■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■改定・PTA組織の解体<48> 【解体のプログラム(5)】

■PTA組織の解体<補筆-5>【解体のプログラム(5)】


「市民の声を聞く課」質問つづき。

 1.『札幌市の教育行政の中で、PTA協議会の協力が無ければ決められない、あるいは 実施できないというものが多くあります。』
 なぜ行政が「一任意団体・社会教育団体としてのPTA協議会」の協力がなければ実施 出来ないものがあるのかお答え下さい。

 2.『教員の採用や教科書の選定から給食費の価格、さらに社会教育の指針など様々な 分野でPTAの意見が求められており(略)』
 「教員の採用や教科書の選定」にPTA協議会の意見を求める理由をお答え下さい。

 3.『札幌市の教育に対し、とても大きな影響力と責任のある団体です。』
 社会教育ではなく「教育」(おそらく学校教育・義務教育を指していると思われます。) に対し、なぜPTA協議会が「大きな影響力と責任」を持つことになっているかをお答 え下さい。

 4.『私たちの活動の目的は、札幌市立の幼稚園、小学校及び中学校におけるPTA活動 の振興と、家庭教育、社会教育、学校教育、安全教育の充実振興です。』
 これらのPTA協議会が目的にする事柄は、本来教育委員会が「責任」として遂行する べき事柄を含むと認識しますが、PTA協議会が目的にすることで、教育委員会との  「目的達成過程」に齟齬を生じる事態が容易に予想できます。
 一保護者として、そのような体制下で自分の子どもを義務教育に任せなければならな いことに対し、大きな不安と疑問を感ずるものです。
 また、個人的な考えでは、(PTA協議会に)「家庭教育」の充実振興を目指されては
 は、迷惑に感じます。 それらのことにお答え下さい。*( )内補筆。

 いかがですか? 教育委員会は、これらPTA協議会会長の表現について「お答えす る立場にございません。」として“容認”“黙認”する姿勢なのです。寒気を感ずるど ころではない。
 「冗談でしょ〜?」「お口あ〜んぐり」「しんじられな〜い」「これは悪夢だ!」
「異次元笑話だ」「メトロの怪談だ」「低検の証拠隠滅だ」……「マジな冗談だ!」。

 私は「PTA組織の解体」の続きを書きたいのである。その内容は、単位PTAと学校
側への“提言”が主たる目的で、のらりくらりの役人に対する批判は充分すぎるくらい
にさせていただいた。
 教育委員会にも札幌市の姿勢にも期待できることはない。はもういい。

 それで「PTA組織の解体」だが、教育委員会も市長すらもできないことを、できる存
在がこの札幌市にいるのである。それも一人や二人ではない。
 まず、“各小中学校の校長”が「PTAは任意団体で、入会してもしなくても、PTAに
子どもを差別扱いはさせない。」と全児童の保護者に通知することである。校長の中に は“エリートコース驀進中”教育委員会経由の“御身大切校長”だったり、“PTAが怖 い症候群”の校長もいるだろうから全校長に期待することはできそうもないが、表明を 躊躇する校長には“後押し”のできる存在がいる。
 それは我々“保護者”である。

 PTA支持の考え方を持つ保護者もいるはずで、それはそれで尊重しなければならない。 しかし、PTA支持の保護者は“反PTAの考え方を持つ保護者もいる ”ことを尊重する ことが前提にならないかぎり、行き着くところ両者は“対立関係”にしか成り得ない。
 「PTA支持派」「反PTA派」両者が「PTA加入(非加入)は任意である。(文部科
学省/未確認。ブログサイト情報)」という合意を前提にしなければ、お互いを尊重す ることにはならない。
 本州方面には、“保護者同士の対立関係”を表面化させてしまった学校もあるが、そ れは絶対に「子どものためにも、学校経営のためにもならない」と認識するべきである。 また、PTAという組織そのものが“対立関係を作る原因”になるわけだから、単位PTA は「常に組織の運営・非加入保護者への対応」を見直しする責任を自覚し、漫然と(!) 区P連、市P協への加盟を継続するべきではない。

 自治体(札幌市)は、社会教育法により「(略)予算の範囲内において、財政的援助
並びに物資の提供及びそのあつせんを行う。(社会教育法第4条) 」の義務を課せられ 区P連、市P協への経済的援助をしているが、その義務は「(略)学校、家庭及び地域 住民その他の関係者相互間の連携及び協力の促進に資することとなるよう努めるものと する。(同3条の3)」を前提にしている。
 単位PTAの経営や運営に問題や反発を感ずる保護者が存在する場合には「関係者相 互間の連携及び協力」を前提にすることが難しくなり、社会教育法によって経済的援助 を得ている区P連、市P協へ加盟することは「法に抵触する」あるいは「無理がある」 可能性がある。(続)


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

 

 

PTA組織の解体