■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■札幌PTA組織の解体<23>【学校長(3)】

■札幌PTA組織の解体<23>【学校長(3)】


「札幌市の求める教師像」はある政党の「実効性が乏しくなった頃の労働運動スロー
ガン」と同じ位に陳腐に見える。
 本題「PTA組織の解体」から外れるので深入りはしないが、そのアピールに率直に同 感する教師がいないと言い切ることはできない。また、「PTAに逆らって反感を買うと 損」という打算的な考えではなく、「教師と保護者のパイプ役」としてのPTAに存在 価値を見出している教師も「いない」とは言い切れないのである。
 教育委員会とPTA協議会の“なれあい”“もたれあい”は、日常の教育現場に立つ
教師の「率直な教育観」を汚し、埋没させる力に余りある。
 
 さて、校長や教頭が『多少教育的ではない。』と感ずる事柄でも、PTA協議会や教育 委員会の意向には“添わなければならない”事情は汲み取っていただけたと思う。
 ところが、「校長の裁量権」はPTA協議会には行使できなくとも、単位PTAには発
動できる可能性がある。文字通り「裁量」であるから「校長の意思次第」なのだが、
「単位PTA は、PTA協議会への加入は任意(PTA協議会)」であるから、単位PTAに
対しては「校長の裁量権」を発動できることになる。もちろん、聞き及ぶ限りでの世田
谷区立和田中学校長のように、「独断である」と学校内は騒がしくなり、結果「生徒の
ために」とは言い難い状況を招くだろう。
 PTA協議会にとっては「社会教育団体で公が干渉できない」とする「社会教育法12
条」で“運営が保障される”が、単位PTAは「社会教育団体として認定されておらず、
PTA協議会とは全く別組織である」と法解釈できる。
 そうでなければ、世田谷区立和田中学校長の独断による「単位PTA廃止」は成立し なかったはずである。賛否の別はおいて「校長の裁量権」を発動した例と言える。
 
 ところが政令指定都市においては、単位PTAと市P協(PTA協議会)の間に「区P
連(PTA連合会)」がある。PTA協議会会長:遠山義男氏は「10区の区P連とそれを
まとめる市P協という、全国的にも稀なほどしっかりとした組織体制」と区P連(PTA
連合会)をPTA協議会と同じ組織体と考えているようだが、それは間違いかも知れな
い。
 政令指定都市以外の都市では、単位PTAの次に各市の「PTA協議会」が位置してい て、その次に「社団法人日本PTA全国協議会」がある。
 世田谷区立和田中学校を例にすると、世田谷区PTA連合会から脱退したことは「PTA 連合会も加入・非加入は任意である」と言うことができる。日P(社団法人日本PTA全 国協議会)には全国のPTA連合・PTA協議会が加入しているわけではないので「日P も加入・非加入は任意」であるはずである。
 札幌市教育委員会の「PTA組織に対する補助金」の回答にもこうある。
 
 『市P協及び区P連については、社会教育関係団体として補助金交付対象となってお り、これは、団体に対しての交付であり、市内全ての小中学生又はその保護者個々人へ の交付とはしておりません。』
 『(PTA協議会に対する補助金も)補助の対象事業を限定して交付しており、補助の 決定に際しては、申請に基づき、所定の手続き及び審査を行っております。』
 
 この2回答から判断しても、“単位PTA”“PTA連合会”“PTA協議会”はそれぞれ
別組織である認識を持っている。前述のPTA協議会会長の「平成22年度の就任あい さつ」にある『各単位PTAに対して、直接何らかの施しをすることはない』を考え合
わせると、さらに別組織である印象が濃厚になる。
 それでは『なぜ“入会・非入会は保護者の自由”を隠して(!)いたか』なのだが、
私が最もPTA組織を“暴力団的”と感ずるところで、「折角60年の時間を経て、
“子どもが小学校にあがるとPTAには入るもの”という認識ができ上がっているのに、 わざわざ収入(会費)を減らすことを言う必要はない。」という“詐欺師的思考”を働 かせているのである。
 何度も言うが、「PTAへの入会・非入会は保護者の自由」である。
 PTAに入らなければ「子ども達のためにならない。」とか「学校に協力しないように
見られる。」とか「白眼視されるかも知れない。」などという“ひけめ”を感ずる必要
は全くない。むしろ“PTAに入らなければできない”と思い込まされていることが大問
題なのである。(続)

                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体