■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■改定・PTA組織の解体<46> 【解体のプログラム(3)】

■PTA組織の解体<補筆-3>【解体のプログラム(3)】

 「市民の声を聞く課」からの“中間報告”から1週間も過ぎたころ、教育委員会から
の回答が届いた。

 平佐 修 様(9月17日)
 総)市民の声を聞く課宛、市政相談について添付ファイルのとおり御回答いたします。
札幌市 札幌市教育委員会
【添付ファイル内容】
1件名「札幌市PTA安全互助会について」
 「札幌市PTA安全互助会」という名称の札幌市の出資団体はございません。

2PTA協議会等について
 ・質問1〜3関係
 「1(社会教育委員)」「3」「17」「18」「19」「25(札幌市奨学審議委員会)」
「27」「29(札幌市社会教育功労者表彰選考委員会)」「33」「34(学校支援地域
本部事業運営協議会)」「37」「38」「39」は団体ではありませんが、教育委員会が
専門家や市民の意見を事業に反映させるために設けた機関です。これらの機関について、
札幌市PTA協議会から派遣人員を受け入れていることはありませんが、社会教育関係
団体の立場から意見を求める必要があることから、保護者等の代表であり社会教育関係 団体である、札幌市PTA協議会に委員等への就任を依頼しているところです。
 その他の団体、各種委員会は教育委員会で所管しておりませんので、お答できません。
・質問4関係
問4につきましては、市民の声を聞く課が職員部で確認した内容です。
@ 書かれている外郭団体への市職員の「出向」はありません。
A 念のため、市職員の「派遣」は3団体あります。
 4.札幌市芸術文化財団
 14.財)生涯学習振興財団
 20.札幌市青少年女性活動協会

3 PTA協議会等について(その2)
  社会教育関係団体である札幌市PTA協議会会長の発言に関して、お答えする立場 にございません。

 以上である。
 私の質問は本連載「28外郭団体」を参照していただきたいが、もう一度質問項目を
抜き出してみる。

質問1、)下記の外郭団体へ、PTA協議会から派遣人員を受け入れている理由。
質問2、)受け入れている人数の総数、受け入れ期間。
質問3、)市P協からの受け入れ要請があったか、札幌市からの要請で派遣されたか 
     の区別。
質問4、)各外郭団体への市職員の出向の有無。

 1の回答「札幌市PTA安全互助会について」の私の質問は外郭団体の質問とは別の 時期にしたもので、以下のようなものでした。
 (質問)「札幌市役所教育委員会外郭団体札幌市PTA安全互助会」という外郭団体に、 PTAがどのような関わり方をしているか、ご説明をお願い致します。
 (答え)「札幌市PTA安全互助会」という名称の札幌市の出資団体はございません。

 だ〜れが「出資しているかどうか」なんて聞きました? ひょっとして、異なる名称
の“PTA関連団体”には「出資している」と言うことなのかな〜? いえいえ、これが
役人の“はぐらかし方”“外し方”なのです。
 稚拙な“外し方”だが、「札幌市役所教育委員会外郭団体札幌市PTA安全互助会」
はPTA協議会が使っている名称である。教育委員会が「ない」と言うのなら、PTA協
議会の“ハッタリ的捏造名称”だろうが、「札幌市役所 教育委員会 外郭団体 PTA協議 会」や「札幌市役所 教育委員会 外郭団体 西区PTA連合会」はじめ、札幌市10区の PTA連合会もすべて「札幌市役所 教育委員会 外郭団体 」の名称を冠しているのである。
 おまけに、各PTA連合会の所在位置を示す略図まで付いている。各連合会と並で、 前述「札幌市生涯学習振興財団」という“札幌市職員を派遣している外郭団体(教育委 員会回答)”も記載されているので、札幌市あるいは教育委員会制作によるWebサイ トである可能性が高い。
 教育委員会は、「PTA協議会は、札幌市の外郭団体ではない」と回答してきているの だが、いったいどうしてこの様な名称のサイトが存在するのか。一般市民がこの名称を 目にして、「PTAは札幌市の外郭団体だ」と思ったとしても不思議ではない。

 いかがですか? 教育委員会はこれほどにいい加減な組織です。「教育委員会-その 沿革と今後の改革に向けて-」ではなく「教育委員会-その現況と廃止に向けて-」を文科 省・文教科学技術課は調査する必要があるんじゃないですかね〜?
 「1を聞いて10を知る」なんてとんでもない。「20を聞いても1も知ろうとしな
い」この教育委員会の姿勢が、果たして“教育的”と言えるだろうか? こんな組織に、 私たちの子どもをあずける「学校」を管理させていていいのだろうか? ひょっとする と、「解体しなければならない」のは教育委員会の方が先ではないだろうか?

 次に、教育委員会が「質問1〜3関係」とまとめて回答しているのは、“私の質問内
容からできるだけ遠ざかって答える”ためのテクニックで、読み終ると私自身が『どん
な質問をしてたっけ……』とメール記録を読み直さなければならないほど“解りづらい” 書き方になっている。まあ、国語力の乏しいPTA協議会よりはマシかも知れないが。
 このような文章を書く職員がいることは“何かに使えるかも〜”くらいには思えても、
市民への“サービス”として見たときには『バ〜カじゃないの?』くらいにしか思えな
い。バカなヤツの名前を見ようと思ったら、またまた“名無し様”のお仕事だった。
 こんな職員が「札幌市」を騙り、「札幌市教育委員会」の職員をしているのである。
おまけに、そんな意識の低い職員のいる委員会が義務教育学校の“管理”や“人事管理” のお仕事までしているんですよ〜。この教育教育長の「人事権」は、札幌市の場合市長 の専権事項になっている。そうだ、教育長にこの連載を送りつけようか・・・。(続)


             
             

                  
                  **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **

                  
                  **  Tel&Fax   011-671-5363                   
              **

                  
                  **  携 帯   090-5229-6992                  
              **

                  
               



                           *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

 

 

PTA組織の解体