■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■改定・PTA組織の解体<49> 【解体のプログラム(6)】
 

■PTA組織の解体<補筆-6>【解体のプログラム(6)】
 
 PTA協議会事務局長:相馬武雄氏は、PTA組織の考え方について「100%同じ考え になることはないでしょう。」と言った。即座に「100%でなければならないはず。」
と答えてやったが、おそらく「ナンデや〜?」くらいにしか思っていなかっただろう。
 「PTAは任意団体で、加入・非加入は保護者の自由である。」わけだから、加入者は 100%同じ考え方、あるいはPTA組織の考え方に100%同意したと考えなければ ならない。同意した者同士が、何かを“合議”する際に議論に至ることは「組織内の意 見の違い」として“民主的運営”と言えるが、その「組織内の意見の違い」を“反PTA 意識”と混同させるのは、次元の異なる、あるいは“すり替え的方便”でしかかない。
 一方、現実には自動的に(あるいは半強制的に)加入させられている保護者がいるた めに、ときに異議を唱えられ、私のように組織の存在そのものに疑問を呈する場合もあ り、必然的に100%にはなり得ないのである。その現実の状況をもって「100%同 じ考えになることはないでしょう。」と言っても、自分達が「基本的なこと」と回答し た「保護者のPTAへの入会・非入会は,自由である。」をスポイルした見解でしかな いので「当然でしょ。」くらいにしか言えない。

 当然、単位PTA総会で“委任状”の提出があっても手続き上の“見かけ”が成立的
に見えるだけで、自動的に(あるいは半強制的に)加入させられている保護者がいるこ とは、一般的社会通念としての「同意した、あるいは合意した」ことにはならないので ある。まして長子入学家庭や転入したばかりの家庭では、委任状を託すに足る存在を見 出せない状況だって大いにあり得るのである。
 つまり、現単位PTA総会は「見かけの成立」でしかなくなり、PTA組織のベースで
ある単位PTAが「見かけの成立」による運営であることは、社会教育法3条の3「関
係者相互間の連携及び協力」を前提にできない可能性があり、その上部組織である区P 連・市P協を“社会教育団体”とすることにも無理が生じることになる。

 仮に単位PTAが全校の半数しかPTAに加入していなくても、また、仮に札幌市立小
学校の半数しか区P連や市P協に加盟していなくとも、加入保護者の100%がPTA
の考え方に賛同していれば、区P連や市P協が自治体からの経済的援助を得ることに違 和感は大きくない。
 社会教育団体としての基盤がこれほどに曖昧な状態なので、教育委員会に

「PTAに入会しない保護者が出た場合、入会保護者と非入会保護者が出るわけで、
“市P協・各区PTA連合会(以下区P連)の事業に対し補助金を支出しております。”
が公金の使い方として合理性を欠くことになると考えます。」

と疑問を呈したが、回答は

 市P協及び区P連については、社会教育関係団体として補助金交付対象となっており、 これは、団体に対しての交付であり、市内全ての小中学生又はその保護者個々人への交 付とはしておりません。よって、PTAに入会しない保護者が出たとしても、公金の使 い方として合理性を欠くものとは考えておりません。

というものだった。ここでも市P協・区P連と単位PTAは別組織である判断ができる。
 区P連、市P協が「全国的にも稀なほどしっかりとした組織体制(札幌市PTA協議
会会長:遠山義男氏)」と自負しても、組織体制を“だまし”の上に成立させていたり
“体制内の歪みを見ないふりをしている”だけのことで、そんな組織を社会教育団体と
して承認する札幌市教育委員会は、自治体の教育機関としての認識が低すぎる。
 くり返す。「現状のPTA組織は、社会教育団体ではない。」「単位PTAも社会教育
団体ではない。」「社会教育法は、悪法であり欠陥法である。」

 私自身は、そんな「現体制(まやかし)のPTAには加入したくない。恥ずかしい。」
気持ちだが、家内は「子どもに何かされたらいやだから入る」というスタンスなので、
PTA支持者あるいはPTA組織の「非加入者の児童を、学校内PTA行事に於いて差別し ない」旨の誓約を必要とし、校長裁量権の発動で「全教員の合議による、PTA活動に対 する規制あるいは校則」は是非とも必要となる。
 もし私が家内の気持ちを押し切り「PTA脱会」を通したら、家内の気持ちには大きな 不安を作ることになる。また、私の“脱会意志”と家内の“子どもを気づかう故の入会 意志”が対立すると、まるで私が子どもを気づかっていないような立場に立たされ、 「PTAは家庭内不和の火種にもなる」可能性がある。
 PTA組織のうたい文句の一つである「家庭教育」とは、そのような“家庭状況”まで
作りだす“計算”があり、「だからPTAに入りなさい。」と脅かしているのではない
だろうか……ナ〜ニが「家庭教育」だ、ナ〜ニが「社会教育」だ。教育的でないのは
PTA組織と、教育委員会だろ〜! 
 おっとっと、そう推測したのは私だった。自分の推測に腹を立ててもしょうがない。

 もう一つ二つ大きな疑問がある。「教師達のPTA加入は義務であるか自由であるか」 だが、おそらく教育委員会が「任意団体である」と言うのだから“自由なはず”である。 だが、私は「単位PTAは社会教育団体ではない」と確信するので、校長の“裁量”に よっては、学校単位で「教師のPTA加入義務」が設定される可能性はある。
 あるとき、M小学校校長に「教師に対するアンケートをとらせていただきたい。」と
申し入れたことがある。理由を聞かれたので「PTA加入・非加入について、教員採用後 に教育委員会からの通達があったかどうかを確認したい。」と応えたが、承諾の可否に ついては返事をもらえていない。当然だろう。そんな内容のアンケートを許可したもん なら、教育委員会から「査問会議に出頭するように」とか、教育長印のある“招待状” をいただくことになるだろう。
 私の“アンケート話し”の真意は、教員に対して「教育委員会がPTATA加入義務」
を“指導”している証明を得たいのだが、校長の無言で「ある」と推測できた。
 また、保護者に対しても、校長(学校)からの“希望、あるいはお願い”という体裁
で「PTA入会の依頼」があると、仮に「PTA任意団体説明」があったにしても、保護者
としては“加入しない意思表明”はなかなかしづらいものがある。
 教育委員会が使いそうな“手口(!)”にも思うが、PTAと学校の関係における“明
確なライン引き”は曖昧な「社会教育法」を前提にしていては無理であり、ライン引き
の曖昧な現状を続けることは、“PTA組織の学校側への圧力や干渉”をますます広げる ことになるだろう。

 保護者の中には「先生達は入るのが当然」と考える人が少なくないはずであるし、学 校側(教師側)も、新入学児童の保護者に入会を勧める(と言って現状は強制的だが) 為や、クラス役員の依頼をするときに「私は入っていません」じゃあ説得力がない。
 しかし、北教組加入が教師の自由であることと同じで、PTA加入も「教師個々の自由」 でなければならないはずである。個人的には、小林千代美氏政治資金規制法違反関与な ど「政治活動を主目的の一つにしている北教組」なので“北教組組合員はPTAには加 入できない”としたいが、思想信条の自由は認めなければならないし、北教組とPTA との関わりが今ひとつはっきりさせられていないので別の機会に言及したい。(続)



                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

 

 

PTA組織の解体