■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 



■札幌PTA組織の解体<25>【社会教育法(10)】

■札幌PTA組織の解体<25>【社会教育法(10)】

 「生涯学習」が「PTA」と何の関係があるのか……と思われる人は多いと思う。私に もよく解らないが、国は「PTAは社会教育団体の一つ」と位置づけして、自治体が「経 済的を含む支援をしなければならない」としている。

  支援自体を問題にしようと思わないが、他の一般的「社会教育団体」は本連載21の ある自治体の「社会教育団体の登録法」にあるように「会の運営が講師に依存した教室 的なものは登録できません。」としていたり「営利事業を行う団体、政治活動を行う団 体、宗教活動を行う団体」なども社会教育団体として“登録できない”としている。  ところが札幌市は「講師に依存した教室的な」ものも「営利事業や政治活動を行う団 体」にも施設の利用を認めるのである。
  もう少し「札幌市生涯学習ホームページ」から拾い読みしてみる
  市民の生涯学習の総合的支援

  ■生涯学習推進課の役割   生涯学習推進課では、生涯学習・社会教育の企画や調整を行うほか、 成人教育、
   青年教育、家庭教育、野外教育など社会教育に関する事業の振興に関する業務を行っ ています。
   また、生涯学習関連施設のうち、生涯学習センター、青少年科学館及び天文台、勤 労青少年ホーム、青少年センター、 青少年山の家及び定山渓自然の村、資料館(旧札幌控訴院)の運営を行っています。

  ■生涯学習推進の拠点

   生涯学習を推進する中核施設である「札幌市生涯学習総合センター(ちえりあ)」 は、 生涯学習を支援する「生涯学習センター」と、学校教育に関する研究機関である「教育センター」、 青少年の活動拠点である「青少年センター」、環境教育を推進する「リサイクルプラザ」の複合施設です。

   生涯学習センターでは、総合的な学習機会として「さっぽろ市民カレッジ」を開設 しているほか、 生涯学習に関連する情報を幅広く提供しています。

   なお、「ちえりあ」の管理とさっぽろ市民カレッジの運営及び生涯学習に関連する 情報提供などについては、 財団法人札幌市生涯学習振興財団が行っています。

  ■生涯学習事業の所管
  生涯学習の分野は多岐にわたっていることから、市役所の各部局や区役所において、生涯学習に関連する業務が行われています。(下記はその一例す。)    *観光文化局スポーツ部(スポーツ振興、スポーツ施設の管理)
    *子ども未来局子ども育成部(児童会館、少年の健全育成)
    *観光文化局文化部(文化・芸術の普及振興、文化施設の管理)
    *区役所市民部地域振興課(地域住民の生涯学習に係る事業)
  いったいどれだけの予算が必要なのか見当もつかないが、札幌市が「事業仕分け」と いう「自治体の経営見直し作業」を行っているなら、PMFと、この「官主導(外郭団体) の生涯学習事業」も俎上に上げるべきだろう。
  社会教育に対する支援体制は自治体によって多少の違いがあるが、数十の自治体の 「社会教育関連ホームページ」を覗いて見ても「PTA」の文字は見えない。
  さて、以上「社会教育団体」という言葉の定義するのが実に複雑で面倒くさいので、 ある自治体の体制をまず紹介したが、「社会教育法」には「社会教育」について次のよ うに定義されている。 (社会教育の定義)  第2条 この法律で「社会教育」とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)に基 き、学校の教育課程として行われる教育活動を除き、主として青少年及び成人に対して 行われる組織的な教育活動(体育及びレクリエーションの活動を含む。)をいう。
  おいおい、ちょっと待て。PTA活動が「体育及びレクリエーションの活動」と同じ扱 いか〜? 本連載20回までに書いてきたように、「PTA活動」なんぞ、そんなお手軽 なモンじゃありませんよ〜!
  法律とは「解釈次第」のところがあって、法律そのものを取り上げて訴訟を起しても、 判例が無い場合が多く判定の行方はわからない。いっそ、そんな法律なんぞ作らないほ うがましなのだが、その法律によって“保護されたり利益を得る団体や個人”ができる と、悪法でも欠陥法でも守ろうとする体制ができ上がる。  「主として青少年及び成人に対して行われる組織的な教育活動(体育及びレクリエー ションの活動を含む。)をいう。」とあるが、「主でない」ことの定義がないので、い くらでも「拡大解釈」ができ、私のような“じじい達”がつるんでする「囲碁教室」だ の「マージャンスクール」といった類いまで“社会教育団体”と見なされる可能性があ る。ひょっとしてPTAと協議会は、そのような位置づけの“社会教育団体”ではないの か? そんな団体を「市の教育行政に不可欠」とする教育委員会の認識は、はたして教 育機関としての見識を持っていると言えるのかどうか。
  また社会教育を指して「学校の教育課程として行われる教育活動を除き」とある条文 が、「現状では学校単独の力だけでは子供たちを健やかに育むことは全くと言ってでき ません。」と言い切る“元PTA会長”がいる事実とどうリンクしてくるかは、非常に 興味深いものがある。
  この“元PTA会長”さんの言葉は「単位PTAの学校内の活動を含んだ」表現とも受 け取れるので、“元PTA会長”さんは「学校の教育課程として行われる教育活動」に 入り込んでいた可能性がある。学校教育は社会教育と区別され独自の領域から踏み出す 可能性は極めて低いが、社会教育は「PTAという名目をもって」学校教育に踏み込む可 能性が非常に高くなる。(続)


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

PTA組織の解体