■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■札幌PTA組織の解体<21>【学校長(1)】  

■札幌PTA組織の解体<21>【学校長(1)】  


 「札幌市市長政策室広報部 市民の声を聞く課」までもが「パンフレットの家庭持ち
帰りは“各学校長の裁量範囲に含まれる事案である”」と表明するからには、札幌市長 も「PTA協議会の持ち帰り依頼を、206小学校(分校のぞく)校長が全員そろって(!) 承諾した」ことを認識していることになる。
 実に馬鹿げた話しである。教育委員会が「社会教育法12条」を持ち出してPTA協
議会と“つるんだ”状況の中で、「校長に“否”の選択肢を持てる」と考えること自体
が“まやかし”で、そう考えることで「市長を筆頭に、教育委員会・教育委員、教育行
政に携わるすべてのレベルが責任回避をしている」現実が見える。
 一保護者の立場ながら断言する。「PTA協議会と校長の間では、校長の裁量権は成立 しない。」「教育委員会は、立て前だけの言葉で保護者を言いくるめられると思うな。」
 
 今年(平成22年)2月、教育委員会が“無言の行”を決め込んだ段階で、札幌市立
小学校全校(206校)の「PTA担当教師」に向け「PTAに関する提言書」を送りつけた。
 この段階では、各学校の PTAに伝わることは目的にしておらず、各学校長に手渡さ れることを予想してのものだった。いきなり校長宛の「意見書」ではPTA協議会・教
育委員会寄りの校長に“もみ消し”にあうだけである。そうなっては後を続けづらいの
で、PTAとも校長ともつかない「PTA担当教師に宛てた提言書」にして「校長各位への、 私からの意思表明」としたものである。
 もう一つの目的は、「PTA担当教師」という馬鹿げたポストを作ることで、少なくと
も各学校の「1人の教師が私の行動を知る」ことになるのである。世の常・人の常で、 1人が知ることは10人に知らせる価値が生まれるのである。
 
 その「PTAに関する提言書」の“提言理由”は本連載にも半分くらいは書いたつもり
なので省略するが、「提言」項目を転載しておく。
 
札幌市立小学校
 PTA担当教師 各位

 拝啓。
 3学期も残すところ1か月ほどになりました。
 貴校におかれても年度がわりの作業・行事等の準備にお忙しいこととお察し申し上げ ます。
 私は別紙プロフィールにあるように、札幌を根拠地にギター演奏家稼業を続けて40 年ほどを過ごしている者です。(皆様の社会では「履歴書」なる文書を尊重する風潮が ありますが、私の社会では「履歴書」を用いる習慣がありませんので、自己紹介は仕事 で使っているプロフィールでご容赦願います。)
 昨年春息子が小学校に入学しまして、学校や教育委員会・PTAなどについて「現役保 護者」として問題提起を行ってまいりました。
 過去、私の友人知人たちから、学校やPTAについて不平や不満を数多く聞き続けて おりましたが、子どもに恵まれずに過ごしていたもので「発言は保護者がするべき」と 考え、いじめ問題以外には立ち入らないようにしてまいりました。
 また、息子が小学校に入学してからも「1年間は様子を見る」つもりでおりましたが、 PTA活動にさらに大きな疑問を感じ、昨年6月以降、PTA協議会、息子の通うM小学 校、教育委員会等に問合せをしてまいりました。しかし、対応の遅さに加え、「学校教 育への認識・意識の低さ、問題意識の乏しさ」を強く感じ、学校やPTA組織の体質改 善(廃止を含む)の方向で行動せざるを得なくなりました。
 別ファイルにその経緯を添付します(メールコピー/この文書が学校教師・PTA関係 者各位に対するものであることから、実名のままのファイルにします)ので、ご参考の 上新学期に向けて私の提言についてご一考いただきたく思っているところでございます。
              <提言>
1、PTAヘの加入・非加入は自由である旨の説明。
2、PTA連合会・PTA協議会加入理由の説明。
3,PTA連合会・PTA協議会への納入会費の金額明示。
4、貴校におけるPTA会費の使用目的の説明。
5、PTA活動の趣旨説明。
6、PTA加入者としての、学校への協力事項の具体的な説明。
7、PTA会長・役員選任手続きの説明。
8、PTA会長・役員のプロフィール(PTA連合会・PTA協議会に加入する
  考え方を明示する内容を含む)の提示。
9、PTA非加入の児童・保護者に対する、学校行事に関わる非差別の誓約。
 
 このあとに、本連載<1-序-1>おわりに引用した“添え書き(但し書き)”を付した。
 この提言書には、2月時点までのPTA協議会・教育委員会とのメール記録を添付し
てある。市長:上田文雄氏宛の「質問状」には、7月までの全記録も添付し、PTA協議 会・教育委員会にも私の総ての行動も逐一伝えてある。
 本連載もアップ前に「公開する」と、ある回数までメールの添付ファイルで送ってあ
るが、何の反応もなかったのでアップを開始した。(続)

 
 


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体