■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■PTA組織の解体<34>【PTA協議会体質(6)】




 どうにも「教育委員会とPTA協議会の関係」に納得できる理由が見当たらない。単
位PTAのレベルでは「学校内」での関わりになるが、社会教育団体としてのPTA協議
会となると、自分の子どもが成人しても関わりがなくならない様で気持ちが悪い。私の 友人知人達は「よく我慢していたものだ」と半ば呆れながら感心する。
 さて、教育委員会には「社会教育委員会」があるが、社会教育委員は社会教育団体の それぞれの代表の中から選任されているのかと思ったが、何と「小学校の校長」が1人、 「大学の教授及び研究機関」からが3人、「専門高等学校の講師」が1人と、学校教育 関係者が10人中5人もいた。
 ど〜にも解せないが、「社会教育団体」の“代表的ジャンル(?)”をリストアップ
してみる。
 「婦人会、PTA、子供会、ボーイスカウト、ガールスカウト、青年団、老人クラブ」
その他、前述の「主として青少年及び成人に対して行われる組織的な教育活動(体育及 びレクリエーションの活動を含む。)をいう。」となるのだが、私には『何かPTAだ けがういてるな〜』と観想せざるを得ない。なぜなら、婦人会や青年団が直接的に義務 教育現場に立ち入ることは考えづらく、PTAだけが直接義務教育現場で“大活躍”して いるのである。
 由々しき問題である……と思えたが拙いことに(!)、社会教育法第3条3項には次 のように記述されている。
 
 「国及び地方公共団体は、(略)社会教育が学校教育及び家庭教育との密接な関連性 を有することにかんがみ、学校教育との連携の確保に努め、及び家庭教育の向上に資す ることとなるよう必要な配慮をするとともに、学校、家庭及び地域住民その他の関係者 相互間の連携及び協力の促進に資することとなるよう努めるものとする。」
 
 「社会教育が学校教育及び家庭教育との密接な関連性を有する」とするなら「婦人会、
子供会、ボーイスカウト、ガールスカウト、青年団、老人クラブ」だって、直接的に義
務教育現場に関わってきても良いはずである。
 体育及びレクリエーションの活動をしている多くの団体だって、「学校教育との連携」 を目指しても良いはずである。むしろ「老人クラブ」なんかが日常的に関わってくると、 子ども達と素晴らしいコミュニケーションを展開するだろうと思える。実際、小学校だっ たか保育園だったか忘れたが、老人施設と隣り合わせた集合施設を創出した自治体があっ て、「幼・老の精神的安定・発育に大きな効果がある」という報道リポートを目にする ではないか。
 しかし、ただでさえ“複雑化”している教育現場に、社会教育団体登録をしたとは言
え「体育及びレクリエーションの活動をしている団体」が連携を意図して入り込んでく
ると、教育現場はどのように混乱するか想像に難くない。
 しかも法に定められている以上、子ども向け催し物のパンフレットの扱いどころでな く、教員達はますます口を開けない状態になるのが容易に想像できる。
 札幌市PTA協議会会長:遠山義男氏が社会教育委員に名前を連ねているのは、「学 校教育との連携の確保に努め、及び家庭教育の向上に資することとなるよう必要な配慮 をする」という文言を根拠としているのだろうが、本連載の目的である「PTAへの入会・ 非入会は、保護者の自由(任意)である。」を明記していない法律など「法的価値はな い。」 言い換えると、日本国憲法には「自由」を保障する意味での「基本的人権」と いう言葉が使われている。「PTAへの入会・非入会は、保護者の自由(任意)である。」 という前提を記入していないことは、「法の公平性に欠け、基本的人権を冒す」もので ある……とか理屈をこねて裁判沙汰にでもしなければ決着はつかないんでしょうね〜…
…ふざけるな! こちとら老い先短くてそんなことに時間を使ってられないんだよ。
 
 前述したように、PTA協議会は「PTAへの入会・非入会は、保護者の自由(任意)で
あるは基本的なこと」なので、改めて通知することはないとの回答をよこす。このよう
な体制のPTA協議会を「教育行政遂行に欠かせない団体」と評価する教育委員会は、 現実を見ることができないか、見て見ないふりをしているだけなのだ。「見ることがで きない」は、限られた社会の中で限られた価値観による思考の所産であり、見ないふり をしているのは“何か公にできないワケ”があるのではないかと勘ぐりたくなる。
 このような認識の教育委員会だから「教育委員会廃止論」がまたぞろ噴出したり、
「教育委員会の必置規制撤廃・設置の選択制」などという意見が内閣府で検討される (「教育委員会-その沿革と今後の改革-文教科学技術課:安田隆子)状況になったりす る。
 教育委員の選任状況も、未だに「その適格性とは関係なく、地方の名士が任命される ことが多いといわれる。」(同)状態で、「平均年齢が61.7歳」(同)などという高
齢組織化体制では、「100%新陳代謝する児童を相手にする教育現場」を洞察する組 織能力にも大きな不安を残すのである。(続)

 


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体