■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 



■改定・PTA組織の解体<45> 【解体のプログラム(2)】

■PTA組織の解体<補筆-3>【解体のプログラム(3)】
 

■改定・PTA組織の解体<45> 【解体のプログラム(2)】 

 教育委員(社会教育委員も含む)にあっては、この様な保護者や教師が出現してから 
では、“教育現場にとって痛ましい状況に至らざるを得ない”と認識するべきで、認識 
できない教育委員は即刻委員を辞退するべきである。 
 札幌市の教育委員の中には“ハデハデなホームページ”を作って自己アピールしてい 
る人もいる。自己アピールは大いに結構であるが、教育委員を自己アピールの道具とし 
ているように見えたり、教育現場の矛盾や弊害を感じ取り、適切な指摘ができないので 
あれば委員としての資質に欠けると自己認識するべきである。 

 さて、中澤氏や私のような発言・行動のできる保護者は1%もいないと想像する。大 
方(ほとんど全部)の保護者は“我慢”“泣き寝入り”“無視”“迎合”などなど、個 
人的な意思表示をすることはほとんどなく、また、その手段も持ち合わせていないのが 
現実だろう。 
 ……とか思いながらメールチェックをしていたら、札幌市からメールが来た。 
 そういえば「市民の声を聞く課」から「後日、担当の教育委員会生涯学習部から説明・ 
回答いたします。」とかメールが届いていた。 
 教育委員会は「市教委はお答えする立場にありません。」として“無言の行”を決め 
込んでいたくせに、今さら何を言ってこれるのかな〜……と思ったら、「市民の声を聞 
く課」からの“中間報告(?)”だった。 

平佐 修 様(9月10日) 
 9月7日にご連絡をいたしておりました8月31日以降の3件のメールににつきまして、 
後日、担当の教育委員会生涯学習部から説明・回答いたします。今少しお待ちいただき 
たくお願い申し上げます。 
             平成22年(2010年)9月10日 
            札幌市市長政策室広報部市民の声を聞く課長 
                          今川 かおる 
                      (相談担当係長 澤 口) 
                  電話011−211−2042 

 あらら、ま〜だ回答はこないのね〜。そうそう、一週間以上も待ちましたよ〜。まあ、 
“なしのつぶて”よりはマシでしょう……くらいに思ったが、おそらく市長政策室と教 
育委員会で何がしかの話し合いが行われたものだろう。 
 まったく情けない人達(教育委員会のこと)だ。この「全国的にも稀なほどしっかり 
とした組織体制(市P協会長)」のPTA組織が君臨する「札幌市の教育体制」に、私 
のような“無頼漢”が出現するなど、「晴天の霹靂」とか思ってるんでしょうが、違い 
ます!  
 改めて言っておおきますが、北海道のPTA環境が、経済と同じ位に“遅れている” 
だけなのです。私の息子達の義務教育年限“保護者現役”は、今後9年間もある。その 
後は「高校無償化」にでもなればさらに延長も考えるるが、私はトシもトシであるから 
いつまでツッパラかっていれるかどうかはわからない。PTA体質・PTA環境を正常化す 
るには、私の存在はいい切っ掛けじゃあありませんか。これほどの“バ〜カ”はめった 
に出ませんよ〜。 
 教育委員会だって市議会だって、PTA組織の存在は“痛しかゆし”の状態のはずです。 
み〜んな触りたがらないだけのはずですよ〜……まあいいか。私は、札幌市教育委員会 
のように「できることもしない」センスは持ちあわせていない。 

 現役保護者の動きによる「正常化」には、一面で小さくない問題を抱える。前回の 
「中澤氏のブログ」中に次のような投稿があって、こうなっては教育環境、とりわけ学 
校現場が騒々しくなり、校長・教頭はもちろん教師達や学童にまで影響が出ないとは言 
い切れない。 
 札幌市教育委員会は「社会教育法」などに逃げず、真摯にPTA協議会と協議する必 
要があるのではないか。……だって、相手が“協議会”でしょ?  
 さらにPTA協議会が“漫然とした組織経営”を続けたり、総てとは言わないが単位 
PTAの役員が学校現場で“やりたい放題”を続けると、中澤氏や私のような存在はさら 
に数を増やし、次第に顕在化してくるはずである。 
 中には「教育現場(学校)を騒がせない方法」を選択しない、あるいはできない発言 
者が出てくることは容易に考えられる。教育に携わる者(教育行政官吏・教育委員・教 
師・PTA組織人)や、教育を受けさせなければならない者(一般PTA・保護者)は、そ 
うなっては“手遅れである”と認識するべきである。 
(大塚氏の投稿も、中澤氏と同様に転載の承諾は得ていません。) 

 2007/2/19(月)PTA退会のススメ(投稿者:大塚) 
 PTA会費未納者の会費徴収を、戸別訪問で行っているそうですが、拙宅には誰もき 
ません(苦笑)。委任状を出さない人なども今後戸別訪問して強制的に委任状を回収す 
るのでしょう。まったく脅迫に等しい行為です。このブログを書くようになって、「そ 
こまでして大丈夫ですか?」という、心配をしてくれるご父兄がいらっしゃいますが、 
このブログがあるからこそ安心なのです。個別に脅迫すると言うのであれば、録音して 
公開するまでです。自前のメディアをもつということは、そういうことなのです。良識 
あるご父兄の皆さん、佃小のPTAを退会しましょう。退会届を先生に出して、PTA会 
費を払わなければいいのです。個別にいじめられそう、という方には、このブログが協 
力します。いじめられた内容を、具体的にお知らせください。いじめた方の実名を公表 
して、このブログで全国デビューしてもらいましょう。 

 先の気になる方は、このブログを是非訪問してほしい。アドレスを再記しておく。 
 http://pta.typepad.jp/ 「PTA炎上」でも検索できる。(続) 



                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体