■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■札幌PTA組織の解体(5)【PTAって何ですか?(2)】

■札幌PTA組織の解体(5)【PTAって何ですか?(2)】


 前回PTAの発祥について少々書いたが、P.A.ハーストとA.M.バー二ーは、当時の女 性としてはハイレベルな社会意識を持っていたとは感じられるが、中産階級の子女でも なく、私のような貧乏人の生まれでもなく、言わば「上流階層出身者」であったことを 意識せざるを得ない。
 社会的には「支配層」の子女であり、経済的にも時間的にも恵まれた環境に育った女 性たちなのである。「150年も前のアメリカ話し」を今の日本に当てはめるつもりは ないが、現状の日本PTA組織でも「経済的にも時間的にも恵まれた」人達によって組 織されている状況には大きな違いはない。もし違いを挙げるとすると、「PTA活動を、 レクリエーション的に“楽しんでいる人”や、“支配意識”の旺盛な人」が少なくない 状況くらいだろう。
 単位PTA(各学校のPTA)運営の現状は旧態依然で、主に時間的に余裕の持てる「専 業主婦」の役員が中心になり、地域に知名度の高い人物や、前述の「PTA活動を、レク リエーション的に“楽しんでいる人”や、“支配意識”の旺盛な人」が会長を務めてい る場合が多い。
 「レクリエーション的に“楽しんでいる人”」にとっては、PTA活動に割かなければ
ならない時間を作りだすことに“苦痛”を感じないだろうし、「支配意識の旺盛な人」
のほとんどは政治活動にも熱心な人達で、今日「PTA族議員」と称される政治家まで輩 出するに至っているので、重要な政治活動ポジションと位置づけている場合もある。
 義務教育の現場を「PTA族議員養成所」的に利用されることには大きな憤りを感ずる が、文科省も各自治体教育委員会も「PTA族議員」の存在を意識せざるを得ず、対応に 苦慮する場面になると「社会教育法12条」(後述)を持ち出し手をこまねく。
 この法律は「PTA組織を保護すると同時に、文科省も各自治体教育委員会も面倒な判 断をしなくてすむ」両刃の剣(?……どちらも切らない剣だから“両棟の剣”かな〜… …それなら、単なる鉄の棒切れだな。)であり、両者の“もたれ合い”を助長する“悪 法”又は“欠陥法”と言わざるをえない法律である。
 
 さて、この連載を書くに至った切っ掛けは、20年以上前に遡った頃の知人・友人か らのPTAに関する少なくない相談話しや愚痴だった。
 「高学年の役員からどなられた」は全国どこにでもある話しで、「PTAの役員を押し
付けられて、毎日のように作業をしなければならない。」「PTA役員が食べ物を持ち寄 り、低学年児の役員宅に集まり、高学年児童保護者役員が、出てこない役員の批判で何 時間も居座る。」「PTAに非協力的な保護者に対して、悪口を言いふらす。」「PTAの 批判をすると、寄ってたかって攻撃をする。」などなど。今日でも「無い」と言いきれ ないことだが、札幌市PTA協議会の回答にあるように「単位PTAの活動に直接口を 出したり,指導的立場にはございません。」として各学校単位のPTA問題が社会的に 明らかにされることは皆無と言っていい。近年では、PTA役員を引き受けたがためにし ばしば会社を休まざるを得なくなり、とうとう上司から退職を促された花島である。
 私は、「発言は現役 保護者がするべき。」と考え、いじめ問題以外には立ち入らない ようにしていたが、あるPTA役員が家庭の事情もあってノイローゼ気味になっていた ので対処したことがあった。
 それは「役員会でPTAの運営に意見をした夜から、無言電話が始まった。」という
もの。私が本人からその話を聞いたのは、無言電話が1週間程も続いた頃だった。私の 「警察に届けるか、反論された役員に無言電話をかけなさい。」と伝えたが「できませ ん。」と言うので、役員名簿”を出させ電話番号を控え、3人の役員に無言電話をかけ たら、その日から無言電話はなくなったそうである。
 しかし、たいていは「もう1年くらいだから。」とか「面倒くさいから。」とかで、
言われるがままに“我慢をする”のが一般的だったろう。
 息子の通うM小学校の教頭先生は「ずいぶん良くなりました」と言うが、校長先生
は歴任した学校で「PTAの改善を何度かお願いしてきた。」と私に話すくらい、旧態依 然の体質を継承していると推測できる。(続)


               **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    

             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com


 

PTA組織の解体