■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


札幌PTA組織の解体<17>【市長に直訴(2)

■札幌PTA組織の解体<17>【市長に直訴(2)】


■PTA組織の解体<17>【市長に直訴(2)】
  市長宛書状続き。

  またPTA協議会(区PTA連合会)では、日本ハムファイターズ、PMFのチケット
斡旋パンフレットを、家庭に持ち帰らせるよう「校長に依頼電話をかけていた」経緯も 確認できています。
  「電話での依頼で、判断は学校側にお任せしています。」とPTA協議会は回答をよ こしていますが、事実上の「プレッシャーである」ことは容易に想像できます。調査の 上で適切な指導を望みますが、この様な横暴をなぜ教育委員会は黙認しているのか大き な疑問です。
  この件では、日本ハムファイターズは「チケット斡旋マージンの発生」を否定しませ
んでした。
  PTA協議会に「営利行為」が認められるなら、札幌市は補助を打ちきる検討をする べきであり、「ちえりあ」の一室を提供する必要もないと考えます。

  校長・教頭が「子ども達本意の学校経営」を実践できない可能性は、教育委員会と PTA組織とPTA族議員によって作られると言って過言ではないと考えます。
  札幌市主導で大きな期待は持ちづらいこと乍、「事業仕分け」をするなら、真っ先に 「区P連・市P協への補助金廃止」を行っていただきたい。
  さらに、「区P連・市P協への補助金」を継続するなら、「PTA組織を統括的に管理
監督する機関」や「保護者の提言や訴えを直接聞く機関」などを創設し、「保護者の
PTAヘの参加は全くの自由である旨の、広報による永続的周知」、PTA組織に対し「組 織の透明化・政治的活動の禁止」を義務化し、第三者機関によって「天下りの撤廃」 「役員人事への指導」などを行える「条例策定」を是非行っていただきたく思います。

  様々な生活環境下で子供を学校に通わせなければならない保護者の多くが、義務教育 年限を前述のような学校状況やPTA組織で煩わされている現実に、市長には是非真摯 に目を向けていただきたい。
  お忙しい職務の中、お時間をさいていただいて有難うございました。
                                2010年6月9日
                                  (自筆署名)
  1か月ほど経ったころ返書が届いた。

平佐 修 様                       平成2010年7月7日
                     上田 文雄(市長印/公文書記録割り印有)

  日頃から、市政推進にご理解とご協力をいただき、お礼申し上げます。
さて、平佐様のお手紙を拝見させていただき、PTA活動への貴重な問題提起であると受 け止めているところです。
  私にとっても、PTA活動のあり方、PTAと学校の関係などについて、あらためて考え る機会となりました。ありがとうございます。
  教育委員会、学校、PTAは、それぞれの立場や役割を異にしてはおりますが、子ども たちのためにより良い教育環境をつくり守っていくという点で目的を同じくする組織で あると思います。
  平佐様には、子どもたちが充実した学校生活をおくることができるよう、今後とも、
ご尽力、ご協力をいただけますよう、お願い申し上げます。

  この手紙の意味するところは、「現段階では、問題提起以上のものとは受け取れない。」 というものである。市長レベルでも、教育委員会と同様に「PTA組織には干渉できない。」 というほどのもので、私としてはそう読み下せる内容が必要だった。
  市長が何かしてくれるなどと期待して書状をしたためたものではない。「PTAに関係 して、本州方面と同等の動きをする保護者が現れた。」ことの認識と、「PTA組織に対 する見直しを、札幌市のトップに働きかけたヤツがいる」だけで良いのである。
  特に「子どもたちのためにより良い教育環境をつくり守っていくという点で目的を同
じくする組織であると思います。」という認識はごく一般的で、教育委員会以上のPTA
認識はお持ちではない証明でもある。
  私はいつも言う「思うだけなら誰だって思える。」思うとおりになっているかどうか
の確認をすることが必要なのである。思うだけで潰れていった銀行、思うだけで公的資 金を仰がざるを得なくなったデパート、思うだけで倒産してしまった航空会社。みんな 良くなりたいと思い、良くなるはずだと思っていたではないか。
  PTA協議会も、誰からも批判されるはずがないと思っていたはずである。思うことと 現実が食い違うことはゴマンとある。思うなどという言葉は、実務家(政治家・役人を 含む)が他者に向って口にする言葉ではない。
  この市長よりの返書が「札幌市市長政策室広報部市民の声を聞く課」という所から差 し出されていたので、私自身の“返書の読み下し”が当たっているかどうかを確かめて みることにした。(続)

                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体