■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 



■札幌PTA組織の解体<27>【学校保険】  

■札幌PTA組織の解体<27>【学校保険】  

 様々な団体には「会計監査」という金銭的チェック体制を持っている。PTA協議会に もある……のかな〜と思っていたら、教育委員会が「補助金の使用についてはチェック している。」との答えだった。個人的には「任意団体なんだから勝手にすれば」くらい に思っているが、半強制的に収めさせられたお金もあることを考えるとそうも言ってい られない。公的補助金を受けている団体は、公的機関が責任をもって「組織全体の会計 監査」を行うべきであると考えるが、“なれあい”同士の監査では心もとない。  「安全互助会の基金から繰り入れ(借金)」には違法性はないのか?……と思うが、 教育委員会は「学校内のPTA活動の、非入会家庭の子供に対する差別的表現」に対し て「札幌市教育委員会(以下市教委)は、PTAが発出した文書の内容並びにPTAの 運営に関ることについて、違法性等を判断する立場にはありません。」とコメントして いるので、おそらく会計に疑問があってもノーチェックの姿勢だろう。
  「違法性等を判断する立場にはありません。」は、当り前だって! 「違法性等を判 断する」のは裁判所であり、仮に教育委員会が「会計監査」の任にあたっていたとして も、出入金の“帳尻合わせ”をするのが精一杯だろう。そんな実質的でない監査のため に人件費を使えとは言わないが、「任意団体」「社会教育団体」という前に、学校教育 の側近に位置する極めて社会性の高い団体であるのだから、一般的「社会教育団体」と の位置づけから切り離し、「総ての事業・会計について厳しいチェック体制」を持つ必 要があるのではないか。
  この学校保険「安全保障制度」には、契約上の問題がある。  M小学校PTA会長が「どうしても加入したくないという方は5月21日までに、学 校にある『届け出書』をご提出ください。」という幼稚な表現をしたことではない。
  「ニッセイ保険」には「学校契約団体保険」と「PTA団体障害保険」の2契約があっ て、「学童加入者対象」として「スポーツ振興センター保険の給付がある場合は本制度 による給付の対象とはなりません。」という、加入者に不利益な契約内容表記がある。
  「スポーツ振興センター保険」と一民間保険会社である「ニッセイ保険」が、なぜリ ンクする契約内容にならなければならないのか。M小学校副会長にその疑問を提示した が、「保険のことはわかりません。」という答えだった。  無理からぬことである。自分で契約をした保険であっても、その内容について熟知で きる人はごく稀であろう。まして、上(PTA協議会)からの「保健法の改正で民間保険 会社との契約に切り替わります。」との通知に「わかりました。」くらいの“了解(?)” で済まされていただろうと想像する。契約の内容など、PTA協議会の契約を担当した役 員だって把握しているとは思えない。
  保険の問題はそれだけではない。前述のように「学校契約団体保険」「PTA団体障害 保険」の名称が示すように「団体契約」なのだが、その「団体」の定義が「加入希望者 の総合」であるのか、「全在校生・全保護者の加入」を前提にした契約であるのかがわ からない。契約書を入手していないので正確なところは解らないが、おそらく後者であ ろうと想像する。
  M小学校副会長(教頭先生)を通して「学校外保険には、個別に契約している場合も 少なくないので、任意にするべき」と申し入れをしたら、前述「どうしても加入したく ないという方は5月21日までに、学校にある『届け出書』をご提出ください。」とい う通知になったのだが、わざわざ学校まで『届け出書』を取りに来いという。
  自分たちは毎日のように子ども達を「郵便配達的」にPTAのプリントを持たせるく せに、保護者に必要なものは「取りに来い」と言う。モ〜、頭にくるが、こんなことで 頭に来ていては、しぶといPTA 組織と対峙することはできない。
  このことは何を意味しているかというと、「ニッセイ保険」の契約前提は「各学校の 生徒及び保護者の“皆加入”」となっていて、一人(一家庭)でも非加入となると契約 が成立しない可能性があるため、『たいした金額じゃないから、届け出書をわざわざ取 りに行かなければならないのなら、ほうっておこう。』という保護者心理を突いた通知 方法であろうと想像した。
  しかも「5月21日までに」としているのは、契約・保険料納付期限が6月25日と いう期限もあるが、通知は期限の1週間ほど前に子供が持ち帰っており、期日が迫って いることで共稼ぎの家庭では取りに行く予定をたてづらかったり、学校の“営業時間 (!)”内に『届け出書』を取りに行けない保護者が多いことも計算したのだろう。  もし私の想像が当たっているとしたら実に姑息なことだが、ここでも“利権”という 二文字を連想せざるを得ない。(続)



                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体