■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 



■改定・PTA組織の解体<44> 【解体のプログラム(1)】

■PTA組織の解体<補筆-1>【解体のプログラム(1)】
 

■改定・PTA組織の解体<44> 【解体のプログラム(1)】

 
 ちょっとした“ワケあり”で「PTA組織の解体・全43回」を一旦終了した。ワケは
機会があったら明らかにしたいが、この連載は全50回を目指していた。それくらいの メモがあって、書き残していることの中から是非公にしておいたほうがいいと思える事 柄を何回かに分けて補筆しておく。

 PTAを個人的に脱会した人物がいる。東京都中央区立佃島小学校の中澤さんという保 護者だが、この保護者の存在は全国の「PTA組織」「教育委員会」「文部科学省」は察 知しているはずなのだが、どこからも“対応し、解決する行動なり発言”は行われてい ない。PTAと言う組織体はあってもなくてもいい存在であり、この国の「教育行政」や 「教育環境」が“未成熟”な証明の一つでもある。
 さらに驚いたのは、中澤氏の書き込み中に「公立炎上」(光文社、上田光次郎著、
999円)と言う本が出版されており、その著者は「現役の公立学校の教師」である(あっ た?)ということが書かれてあった。中澤氏のブログ投稿内容にも「すんげ〜ェ、さす が中央。PTA はこうやって“ご発展”するんやね〜!」と驚くが、現役の公立学校教師 が“学校体制に対する批判的な内容の書物を出版”している本州方面の“教育現場状況” を、北海道の各教育委員会やPTA組織は認識するべきである……いや、認識している はずである。そうでしょう、PTA協議会さん?

 先ず、中澤氏のある日の投稿をお読みいただきたい。(何度かご本人にコンタクトを 試みましたが、私のPC知識では叶わず、ここに転載する承諾を得ていないことをお詫 びするとともに、お断りしておきます。)

 2007/5/2「公立炎上」(投稿者:中澤)
 「公立炎上」(光文社、上田光次郎著、999円)と言う本を購入したことは4月25
日のブログで書きましたが、著者は現役の公立学校の教師です。早速、編集者に電話し ました。 この本の要旨は 「公立学校(小、中、高公立学校)に子供を行かせるべきではない。」 であり、数々の事例を列挙しながら、検証しています。編集者は、「公立炎上の理由と してPTAの存在は知っていたが、事例として集まっていなかったので言及しなかった。
もっと早くこのブログの存在を知っていれば、この「公立炎上」の中で取り上げたのに 非常に残念だ」と言っていました。<平佐の独断で一部省略>
 私は、PTAを退会します。(2月19日及び3月1日のブログをお読み下さい。) 
政治的宗教的圧力と連呼するような集団が牛耳るPTAに属せません。
 その上で、学校の自浄作用に期待するしかないのかも知れません。

 2007/5/9佃小PTA退会(投稿者:中澤)
 5/7付けで、PTA退会届を
中央区立佃島小学校気付 佃島小学校PTA会長 殿
で送付し佃小PTAを退会しました。
 PTAへ入会の意思確認もされた記憶がないにも係わらず、「退会届」を出すのも抵抗 がありましたが、「退会した」「していない」や退会届が「届いた」「届かない」といっ
た問題が生じないように、
・書面にて
・配達記録付きで
・学校気付で
送るようにしました。
 退会の原因は色々あり、このブログを読んでいただければ判りますが、一番大きな原 因はこのPTAが
「子供のためのPTAではなく」
「PTA役員のためのPTA」であり
「PTA役員が学校の圧力団体となっており、公立小学校の教育崩壊の大きな原因の一つ」 となっていることであります。
 昨年5月12日のPTA総会の録音及び、本年1月19日のPTA臨時総会の録音をお聞
き下さい。佃小PTAの実態がよくわかります。「政治的宗教的圧力」を連呼し、総会
成立を偽装するようなPTAには属してはならないとわかっていただけると思います。
 PTAは任意団体だと自ら表明しているのですから
・PTA入会(会員であること)の意思確認
・PTA会費の給食費との同時引き落としの停止
をすべきです。
 給食費とPTA会費は全く違います。給食費は子供が食べているのですから強制です が、PTAは「任意」なので会費の支払いも「任意」であるべきです。
 文部科学省へ問い合わせても「給食費と一緒に引き落とすのは間違いだ」という回答 でした。
 後日、「PTA退会の経緯」を記述します。

 インターネットの手段を持っている方々、とりわけ「PTA組織」「教育委員会」の人
達には是非訪問するべきブログと考える。……批判的な発言に耳目を閉ざし、協力的な 人達の方ばかり向いていると、オツムはボケボケ状態にならざるを得ないですよ〜。
 教育委員会においては、教育委員・役員・職員の“組織内社会教育(!)”のために も批判図書には必読義務を課すべきだろう……と思って注文したがまだ手もとに届いて いない。
 札幌紀伊国屋書店では、在庫ナシ、出版元でも在庫切れの状態だという。はたして入 手できるものかどうか……。入手後に機会があったら、さらに続編を目指して言及しよ う。私は今後9年間、現役保護者として発言する意志がある。
 中澤氏のブログアドレスを記しておこう。
「PTA炎上」でも検索できる
 http://pta.typepad.jp/ (続)


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    

<>
             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

 

 

PTA組織の解体