■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 



■改定・PTA組織の解体<51> 【解体のプログラム(8)】

【PTA組織の解体-あとがき】

 私は自分の職業(?)が非経済的なばかりに、沈思黙考する時間がた〜っぷりあった。 生活を友人知人に支えられ、札幌市の役人から「怠け者」呼ばわりされても、このトシ まで“現役三流音楽家”を現役している。
 世界の一流音楽家の中には、反体制思想を“指揮棒”で表現し国連演奏会に招聘され、 “チェロの弓を持つ手に銃を持ち代え”て体制に立ち向かい祖国功労賞を授与され、大 衆音楽で“軍制国家反逆罪”の汚名を着せられたまま屍に変えた身を軍用機で帰国させ た偉人達がいる。
 足元にも及ばないが、私には「さっぽろ文庫(教育委員会)」に執筆依頼される程度 の作文能力があるらしい。高校1年中退の学歴しか持ちあわせていないが、国語力に乏 しい事務局長や、わけのワカラン就任挨拶をしたためる会長の君臨するPTA組織に “突っ込み”を入れるくらいの文章はいつでも書けると思っている。

 さて、“解体”の唯一実現可能な手段は所謂「兵糧攻め」で、前述各学校長の良識あ る裁量と、“PTA体制に疑問を持つ保護者”や“反PTA保護者”の顕在化によって
「PTAの任意団体認識」を定着させ、認識の定着で起るであろう「PTA入会者減少」が 最も現実的プログラムと考える。
 各学校に“PTA体制に疑問を持つ保護者”や“反PTA保護者”の存在することが前
提となるが、私の推察では“100%存在する”と言い切れる。その確認は、単位PTA
の見識と学校長の裁量で、全保護者に“無記名アンケート”を実施すればすむことだが、 現状の単位PTA体制では公正なアンケート内容も考えられず、アンケートを実施する 勇気も持てないだろう。それくらい自分達の組織に対して“確信”を持っていない人達 によって運営されてきたPTA組織なのである。
 M小学校PTA副会長に「PTA非加入者がでたら、PTA行事に参加させない差別をし
ますか?」と聞いたら、「非加入者がでたら考えます。」だった。つまり、政府がしば
しば口にする「仮定の話しにはコメントできない」と同質の回答であり、「非加入者は
でない」という考え方なのだろう。残念ながら「PTAの任意団体認識」が定着すると、
“必ず脱会者、非入会者はでる”のである。
 “あったから継続した”とか“あるから継続する”意識では時流にマッチする運営は
難しく、時流にマッチできなければ年々入れ替わる保護者が感ずる違和感を大きくする だけで、子ども一人につき9年間も義務教育に関わるPTA敬遠派保護者にとっては、 “我慢するか迎合するる”かの選択肢しかなかった。そこに「入会・非入会・脱会は自 由である」選択肢が提示されて、脱会・非入会者が出ない訳が無い。

 他の選択肢を提示できない現体制のPTA体質が問題なのだが、ほとんどの保護者は 「PTAに入会しなければ児童や学校のために何もしなくていい。」とは考えていないは ずであり、PTAに入会しなければ「児童や学校のためになれない」ものでもない。
 PTA体質が改善されれば非入会者の増大はくい止められるだろうと考えるが、大規模 な組織改革や運営方法の見直しが必要になるし、とくに「一人一役」などという理不尽 な押しつけを温存すれば、旧体制を知る保護者には「な〜んにも変わってない!」とし か感じられず、ますます“反PTA保護者”を増やすことにもなる。
 PTA敬遠派の多数は、PTA の現体制や運営方法に疑問や迷惑を感じているわけで、そ の疑問や迷惑は“押しつけられている”と感ずるところから発生してくると気付かなけ れば、いつまでも敬遠派を増やし続けなければならないと思うが、遅れている北海道の PTA状況が本州並の混乱を始めざるを得なくなるのはもうすぐだろう。

 「兵糧攻め」であるが、PTA協議会は、札幌市内の全保護者が入会している現在でも、 公金からの補助を得ながら、まだ500万円足りないから「安全互助会の基金から繰り 入れ(借金)しています。(PTA協議会会長:遠山氏)」という状況なのだから、入会 者減少でさらに経済的窮乏に至れば、おのずと省みざるを得なくなるはずである……と 私は考えるが、もしかすると“破綻”への道を辿るのかも知れない。いや、破綻の前に、 麗しき友情で結ばれた教育委員会が手を差し伸べるかも知れない。まったく、可能性ま で“なんでもあり”に考えられるPTA組織である。
 「安全互助会」というのは学校保険の前身で、積立金は「学童やPTA会員の、万が
一の事態に対処する為のもの」であるはずで、“保健法改正”による民間保険への移行 後は“正当な使い方を審議するべきだった”はずだが、「札幌市役所教育委員会外郭団 体札幌市PTA安全互助会」(この団体名も、PTA協議会のハッタリ的名称である)は、 まるで“独立行政法人”のように何もしない。おざなりの「企画書」を提示して得られ る自治体からの援助金とは異なり、単位PTAからの「安全互助会積立金(保険料)」 や「分担金」は、税金的性格を持つ“浄財”である。
 ほ〜らね、またまた話しが核心から逸れる。それくらいPTA組織は“問題の種”を
まき散らしているのだが、「安全互助会」の透明化や存否の検討も必要だろう。(続)



                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

 

 

PTA組織の解体