■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■札幌PTA組織の解体<26>【社会教育法(11)】  

■札幌PTA組織の解体<26>【社会教育法(11)】  


社会教育法10条に「社会教育関係団体の定義」がある。 (社会教育関係団体の定義)  第10条 この法律で「社会教育関係団体」とは、法人であると否とを問わず、公の 支配に属しない団体で社会教育に関する事業を行うことを主たる目的とするものをいう。 (国及び地方公共団体との関係) 第12条 国及び地方公共団体は、社会教育関係団体に対し、いかなる方法によつても、 不当に統制的支配を及ぼし、又はその事業に干渉を加えてはならない。

  札幌市教育委員会が盾にする社会教育法は後者の「第12条」であるが、「いかなる 方法によつても、不当に統制的支配を及ぼし、又はその事業に干渉を加えてはならない。」 という文言に「単P会長の恫喝行為」や「特定の民間団体(企業)への優遇でマージン を取得すること」や「一PTA会員に、単位PTAとPTA協議会とで異なる情報を伝える こと」や「PTAに加入しなければ学校内で児童を差別的に扱うこと」などを含めてしま う教育委員会の姿勢は、「PTAの圧力に屈している。」とか「PTAとのもたれ合い」と か「天下りを含む、利害共有関係」などを感じさせられる。  教育委員会は「 恫喝行為や学校内での差別」や「単位PTAとPTA協議会とで異なる 情報を伝えること」や「非加入者に対する学校内での差別」などまで「PTAの事業」と 言い張るつもりらしい。

  教育委員会は「PTA は営利活動をしてはいけないことになっているから、営利活動を しているとは認識していない。」という趣旨のメールをよこしているが、おかしいんじゃ ないの? 泥棒を捕まえて「泥棒はしてはいけないことになっているから、お前は泥棒 をしていない。」と言いますか? 殺人者に「殺人はしてはいけない行為だから、殺人 はしていないことにする。」と言いますか〜?  日本ハムファイターズは、PTA協議会との関係(チケット斡旋パンフレットの児童に よる家庭への持ち帰り)の問合せに、「個々の案件について商談内容と、何が目的か等 は発表を控えさせて戴きます。」また「公表をすることによって、相手先様へのご迷惑 や信頼を失ってしまう可能性がございます。」と言っている以上、「PTA協議会とは商 談をしていた」ということになる。一般常識的に考えると、「商談」は「双方の利益を 目的」にする行為であるから「PTA協議会にも何がしかの“利益”があった」としか了 解の仕様がない。はたして、商談をしているのは、日本ハムファイターズとPMFだけ だろうか……。  ある現役単位PTA役員は、PTA協議会とのやり取りの中に「利権もある?」との言 葉を使っている。PTAの「利権」とはどのようなものか?

  「PTA協議会の平成22年度札幌市PTA協議会 運営方針及び事業計画」には、次 の項目が打ち出されている。「 4.財政・組織・運営の見直し (1) PTA共済設立の可能性と法人化の必要性について調査・研究を行う。 (2) 収益事業を含め、財政安定化の検討を行う。 8.広告事業 (1) 広報紙「PTAさっぽろ」等へ広告を掲載する。  「収益事業」とはどんな内容なのか? 「広告掲載」を事業とするなら「営利事業」 と見られるのではないか? こんなことは裁判にでも持ち込まなければ白黒はつかない が、私たち演奏家活動をする者は、プログラムや案内パンフレットに広告を掲載すると、 市からの補助・支援対象にならなかった。教育委員会は、一保護者に「裁判で白黒をつ けろ」とでも言うのだろうか? できっこないから「適当にあしらう」つもりでいるの ではないのか?

  「法人化の必要性について調査・研究を行う。」だって? そんな調査研究に、我々 から吸い上げた会費や市の補助金を使うのか? 「財政安定化」だって? 半ば強制的 に会費を集め、足りないから「安全互助会の基金から繰り入れ(借金)しています。」 じゃあ、本連載「3A」で書いたように「経営能力のなさ」を暴露しているだけじゃあ りませんか。  ところで「安全互助会の基金」というのは、現在の学校保険「安全保障制度」の前身 ですよね。子ども達の「安全を願って、万が一の事故に備えた“基金”」なわけでしょ う? ご自分たちの「経営能力のなさ」を補う為に「繰り入れ(借金)することの承認」 は、いったい誰がしたというのか。  その金額が「¥170,000,000も宙に浮いてる(予算書の提示がある)」という話しを 聞いたことがある。社会教育委員はそのことを問題視しないのか?……と思うが、社会 教育委員10人のうちの一人が、PTA協議会会長:遠山義男氏なのである。(続)

                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体