■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


札幌PTA組織の解体<3-序-3>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】

■札幌PTA組織の解体<3-序-3>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】

 
、つぎに、遠山さんは「誰だって面倒なことは避けたいし、人付き合いが苦手な方も
いるでしょう。しかし、同じ子を持つ親として、お互い助け合って暮していきませんか。
(「PTAさっぽろ93号」)」とおっしゃっていますが、「人付き合いが苦手な方」が 何故「お互い助け合って暮していきませんか。」となるのでしょう。
 「PTA活動が面倒なこと」であることを自覚し、「人付き合いが苦手な方」のいるこ
とも認識されながら、「保護者のPTAへの入会・非入会は,自由である。」ことを周
知徹底もせず、「お互い助け合って暮していきませんか。」では「人付き合いの得手な 方々の僭越な言葉」としか受け取れません。

 「お互い助け合って暮していきませんか。」は入会していない保護者に向ける文言で あり、「PTAには入らなければならないもの」と思わされている私たち保護者に対して は「(PTA は)お互い助け合って暮していきましょう。」としか表現できないのではな いですか。
 もしPTAに入会していながら「非協力的保護者がいる」として用意した言葉であれ
ば、「協力したくなる体制が必要」なのではないですか。
 私のように「PTAに参加するのは嫌だ」と言う者がいると『PTA会費の納付や義務は なくなりますが、お子様を含めて「PTAふれあいまつり」ほかPTA主催の各種事業・ イベントに参加できなくなりますのでご承知ください。(貴協会広報担当、札幌市立M 小学校PTA会長:時田勝氏)』では、会長のおっしゃる「同じ子を持つ親」に対する 強迫ではありませんか。

 そんな組織エゴ丸出しの体制では、決して「PTAは民主的な組織です。(PTAハンド
ブック)」とは感じられなく、「苦手な者同士で助け合え」と言われているかのように
受け取ると、「余計なお世話だ」と返したくなります。
 さらに、「お互い助け合って暮していきませんか。」は、日Pにまで続く「巨大組織
(「PTAさっぽろ93号組織図」)でなければできないないことなのですか」と質問せ
ざるを得ません。
 私は「PTAは先ず、地域性や時代性の反映する組織であるべき。」と考えますが、あ くまでも「保護者個々に入会の意志確認がなされてからのこと」であると考えますがい かがですか。
 
、つねにPTA組織は「子供のために」とか「PTAはボランティア」とか「助け合っ
て」という言葉を多用します。一見もっともらしい言葉ですが、「子供のために」は私
たち保護者は一秒ごとに考えることで、貴方達組織から言われなければならない言葉で はありません。
 「PTAはボランティア」に至っては、「何か勘違いしてはいませんか?」と言いたく
なる「暴言」と感じます。
 私は20年ほども、複数の教育施設に“クリスマスプレゼント”をするためのコンサー トを続けています。全員ボランティアです。企画する者も、演奏する者も、運営するス タッフも、1円も受け取りません。もちろん、市へも道へも“補助金”を要求すること もなく、コンサートを聴いて下さる方の入場料や募金、民間企業の寄付金、スタッフに よるフリーマーケットなどの売上金などを寄せ集めて、ささやかなプレゼントを続けて いるのです。
 組織員に給料や手当を用意する貴方達PTAに、同じ「ボランティア」という言葉は
使っていただきたくない。それとも、PTA 会費を払わせて、さらに「ボランティアをし
ろ」とでも言うおつもりですか?
 保護者を「金集めの道具」とでも思われていますか? 保護者に、入会の意志確認も とらずに会費を納めさせ、一任意団体が「社会教育」という衣を着て公金からの補助を 得ながら、まだ500万円足りないから「安全互助会の基金から繰り入れ(借金)して います。」というのは、ご自分たちの“経営能力のなさ”をさらけ出しているだけのこ とではありませんか?
 それが遠山さんのおっしゃる「子どもたちに向って誇れる大人の姿」なのですか?
 「子どもたちに向って誇れる大人の姿を」のスローガンを打ち立てることはご自由で すが、「任意団体としての“基本的”なことである、PTAヘの加入・非加入は保護者の 自由である。(貴協議会事務局長:相馬武雄氏)」と、「PTAに加入しないお子さんと 家族は、学校内のPTA主催行事には参加できません。(札幌市立M小学校PTA会長: 時田勝氏)」をきちんとすべての保護者に伝え、「入会の意志確認」をした後、ご自分 たちの姿を鏡に映してから言う言葉ではありませんか?
 PTAに加入しない家庭の子供と親を、学校という「公平・公正」を目指さなければな
らない公の施設内で差別扱いするというのは「一任意団体の横暴」とさえ言い得ますが、 教育委員会すらその横暴を容認している実態には大きな反発を感ずるものです。 お考えをお聞かせ下さい。
 なお、言った言わないの無益な時間を避けるため、ご回答は文書でお願い致します。

