■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■PTA組織の解体<36>【単位PTAの責任(2)】
 




M小学校PTA会長:時田勝氏に「区P連、市P協に加入する意味は何ですか?」と
問いかけたとき、「他の学校で良いことができた場合などの情報を得るため。」との回 答をもらった。即座に「横並びの発想であり、他者が良い結果を得たとしても、発想を 持ってない者が同じ“方法論(システム)”を実践しようとしても無理である」旨説明 したが理解できない様子だった。
 なぜ「単位PTAと“個”を意味する呼称」を持ちながら、なぜ「横並び」の発想に
こだわるのかは考えなければならない事柄である。(続)
 
 さて、私としては、PTA組織が「一人一役」を口にするとき、そこに何があるのか勘
ぐりたくなる。まさか、役人が「家庭教育」とか口走る“お先棒”を担いでいるわけで
はないだろうが、自分が「もし教師だったら」「もし学童だったら」「もし校長だった
ら」「もし・・・」と色々考えると“余計なお世話だ!”と怒鳴りたくなることばかり
だが、もうトシで怒鳴れるほどのエネルギーはないかも……。
 PTA協議会は、私の「貴PTA協議会において、各学校(単P)の役割(一人一役)
についての取り決めなどをされているかどうかのご回答下さい。」との問に、「当協議
会は,単位PTAの活動に直接口を出したり,指導的立場にはございません。あくまで も単位PTAの独自性のものであり,活動の工夫等に対しまして,むしろ尊重するとこ ろでございます。」と回答してきた。
 これはおかしい。この「一人一役」は“全国のPTAで100%共通語”となってい
おり、共通システムとなっている。どこかで“取り決め・通達”がなされないかぎり、
100%などという気持ちの悪い現象は起りえない。すでに“定着した”システムなの
で「直接口出し」しなくて良いのかも知れないが、単位PTAに用意された作業内容と
運用の状況を見ても、横並びの発想も含めて「組織的に用意されたもの」であり、
「PTAとして最も非民主的で、厚かましいシステムである。」と言わざるを得ない。
 
 それでは、単位PTAではこの「一人一役」の意味をどのように位置づけしているの
か……と勘ぐると、「誰もが作業従事している……という公平・平等感を保護者に持た せる」意味合いもあるが、「子どもが在学中に、必ずPTAの作業に従事した」という 事実を保護者に持たせ、「すべての保護者が作業・行事に参加するPTAは、教育現場 に“必要である”」という、PTA組織の存在意義を強調する効果があるのではないか。
 さらにPTA組織が「一人一役」にこだわる理由ではないかと思えることがある。
 「一人一役の引き受け方で、保護者の性格がある程度わかる」というものである。
PTA運営に「非常に協力的、(あるていど)協力的、非協力的、非常に非協力的」…… まるで中学校の「内申書」的な臭いを感ずるが、「クラス担当」は保護者個々を大同小 異の視点で見ており、その印象を単位PTA運営に持ち込んでいるはずである。
 私のような者に対しては「非常に非協力的」「極めて非協力的」と印象されていると
思うが、それは違う。私は「一人一役否定派」なのである。この「作業システム取り決
め」があるかぎり、「民主的なPTA」とは言えず、少なくない保護者が迷惑や不満を感
じ続けなければならない。
 母親(家内)は言う「子ども達に何かされたらいやだから、私はPTA に入ります。」
母親の両親は、元学校教師である。両親から在職中の話を聞いたり、家内に両親から聞 いたPTA に関する話しや言葉を記憶していないかを聞きだすようなことはしないが、 「PTAと学校側と教師としての意識」のギャップで鬱病や精神的不安定をまねき、離職 したり教師としての熱意を失う教師が少なくない現実を、教育委員会は直視するべきで ある。(続)


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体