTA加入・非加入は自由である 旨保護者に伝える」とのの回答を得られました。
 たしかに入学式では口頭でその旨と受け取れるPTA会長の説明が有りました。しか し、入学式当日保護者に配布された「PTAハンドブック」には「(3)PTA活動は会員 みんなの協力で子どもが小学校へ入学すると同時に保護者はPTA会員となり、先生も 学校に着任するとPTA会員となり、活動に参加します。(以下略)」と記されており ました。

 さらにPTA総会の案内書には『PTAに加入しないご家庭は、(略)お子様を含めて
「PTAふれあいまつり」ほかPTA主催の各種事業・イベントに参加できなくなります
のでご承知ください。』という差別とも強迫とも受け取れる文言がありました。実際
「これって、強迫だよね」と感想した保護者がおり、このような暴力団的、圧力団体的
言動を容認したM小学校PTA役員には、現在「質問状」【添付資料(C)】を提出、
回答を待つ状況にあります。
 教育委員会に「このような口と行動が異なる団体を、教育現の極近に存在することを 容認している教育委員会に大きな反発を感ずる」旨伝えましたが、最終的に「札幌市教 育委員会としては、自主的に運営している社会教育関係団体である札幌市PTA協議会 及び各区PTA連合会の管理に関しましては、お答えする立場にありません。」との回 答しか得られておりません。
 また、教育委員会からは、PTAに対しては「社会教育法第12条」によって「不当に
統制的支配を及ぼし、又はその事業に干渉を加えてはならない。」という立場にあるこ とも聞きました。

 それならば「PTA組織を統括的に監督する機関はどこか」と問い合わせましたが、
「社会教育法第12条によってお答えはできません」のくり返しです。
 もし「PTA組織を統括的に監督する機関」がないとすると、教育委員会監督下に置か れている学校の現場では、PTA組織に対しては発言の難しい状況が作られる可能性があ り、添付資料にある「PTAに批判的発言をした教員に、校長から退職をほのめかされる」 事態も不思議の無いことになります。
 また、校長・教頭の一校在職年限より、PTA会長・役員の方が長く学校に関わること がおこり、その結果、発言力が学校側より大きくなっている現実もあります。学校側と しては、PTAの提言や決定に対して意見を言いづらい状況にもなっていると思えます。
 勿論「校長ご用達PTA」という言葉も聞きますので、学校側と良好な関係にあるPTA がないとは言い切れませんが、ある自治体で起った「いじめ事件」はPTAの組織的関 与(圧力)が濃厚で、私が行動を起こさなければ、学校側によってうやむやにされた可 能性がありました。【添付資料(D)】(続)
 


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体