■PTA組織の解体<3-序-3B>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(4)】 

 前掲「質問状」の項目には、札幌市PTA協議会ホームページの「会長就任挨拶」か 
ら抜粋した項目を含んでいるので、お読みいただいた方々には何のことか理解の難しい 
ところもあるかも知れない。 
 札幌市PTA協議会ホームページには「転載不可」の文字も、それを示す表現も見当 
たらないので「会長就任あいさつ」の全文を転載しておこう。 
 前掲「質問項目」以外にも「なんじゃこりゃ〜」と思える記述や、単Pの一員として 
恥ずかしかったり傲慢と思える記述も少なくないが、私の目的とする「PTAは任意団体 
であり、入会・非入会は保護者個々の自由である。」という“常識”を、札幌市に在住 
する「子供を持つ総ての保護者に周知徹底する」ことから外れる可能性があるので、会 
長名を仮名にしただけでそのまま転載するにとどめます。 
 
 ごあいさつ 
 札幌市PTA協議会のホームページをご訪問いただきありがとうございます。 
 昨年度に続き、平成22年度も会長を拝命いたしました山本でございます。 
 私たちは、子どもたち一人ひとりの教育環境をより充実させたいとの気持ちで活動し 
ております。日頃、私たちがどのような活動に取り組んでいるのか、また、どのような 
事業を実施しようとしているのか、このホームページを通じて紹介してまいります。 
 私たちの活動の目的は、札幌市立の幼稚園、小学校及び中学校におけるPTA活動の 
振興と、家庭教育、社会教育、学校教育、安全教育の充実振興です。 
 この目的達成のために研修・研究活動、広報・調査活動、要望・請願・陳情、そして 
外部団体からの要請に対する協力活動等を行っております。また、各単位PTAで会員 
が安心して活動できるように安全補償制度を設け、優良PTA表彰や広報紙まつりでの 
表彰を通して、PTA活動の活性化にも取り組んでおります。 
  一般会員から市P協の活動が分からない、見えてこないという意見を聞きますが、私 
たちは奉仕団体ですが、慈善団体ではありません。 
 各単位PTAに対して、直接何らかの施しをすることはないので、身近に感じられな 
い存在かも知れません。 
 しかし、札幌市の教育行政の中で、PTAの協力が無ければ決められない、あるいは 
実施できないというものが多くあります。 
 教員の採用や教科書の選定から給食費の価格、さらに社会教育の指針など様々な分野 
でPTAの意見が求められており、市P協の役員はじめ理事、監事は、献身的にそれら 
の要請に答えております。 
  私たちは、札幌市の教育に対し、とても大きな影響力と責任のある団体です。 
それは、10区の区P連とそれをまとめる市P協という、全国的にも稀なほどしっかり 
とした組織体制を私たちの先輩が築いてくれたお陰です。 
 この札幌の教育のインフラともいうべき基盤を今後も守り続け、有効に活用していく 
中で、子どもたちにより良い教育環境を与えていきたいと思います。 
 今後とも、どうぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 
 平成22年5月27日 
 札幌市PTA協議会  会長 遠山 義男 (とおやま よしお) 
(続) 


                                 (自筆署名)
                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携  帯   090-5229-6992                   **
                       **  <<
hirasa-quit@mbm.nifty.com>>             **
(続)

PTA組織の解体