■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■PTA組織の解体(4)【PTAって何ですか?(3)】




 PTAという“得体の知れない”組織がある。
 “得体の知れない”と言うのは、子供に恵まれなかったり、生涯を独身で過ごしてい
る人達にとっては、何をやっている組織なのか知るチャンスはほとんどないので「教
育機関の一つだろう」くらいにしか認識していないはずだからだ。
 もちろん教育機関ではない。「社会教育団体」という格は有するものの、「一任意団
体」(札幌市教育委員会)にすぎないのである。
 「任意団体」と言うのは、それに「入るか入らないかは個々人の自由」とされている
団体を指し、当然、会費が発生しても「入会の承諾」または「入会の契約」が成立しな ければ、会費の徴集はできない団体のことである。
 ところがPTAは、「保護者(個々人)の入会の意志」を確認することなく、学校の
必要経費と一括(教師による教材費自動引き落とし説明に便乗)して「会費の自動引き 落とし」という“詐欺まがい”なことまでしている。
 保護者は、教材費と一括引き落とされることで「学校経費」と思い込みやすく、個別
の会費納入手続に比べ大幅に手間が省けるばかりでなく、教師による説明で保護者の違 和感もほとんどなくなるカラクリもある。事務手続きが簡単になるばかりでなく、“会 費の取りっぱぐれ”もなくなるという、PTAにとっては好都合のことばかりである。
 ちょっと待って下さいよ〜。学校はPTAのために存在するのですか? PTAは子供
や学校のために組織されているのではないですか?
 おかしな点を挙げるときりがないが、多くの保護者は「子供が小学校に入学すると、 PTAには入るものと思っていた(現役PTA役員・副会長) 」というくらい、何の疑い もなく入会しているのが現実である。いや、子供が小学校に入学する保護者の喜びに便 乗して「入会させられている」と言ったほうが当たっており、入学式当日はもちろん、 PTA役員になってもその全貌を知ることのできない、文字どおり“得体の知れない”組 織なのである。
 
 P=Parent(両親)、T=Teacher(教師)、A=Association(協会)の頭文字を名称と
しているが、日本語では「父母と先生の会(文部省)」とか、「親と教師の会」「保護
者と教職員の会」などとも訳されている。
 発祥は、婦人参政権のない時代(1897年)のアメリカで、億万長者の上院議院の妻 であり教師でもあったP.A.ハーストと、A.M.バー二ーという女性が開催した「全米母親 議会」である。後に「全米保護者教師会議」から「全米PTA団体」と名称を変え大き く発展した歴史がある。
 日本へは、第二次大戦後GHQの提案で「半強制的に導入された制度(?)」によっ
て全国の小中学校単位に作られた組織なのだが、今日では「父母と先生の会」という名 称から受ける身近でこじんまりした印象からはほど遠い「巨大組織」を形成するに至っ ている。
 ちなみに、その組織構造を簡単に示すと次のようになる。
 
 単位(各学校)PTA。
 各区(各自治体)PTA連合会。
 各市PTA協議会(政令指定都市のみ)=都道府県PTA連合会に準ずる。
 日本PTA全国協議会(社団法人)。
 
 札幌市教育委員会は、私のPTAについての問い合わせに次のような回答をよこして いる。
 「学校運営には、学校と保護者との理解・協力・連携は必要不可欠であり、その両者 が関わるPTAの活動は、本市の教育行政を進めていくうえでも重要であると考えてお ります。また、本市の施策の方針決定や事業遂行のなかでも、PTAの立場で審議会等 の委員等として参加していただいている場合もあり、本市の様々な事業等に協力・参画 をしていただいております。」
 
 いかにも役人らしい一見「ごもっとも」と言いたくなる作文内容だが、ある事柄を前
提とすると、上記札幌市教育委員会の回答のすべてが“あやしく”なる。(続)


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体