■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


札幌PTA組織の解体<31>【PTA協議会体質(3)】  

札幌PTA組織の解体<32>【PTA協議会体質(4)】


  「奉仕団体」「慈善団体」「施し」なんていう言葉を見ると「赤十字の親戚か〜?」 とも思えるが、「慈善団体」ではないと言う。もしかすると、かつて「PTA協議会に施 しを求めた単位PTAがあった」ために、「単位PTAは施しを求めている」という前 提の話をしているのではないだろうか。
  しかし、私の知るかぎり、「分担金」という名目で「施しを得ているのはPTA協議 会」なのである。だって、単位PTAは「分担金」を求められはするが、PTA協議会は 「単位PTAの独自の運営を尊重するので、問合せはM小学校PTAにしてください。」 として、単位PTAの一般会員である私の問合せには応えようとしないのである。  つまり、単位PTAには「何もしませんよ〜」と言っているのだから、「分担金」は 「単位PTAの、PTA協議会運営のための強要された施し」でしかない。おまけに「札 幌市の補助金や、利権絡みの収入がある」としたら、「奉仕団体」と自称することも怪 しくなる。
  「一般会員から市P協の活動が分からない」なんて、自分で“白状”しているような ものです。PTA協議会は、単位PTA役員にさえ“できるだけ見えないようにしていた” のだから、一般会員に見えるわけがないのです。
  最近私の住んでいる地域に、本州方面から引っ越してきた家庭がある。もし引っ越し 前からPTAに関心を持っていたとすると、「札幌のPTA は古くさいな〜」と観想して いるに違いない。もし前述の「PTA協議会会長の就任あいさつ」を読んでいたら、気恥 ずかしくてPTAには入りたいと思わなかったかも知れない
。  あいさつ中『私たち(PTA協議会)の活動の目的は、札幌市立の幼稚園、小学校及び 中学校におけるPTA活動の振興と、家庭教育、社会教育、学校教育、安全教育の充実 振興です。
  この目的達成のために研修・研究活動、広報・調査活動、要望・請願・陳情、そして 外部団体からの要請に対する協力活動等を行っております。』とある。
  日本は「民主主義国家」であり、国民個々の「表現の自由」が(一応)保障されてい る。それは一定のルール(法律・モラル・社会的認識など)を前提として、官民を問わ ず団体・組織・企業などにも適用される。PTA協議会も「一社会教育団体」であるから、 自らの組織を一般社会にアピールして悪いことはない。問題は、そのアピールの内容で あり、単位PTAの会員意識とかけ離れている点である。
  「札幌市立の幼稚園、小学校及び中学校におけるPTA活動の振興」は札幌市PTA の頂点に位置する組織としては“当り前”のことであるが、「家庭教育の充実振興」と は何だ(?!)「子どもの家庭内の教育」を指しているのか、個々の「家庭(家族)」 のことを指しているのかは不明だが、
  ましてPTA協議会の活動が「(小・中)学校教育の充実振興を目的とする。」など と表現されると、「おいおい、お前達は“一社会教育団体”なんだぞ。行政として子ど もを持つ国民に“義務”を課している学校教育の現場には立ち入るな(!)」と言わざ るを得ない。
  しかし、「外部団体からの要請に対する協力」という表現を読むと、教育委員会が PTA協議会に「派遣を要請」した可能性を感じさせる。この件に関して「市民の声を聞 く課」に問合せをしたが、教育委員会の代弁をすることしかできない部所のこと、回答 は得られていない。……もっとも、「声を聞く課」であって「声に答える課」ではない ので、本質的に「市民には答えなくてもいい課」なの課も知れないな〜。  冗談を言っている場面ではない。大問題は、「教員の採用や教科書の選定から給食費 の価格」にまで、教育委員会が「“体育及びレクリエーションの活動と同じ社会教育団 体”のPTA協議会に意見を求めている」という所である。(続) *この回半ばまで書き進んだところで「市民の声を聞く課」からメールが入ったが、こ のまま連載公開は継続する。 平佐 修 様 「市政提案コーナー」へのメール、ありがとうございます。 8月31日、9月1日、2日とお問合せいただいている件ですが、教育委員会へ照会中で すので、ご返事はもうしばらくお待ちください。
  なお、31日のお問合せの「札幌市PTA安全互助会」は、インターネットで見る限り、 各PTAを加入者とする保険業務の代行団体と思わす。         

     平成22年(2010年)9月7日         札幌市市長政策室広報部市民の声を聞く課長       今川 かおる               (相談担当係長 澤 口)            電話011−211−2042


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体