■PTA組織の解体 <1-序-1>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>
【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■TA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


 ■PTA組織の解体<39>【単位PTAの責任(5)】




 また「不当に統制的支配を及ぼす」の文言は、「統制的支配は不当である」とするの か「正当な統制的支配は行使できる」のかどうかを判読できない。「法の抜け道」とい う日常用語(!)は、このような“稚拙な作文”によって使用頻度を高めている。
 最も余計な「いかなる方法によっても」という文言は、「無法」をも意味する。そん
な“一方的な保障”を表現をする法律など法の価値はない。法律は、その法に関わりを 持つ社会の、相反する利害に対して“公平”を目指すものでなければならない。
 教育委員会が「PTAは任意団体であり、入会・非入会は自由である旨を保護者に伝え ない」ことまでを「PTAの事業」と考えているとしたら“幼稚な法解釈”であり、それ 以前に国語の“読章力”に欠けているのではないかと思えるが、もし法解釈ではない故 に“無言の行”をしているとすると、これまで何度も書いてきたように“なれあい” “もたれ合い”以外のなにものでもない。いや、もっと深い“因縁”によるものかも知 れない。
 
 PTA協議会と教育委員会に“無言の行”を決め込まれたり“籠城状態”に入られると、 何としても話しの進展は望めない。思い立って「市民の声を聞く課」を通して教育委員 会の本音を探ろうとしているが、私の専属機関でないわけで遅々として進まない。
 このような状態を“行き詰まり”とか“手詰まり”と言うのだろうが、私の数年かけ
て組み立てたプランでは“想定”できていたことで、“次の手”を用意していた。
 PTA協議会と教育委員会に「納得できる回答をいただけなければ、連載を公開する」 旨通知し、公開前に数回分の原稿をメールに添付「そろそろ真摯に対応されては如何で すか?」と連絡したが、やっぱり“無言の行”なので公開に踏み切った。多分、『勝手 にすれば。バ〜カ。」くらいに思われているのだろう。』
 
 この連載「PTA組織の解体」を私のホームページで公表することもプランの一つだっ たが、私の存在は所謂「無名ギター弾き」であり、ギター関係者・愛好者以外の訪問者 には数的に大きな期待は持てない。それでもまだ手はある。
 たとえば、札幌市PTA協議会の納まっている「社会教育センターちえりあ」の周辺
でゲリラ的にアジテーションするとか、ビラ配りをするとか……いやいや、余り手の内
は明かさないほうがいいので止めておくが、「ノーテンキな連中の意表を突く」手段は
いくらでもある。私は、下の息子が中学校を卒業するまでに9年近くも時間を持ってい る。教育委員会にも「私の行動は今後9年間続く」と宣言している。
 ギター弾きとしての時間を数年間分費やすかも知れないが、気になって仕事が手に着 かない時間を考えると、差引それほど多い時間ではない。数年のうちに、PTA組織は崩 壊の道を辿り始めるだろう。
 
 「崩壊」……発端は自分の“切れたオツム”がしでかしたことで、はたして本当にそ
うなるかどうか分からないことながら、ちょっと『ヤバッ!』とか感ずる響の言葉であ
る。しかし、旧態依然の体質と、保護者に伝えるべき言葉をひた隠しにしてきたツケは、 必ず払わなければならないだろう
 もちろん私は、単位PTAそのものが消滅する(廃止になる)とは考えていないし、
消滅したほうが良いとも考えていない。世の中には、様々なジャンルに「解体業者(社)」 が存在する。必要に応じて“解体作業”に当たるが、解体は破壊とは異なり、解体する 対象の「部品」を“使えるもの“使えないもの”に仕分け、新たなを熟知している。
 
 今年2月に「全札幌市立小学校PTA担当教師」宛に送った「PTAに関する提言書」
にも「私は一保護者として、学校側の要請に協力できる何がしかの体制はあって然るべ きとは考えます。」と記したように、現行の単位PTA的な学校との“協調協力体制” はあったほうが良いと考えている。「提言書」は、必ず各校の校長の手もとに届くと確 信して送付した。
 この「あったほうが良い」という考え方がPTA組織にはない。
 前述の札幌西区のあるブログに登場した元PTA会長の「PTAがなければ学校教育は 成り立たない」趣旨のブログコピーを見せて、M小学校校長に「PTAがなければ学校経 営はできないものですか?」と訪ねると、はっきり「できます。」との答えが返ってき た。「当り前だって。そんなこと校長に聞くなよ。バーカ!(天の声)」
 
 札幌市PTA協議会会長:遠山義男氏が言う「札幌市の教育行政の中で、PTAの協力 が無ければ決められない、あるいは実施できないというものが多くあります。」と同じ 方向性の発言は、社)日本PTA全国協議会会長:相川敬氏の「私たちのPTA活動の使 命は、子どもたちが安心して楽しく学ぶ場を常に与えることだと思っています。」から も感じ取れる。
 「安心して楽しく学ぶ場を常に与える」とはどういうことか。また「その時、その時
代に適した対応(をしてきた)」と自負する意味の言葉もあったが、私には“旧態依然” としか見えず、言葉の裏には「傲慢」の二文字が隠れている様にしか思えない。
 札幌の少なくないPTA役員や少数の一般会員も考えているように、私も「札幌市
PTA協議会はなくてもよい団体」であると考えるが、任意団体には「事業仕分け」は適 用できない。(続)

 


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体