■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 



■PTA組織の解体<43>【単位PTAの責任(9)】


 

■PTA組織の解体<43>【単位PTAの責任(9)】 
 単位PTAは、「他校でしているから」とか「思考で産みだした作業」に向う必要は 
ない。まして全国の状況を知らせもしないPTA協議会の「一般PTA向けの研修」など、 
「組織維持」を目指した“年中行事”的な意味合いしかなく、「参加率が低い(M小学 
校PTA会長:時田勝氏)」ことは不幸中の幸いであるとしか言えない。 
 前述したように、自分の中にイメージできないことを「素晴らしい」と感じて取り入 
れても、所詮「物真似」の域を出ることはない。それは「自己満足」と隣り合わせの行 
為で、決して誰のためにもならない。それより、どこからも評価されなくても、自らの 
発想で「目の前にいる子ども達のためになる」と確信をもてることこそ貴重なのである。 
 PTAに熱心な保護者でも、自分の子どもが次から次と話題になることに飛びつくより、 
真剣に興味を示すことに集中する姿を大事に思うはずです。同じことです。人間として 
の価値評価は、大人も子どもも大差はない。 
 
 もしPTA組織が、私の息子の在学中に変革をとげて、私も協力したい組織に感じら 
れるようになったときには、「私は苦情係になります」とM小学校校長にお伝えした。 
 そう考える理由は1つ2つではないが、真っ先に考えたことは、どんなに非の打ち所 
の無い事柄であっても、必ず批判や嫌がらせの類いはあるものである。まして巨大組織 
を相手に、無い知恵を絞って“大反逆”をおこした結果の変革であれば、「旧体制に戻 
したい」と考える人達が必ずいると考えなければならない。 
 変革をとげた組織にとっては、「私の考えたPTAイメージをなぞる」ことにならざ 
るを得ないわけで、「旧体制派の批判や嫌がらせの類い」に対処することは、ほとんど 
不可能に近い。対処法を誤ると、状況は簡単に後戻りするのである。 
 
 おわりに、札幌市内の総ての小学校校長にお願いしたい。 
 言わずもがな、校長は各学校の最高責任者です。教育現場(生徒)を見ることのほと 
んどない教育委員会には、政治家がしばしば口にする「是々非々」を行使していただき 
たい。また、PTAは今日的存在意義とは別に「保護者と教師の会」という“親睦団体的 
要素”も持っています。 
 「モンスターペアレント」という言葉に恐れを抱いてPTAの方向ばかりに目を向け 
ず、PTAとの間で苦慮する一般教師の姿を直視していただきたい。教師も人の子です。 
言いたいことを言えるときも言えないときもあります。校長の姿勢がPTA寄りになり 
すぎると、教師の精神的苦悩は増大せざるを得ず、その結果、投げやりになったり教育 
者としての誇りや意欲を低下させることにつながると考えます。まして「PTA批判をし 
た教師に退職をほのめかす」など言語道断です。 
 何度も同じことを書くようですが、世の中に「批判できないないこと」はたった一つ 
もありません。批判の発生しない事柄は、所謂「ド〜でもいいこと」なのです。批判と 
真正面に向きあうことを実践できれば、「事なかれ主義の校長職」などと揶揄されるこ 
ともなくなるはずです。 
 そのような様々な思いもあって、100%校長に手渡されることを予想して、今年2 
月にPTA担当教師宛に送付した「PTAに関する提言書」があります。 
 その「提言」をもう一度記して、本連載を終ります。 
 
              <提言> 
1、PTAヘの加入・非加入は自由である旨の説明。 
2、PTA連合会・PTA協議会加入理由の説明。 
3,PTA連合会・PTA協議会への納入会費の金額明示。 
4、貴校におけるPTA会費の使用目的の説明。 
5、PTA活動の趣旨説明。 
6、PTA加入者としての、学校への協力事項の具体的な説明。 
7、PTA会長・役員選任手続きの説明。 
8、PTA会長・役員のプロフィール(PTA連合会・PTA協議会に加入する 
  考え方を明示する内容を含む)の提示。 
9、PTA非加入の児童・保護者に対する、学校行事に関わる非差別の誓約。 
 
                          平佐 修 2010年9月8日 
 
 *訂正。 本連載「21」にも同じ<提言>がありますが、「9、」の「学校行事に 
関わる非差別の誓約。」は「学校内PTA行事に関わる非差別の誓約。」を意味します。 



                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体