■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 



■PTA組織の解体<42>【単位PTAの責任(8)】




 単位PTAヘの「加入・非加入の意志確認」および「区P連及び市P協への加入の賛
否」は、現在でも“作りすぎている”「PTA便り」を使えば良いわけで、ただでさえ長
たらしい「入学時のPTA説明会」で個々の保護者に面談する必要もないだろう。
 もし単位PTAが表明しなない場合、校長の権限で「表明への働きかけ」をするべき
である。その件で教育委員会に「お伺い」をたてる必要はなく、教育委員会からの「指 導なり圧力」をかけられる心配はないはずである。なぜなら、前述「世田谷区立和田中 学校」が良い例で、「PTAの存廃までも校長の裁量権」という判断が成立しているから である。
 一つの危惧がある。それは「単位PTAと校長間で“保護者に任意団体である表明を しない”方向での合意をされる」ことである。現在でも、校長のポストには2つの系統 があって、「教育委員会経由はエリートコース」と言う評価がある。そのエリート達が 教育委員会の意向によっては任意団体である表明をしない可能性がある。
 その場合、知らされない保護者がいきなりマスコミなどに投書したり、集団で抗議行 動などをおこし、社会問題として「教育現場を騒がしくする」可能性がある。それは決 して「子どものため」にはならず、折角「静かにPTA活動を変革させた他校」にも悪 影響する可能性が小さくない。私は「完ぺき!」と胸を張るだけの自信はないが、教育 現場、とりわけ子ども達に騒がしい思いをかけないですむプランを立てて行動してきた。
 想定される様々な影響を考えると「トップダウンの通達」が望ましいが、長年の慣行
で維持されてきたPTA組織と教育委員会の関係に対しては、札幌市のトップレベルで も対応は難しいかも知れない。
 
 さて、仮に「任意団体である通知」が保護者に伝えられ、保護者の「加入・非加入の 意志確認」ができ、「区P連及び市P協への加入の賛否」も各単位PTAの取り決めで 成立した後のことであるが、役員選出方法を全面的に見直すことが必要だろう。
 おそらく前述の手続きがとられることで、意見を異にしたり、不平・不満を押して
PTAに加入する保護者はほとんどいなくなるはずで、その状況下では、立候補も推薦も 大きな問題を抱え込むことなく成立するはずである。
 ただ、運営は「毎年新陳代謝をしている組織」として、新入学児童の保護者からの疑 問や提言を受け入れ易くするする必要があり、また高学年の保護者との意見の“橋渡し” も平易にできるシステムとして、役員は中学年(3〜4年生の保護者)から選出するこ とがベターである。
 
 PTAに限らず、組織には「申し送り条項」という“手をつけづらい”項目がある。当
然「なぜ申し送りするのか」の理由は説明されない。多少の違いはあっても、全国おし なべて一律のことが多く、そのような“横並び項目”は「一人一役」と同じに「廃止さ
れる」ことが必要だろう。
 なぜなら、PTAだけでなく、義務教育という「常に新陳代謝」があるシステムには、
「時代性」が反映されなけれがならないことと、札幌市全体を見るだけでも「地域性」
の違いが小さくないはずである。しっかりと各学校の置かれている地域の特性を見た上 で、地域との連携なり、地域への貢献なりを考える必要があるだろう。“横並びの発想” で「地域との連携」などと言っても、単なる“お題目”でしかない。
 折角「役員会」なるものも組織しているのだから、「PTA活動の総て」を毎年見直し
をかけることは「必須条件」だろう。
 会員が少なければ少ないなりに、できることをして「子ども達のためになる」ことを
目指せばよいわけで、「決まっているからしなければならない」は役所仕事に任せれば 良いのである。
 また学校は「機関」でありながら、最も「人格形成」を意識しなければならない所で
もある。教育委員会が“役所然”とした言葉遣いや、“紋切型”の対応しかできないの
は「機関の歯車的意識」の官吏しかいないことの裏付けで、その管理下に置かれている 学校運営者である「校長・教頭、そして教師達の“不自由”」が容易に想像できる。
 単位PTAとしての“役割”は、「保護者としての自分が希望すること」と「生徒の
ためを考える学校側の希望する」ことを大前提として、“組織に等身大の”できること
を見つけることだろう。(続)
 



                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体