■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■PTA組織の解体<41>【単位PTAの責任(7)】




 担任以外の教師達からもしばしば声をかけられていた生徒が、翌日学校へ行くと教師 達(生徒の証言では全員)が目をそらし、担任から「学校には学校の都合がある」と言 われたら、その生徒はどんな気持ちになるだろう。
 「教師が差別をした。」と言うレベルの話で片づけられるだろうか。しかも、納得し
ないその生徒が担任にくい下がると、どうして“いじめ”に合うのだろう。因果関係ま
で書く必要を感じないので結論すると、教育委員会の「報告書」にある“PTAが関与”
した……と想定すると、すべてが一方向へ結論することができる。
 教師達から“ヅラされ”“シカとされ”、説明を「学校の都合」とされたら、生徒に
「曲がるな!」とは言いづらい。私だったら“荒れた”だろうと思う。
 さらに、目線を合わせられないほどに後ろめたさを感じた教師達や、「学校の都合」 と言わなければならなかった担任の精神的苦痛を考えると、教頭や校長の責任は計り知 れないものを感ずる。
 年度末のこともあり、校長は送別会を理由に謝罪にも来ず、教頭は「謝罪に伺った。」 と言いながら「いったい何が悪かったのか」と生徒の母親に食い下がる。全く「不見識 を地でいった話し」であるが、そうせざるを得ない“外圧が働いた”としか考えられな い。学校にとっての考えられる“外圧”は、PTAしかない。
 つまり、圧力団体のPTAが動くと、学校の機能は正常には働かないのである。教師 達には是非「生徒は学校(教育機関)のゲストである」意識を持ってもらいたい。学校 管理者としての校長・教頭には、教育委員会やPTA組織に反駁するくらいの“気概” を持っていただきたい。単位PTAは「社会教育団体」ではなく、校長の一存で廃止で きるくらいのものなのである。
 
 さて、まだまだ書き足りない気もするが、長々書き連ねて“切れた”状態も大分治まっ た気がするので、私の考え続けてきた「PTAプラン」を記して、PTAに感ずるものをお 持ちの方々にお考えいただきたい。
 私は「PTAを解体する」意志でPTA協議会や教育委員会にアプローチしてきた。M
小学校には私の意志に賛同し、協力したいと言って下さる保護者もいた。しかし、組織 立って行動することの下手な自分を知っているし、これまで得てきた情報から、共同で (組織立って)行動すると、「PTA組織は巧みに“つぶし”をかけてくる」という話を いくつも聞いていた。
 私だけでなく、問題提起した人物はこの北海道にもいたし、全国では100人や20
0人できかない数に上るだろう。現在そのうちの何割かが“成功”をおさめ、本州方面 では「PTA入会、非入会は任意(保護者の自由)であること」を表明する単位PTAが 増えつつある。どうしてこんな当り前のことを実現するのに、これほど多くの人々が 「面倒な手続きや、地域の人間関係を悪くするかもしれない働きかけをしなければなら ないのか」と言えば、一言で「教育行政の環境の貧しさ」と言える。
 本州方面のPTAが“当り前の状況”に向う中で、この札幌市のPTA組織は旧態以前 の漫然たる組織経営を行っており、教育委員会を筆頭に公的機関はすでに本州方面の情 報を得ているのに“何ごともない”ふりをしている。
 PTA協議会会長が「全国的にも稀なほどしっかりとした組織体制を私たちの先輩が築 いてくれたお陰です。」と誇らしげに言う体制は、実は、先達の礎に“胡座をかいた” 時代遅れの「利権体制」でしかない。
 気分が悪いのでもう「PTA協議会会長の就任あいさつ」は引きあいにはださないが、 私のホームページは本州方面からのアクセスも少なくはない。おそらく「PTA協議会会 長の就任あいさつ」は笑いものの種になるだろう。「社会教育法」を恐れている“ふり をする”教育委員会も、意識立った人達から失笑を買うだろう。
 この札幌市には、教育現場を正常で静かな環境に保つことを目指す、政治家なり行政 官吏はいないのか?
 残念ながら、現時点では一人でも「いる」とは言い難い状況である。
 PTA協議会は「『保護者のPTAへの入会・非入会は,自由である。』は基本的なこ
とです」とし、「単位PTAの活動に直接口を出したり,指導的立場にはございません。
あくまでも単位PTAの独自性のものであり,活動の工夫等に対しまして,むしろ尊重
するところでございます。」と明言しているので、先ず単位PTAが「PTAは任意団体
で、加入・非加入は保護者個々の自由である」であることを表明するべきだろう。その 上で「加入希望者全員で、区P連及び市P協への加入の賛否を検討する」のが、PTAハ ンドブックで言う“民主的”団体の運営であるだろう。(続)
 



                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体