■PTA組織の解体 <1-序-1>

【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■PTA組織の解体<37>【単位PTAの責任(3)】
 




 話しは少々PTAから外れるが、この「一人一役」のシステムは「学童保育」にも持ち
込まれている。私の息子を預かっていただいている「学童保育」は、M小学校PTA会
長:時田勝氏の出身保育所である関係もあってか、氏がアドヴァイザー的ポジションに いるように見える。「見える」という曖昧な表現をせざるを得ないのは、役員名簿に時 田氏の名前はないにも関わらず、役員会にも色々な行事にも顔を出し「M小学校PTA 会長の……」と役員から紹介されているのである。
 現役PTA会長の「出身保育所」であることは何の問題もないが、この学童保育所は 「運営役員会によって保育士を雇用するシステムの認可保育所」であることから、役員 名簿に無い人物が役員会に顔を出すということは「運営にも口出しをしている」と見ら れてもしょうがないだろう。その時田氏は、M小学校PTA会長であると同時に、PTA 協議会の広報担当役員もしいているのである……何かある。
 自分が出身であるということ、で支援者として一学童保育所に協力する意志は尊いも のではあるが、“君臨する姿”として映るのは如何なものか。「運営役員会によって運 営を図る」システムなら、「出身者が自分の思いを具現する」意志を持つことより、学 校と同じに今日の保護者の感性を尊重する意識が必要ではないのか。
 あるときの「一人一役」の学童保育所行事では、夫婦とも時間の調整がつかず、すっ たもんだのメール攻勢でも交替をお願いできる人が見つからず、とうとうシルバー人材 センターに派遣要請をして行事を乗りきるハメに陥った。シルバー人材センターの手配 が終った後、役員から「人材派遣はやめてください。」とストップがかかった。ワケの ワカラン「一人一役」にバンザイ(!)である。
 それでも民間保育所のこと、何があっても不思議には思わないが、我々子どもをあず かってもらう者……否、あずける者は「自分で子どもの世話をする時間に不自由してい る」ということを認識しているにも関わらず、「一人一役」を押しつけてくる。多分 「押しつけてはいない」と言うに違いないが、「あずかっていただいている意識の者」 は、役員会の決定行事に対し簡単に「できませ〜ん」とは言えないものである。皆、何 とか時間の工面(仕事を休む)をするが、様々な事情で夫婦ともに“時間的な不自由状 況”を続けると、不自由は「精神的苦痛」という問題に向ってしまう。いったい何のた めの「保育所」であるのか。全く学校のPTA と同じ問題を突きつけられた。
 それなら、他の保育施設にあずけたら良い様なものだが、この市の保育行政は甚だお 粗末なものがあり、子どもを安心して通わせられる保育所は近隣にない。
 
 また言うが、学校に限らず「一人一役」はおかしいシステムである。学校では「入会・ 非入会の自由な組織が、何の説明もなく会費を取り、さらに組織の存在異議を高めるた めに何かの作業をしろ」と言うのである。あるPTA役員にそう問いかけたら「何かの 作業をしろなんて言ってません!」とすごい剣幕で反駁を買った。当り前だって。だ〜 れがそんなぞんざいな言葉を使えますって。きょう日、ワンマン社長だってなかなかに 使えない言葉ですよ。「そう言われているように受け取れる」という意味合いで申し上 げたが、熱心なPTA役員には通じなかった。
 
 確かにPTAハンドブックやクラス担当役員は「何々しましょう。」「あれこれして
ください。」と言葉はやわらかい。だが、“言い方が重い”場合が少なくないと知人達
から聞いていた。私自身が役員と話しをしたのは、PTAに文句をつけだしたこともあり、 この1年半でほんの数回しかない。皆、何か重大な責任を背負って、言葉に気を配って いるように感じたが、ただ一人PTA会長に問題があったほかは単位PTAのレベルでは ごく普通のPTA役員……と言うより、一人の保護者だと感じた。
 それがM小学校PTAの個性であるのか全般的PTAの傾向なのかはわからないが、単 位PTA役員がノーマルであるからと言って「PTA組織全体のあり方」を容認る気持 ちにはならない。単位PTAの役員は「問題意識」を大きく感じない環境にいるらしく、 私のように問題意識を持ち、疑問を感じて発言する者に対しては、反対に疑問を感じら れてしまうのが現状だろう。
 そのようなM小学校PTAの状況だから、学校側への発言を始めた昨年6月から、対 応していただいた教頭や今年新任の校長にはたびたび伝えている「M小学校PTAをど うこうしたい訳ではない。」気持ちは現在も変わってはいない。
 私が問題を感じ「解体」したいのは「区P連と傲慢な市P協」であるが、区P連は私
の考える「地域性」を大きく反映できる位置関係なので、体質を「より単位PTAに近
づける」方向へシフトすることで「児童・保護者・学校、それぞれにとって存在価値を
高めることができる」と考える。その考えがあるので、これまで一切区P連にはアプロー チしてこなかった。ただ、私の「PTA解体プラン(後述)」では、「区P連的役割は、
地域の各単位TAPの当番制」で充分対処できると考えている。(続)



                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体