■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


札幌PTA組織の解体<32>【PTA協議会体質(4)】

札幌PTA組織の解体<32>【PTA協議会体質(4)】

 札幌市PTA協議会会長:遠山義男氏の『教員の採用や教科書の選定から給食費の価 格、さらに社会教育の指針など様々な分野でPTAの意見が求められており』は、自分 で何を言っているかをわかっているのだろうか。
  「教員の採用に意見が求められており」「教科書の選定に意見が求められており」 「給食費の価格(決定)に意見が求められており」としか読み取れないのだが、本連載 <13>に掲載した教育委員会からの回答を読み返すと、やっぱり「教育委員会がPTA 協議会へ意見の具申」をし、「教育委員会がPTA協議会へ、外郭団体への“人員派遣” を依頼している」としか受け取れない。
  いったい「教員の採用」にどのような内容の“意見”を答申しているのか非常に気に なるが、「PTA を批判するとほされますよ。」と私に助言した“現役教師”がいること を考え合わせると、「PTAに批判的な者は教員として採用しないことも、意見としてい るかも知れない」と想像させられるのである。これは「教育委員会のPTA偏向思想」 として危険視しなければならないだろう。

  「教員採用」は教育委員会の“専任事項”であり、PTAが関与する法的根拠はない。 なぜPTA協議会会長が「教員の採用に意見が求められており」などと、“違法性のあ る事柄”を公に向けた「ホームページに明文化」しているのか大きな疑問である。教育 委員には弁護士も名前を連ねる。私的にでも、違法性のある発言にアドヴァイスして然 るべきとおもうが、教育委員相互の人的関係など希薄なもので、教育委員会主催の“お 食事会仲間”くらいにしか意識されていないだろう。
  軽口をたたくのは程々として、「教科書の選定に意見が求められており」となると、 『PTA協議会は学識経験者の集まりか〜?』と揶揄したくなる。「傲慢」の二文字をは るかに超えた「増上慢な組織」としか言い様がない。なぜ教育委員会は、この様な組織 を「教育行政遂行に欠かせない」と言い切るのだろう
  教科書の選定(正確には「教科書採択」と言う)は、教員採用と同じで教育委員会に 採択権がある。採択に際しては、「教科用図書選定審議会(都道府県)」を設けて審議 するが、その審議会に「PTA組織が参与できる。」との条項はない。  これもあまりに馬鹿馬鹿しい“捏造話し”で、札幌市PTA協議会会長:遠山義男氏 の「思い違い」か「希望的思惑」であろうと笑ってやりたいが、現役単位PTA役員の 言う「利権がらみの隠れ蓑」的発言ではないのか……という疑念が湧く。
  「給食費の価格(決定)に意見が求められており」には笑ってしまいますね〜。
  「給食費未納保護者の存在」は学校として頭の痛い問題ではある。これほどに問題と して大きくしたのは、「給食制度」を導入した文部科学省なのである。制度として取り 決めていながら、「財源が乏しいこと」と「保護者への責任分担」を理由に「半有償」 を続けてきたことが問題なのである。  民主党元幹事長:小沢一郎氏は、あるテレビ局の報道番組に出て「給食費の全額補助」 を口にした(9月3日)。党首選関連の討論コーナーでのことで実現できるかどうかは 未定だが、義務教育における「給食費の全額補助」は当り前の話しなのである。遅きに 失したばかりに、PTA組織の“餌食”的制度に成り下がったのである。
  確証を挙げられないのが悔しいが、「財)札幌市学校給食会」という“天下り団体” をPTA協議会が派遣先の一つに数えるのは、“利権”が発生していると考えられ、 “PTA協議会と教育委員会とのもたれあい”を助長した結果になっていると想像する。

 「私たち(PTA)は、札幌市の教育に対し、とても大きな影響力と責任のある団体で す。」に至っては「さすが圧力団体(!)」と拍手を贈りたくなるが、「全国的にも稀 なほどしっかりとした組織体制を私たちの先輩が築いてくれたお陰」となっては「自分 達は何をしてるんじゃい」と聞きたくなる。また、「影響力」のあることは20〜30 年前から知ってはいたが、「決して悪影響ではない」とは感じられない。
  「全国的にも稀」であることは確かである。本州方面では「PTA組織体制」はくずれ つつある。文科省が「PTA加入は任意」としているし(探し方が悪いのか文科省のホー ムページではまだ確認できていないネット情報)、単Pでも「保護者への加入・非加入 の意志確認」が行われるようになって「非加入者」が増えているという状況なのである。 「しっかりとした組織体制」を誇らしく公言したい気持ちはわからないでもないが、す でに時代遅れな組織体であることに気付くことが必要だろう。(続)


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体