■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


札幌PTA組織の解体<29>【PTA協議会体質(1)】  

■札幌PTA組織の解体<29>【PTA協議会体質(1)】  



 フリー百科事典「ウィキぺディア」によると、ごく近年の国内PTA事情をこう解説 している。
  「PTAを本来のボランティア・生涯学習団体(社会教育関係団体)として捉え直し、 サークル活動や、固定した定員を設けず参加希望者だけで活動する委員会(委員会とは 呼ばず、広報ボランティア、家庭教育ボランティアなどと称する)での活動を、中心に 据えるようになった単位PTAも存在する。さらに、PTAが本来、自由に入退会できる 任意加入の団体であることを周知徹底することで、会の正常化をはかるべきとの声も聞 かれるようになった。
  このインターネット・フリー百科事典「ウィキぺディア」は、地球上のあらゆる事象 を、専門家(科学者・学術者)の一方向に偏りやすい(!)記述のみを公開するのでは なく、興味をもって「ライフワーク」的に研究している人達や、一般の考え方、専門書 などには記述されていない事柄などを自由に投稿できるシステムを持ち、管理者の冷静・ 公平な感性で意見交換・検証をした後、取捨選択した上で公開する、世界的情報ウエッ ブサイトである。  まゆつば物(!)の「PTA対処マニュアル本」などより余程に役に立つ。ついでなが ら、市販の「PTA対処マニュアル本」の中にはPTA関係者(肯定者)が執筆している 物があり、マニュアル本に添った保護者の対応が、結果的に「PTA存続」に貢献するこ とにもなっている。
  「ウィキぺディア」の記述にもあるように「PTAが本来、自由に入退会できる任意加 入の団体である」ことは札幌市PTA協議会も認めているわけだから、そのことを「子 どもを持つ保護者に最も身近な“どこか”が周知徹底する」ことで、営々と続いてきた PTAと教育機関の“なれあい”“もたれあい”に歯止めをかけ、保護者の感じている 「PTAからのプレッシャー」も解消できるはずなのである。
  その「子どもを持つ保護者に最も身近な機関(教育委員会も含む)」が、これまで書 いてきたとおり全く機能していない。していないどころか、「教育行政遂行に欠くこと のできない団体である」と言い切るのである。
  これはおかしい……いや、おかしいどころではない。一種“犯罪的”匂いを感じない でもない。
  PTA組織を「社会教育団体」としていることにも小さくない問題を感ずるが、こと PTAに関する話しになると、役所(教育委員会)はもちろん、新聞社・政党までもが口 を開こうとしない。「PTAに関することには、何かタブーがある」としか考えられない のである。
  そのタブーが何であるかの確証はまだ持てていないが、前回の「外郭団体へのPTA 協議会からの派遣団体数・派遣人数」から考えて、「“なれあい”“もたれあい”以上 の関係が成立しているに違いない」と感ずるのである。
  その一つが「天下り」構造であり、もう一つが法で守られている「PTA協議会の圧力」 である。こんなことを一保護者(素人)のレベルで調査しようとすると、人生の大半の 時間を費やさなければならなくなるだろう。しかし、「圧力団体の代表格は暴力団であ る」と60数年の社会経験で考えてきたが、昨年からのPTAとの関わりで「PTAは暴 力団以上の圧力団体である」としか言い様がない感想である。  なぜなら、暴力団は自分達の存在や行為を隠そうとするが、PTA協議会は隠そうとし ない。隠そうとしないどころか、本連載冒頭の「PTA協議会会長:遠山義男氏のPTA 協議会ホームページあいさつ」にあるように「札幌市の教育行政の中で、PTAの協力 が無ければ決められない、あるいは実施できないというものが多くあります。」と“教 育行政に大きく関与している”ことを誇らしげに表現するのである
  教育委員会に「問題ではないか?」としばしば質問したが、“なれあい”“もたれあ い”の“仲良し関係”では、批判する者に対して耳目を傾ける姿勢は持てない。都合が 悪くなると次のようなコメントをよこし、“無言の行”を決め込むのである
  『自主的に運営している社会教育関係団体である札幌市PTA協議会(以下市P協) 及び各区PTA連合会(以下区P連)の管理に関しましては、お答えする立場にありま せん。』(続)

                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体