札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■改定・PTA組織の解体<52> 【解体のプログラム(9)】

 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
 核心(!)の問題は、PTA組織が“経済的窮乏”に陥る過程において、「PTA族議員
が、教育委員会を通じて校長に圧力をかけてくる」可能性がかなり高いことである。悪 いことに、PTA族議員と思しき市議会議員は複数政党にいる。教育委員会が私への対応 同様に“無言の行”を決め込んでくれればまだ実現の可能性は高いのだが、ひとたび PTA族議員から圧力がかかり市議会議員の“相互扶助意識”までが働くと、「社会教育 法12条」よりさらにPTA組織に有利な、あるいは優遇的な“条例”まで作りかねな いのである。
 “PTA組織に有利な条例”など時代に逆行することで個人的には“非現実的”とは思 うが、圧力団体は何をしてくるかわかったモンじゃありません。これまでにも地域の名 士さんによって“反PTAの存在をもみ消し”した類いの話しを耳にしている。単位 PTAの次元では考えられない“大胆な”な事態がおこる可能性があり、明「PTA族
議員」の呼称が定着した今日では、議会にだって何が起っても不思議はないのである。

 上田札幌市長は法律畑出身の方である。また、政令指定都市の首長は、他市町村の首 長より教育体制に対しても“大きな権限”を持っている。市長には「社会教育法12条」 の“法解釈”を明確にし、PTA組織の“浄化(!)”“正常化”を図り、PTA組織と教 育委員会との“マンネリ関係破棄”を指導する責任があると考えるがいかがだろう。
 もし、私の提言を返書の文面にあるように「貴重な提言」と受け取っていただけるな
ら、事態が複雑化・深刻化する前に是非対処していただきたい。大きな問題に対する個 人的言動には、仮に“意義がある”としても限界もある。

 私の言動に意義があるかどうかは他者の判断を待たなければならないが、個人的言動 が無視された結果、一つの自治体が“恥さらしな結末”至る姿を見た経験もある。
 昔ある写真家とつきあいがあり、足げく夕張市に出入りしていた。その御仁、正論を 吐きながらなかなかに口の悪い人物で少なくない夕張市民から敬遠されていたが、「夕 張市破綻」を破綻の15年以上も前から予見し市内外に向けて発言をくり返していた。
 私の友人関係で夕張市職員も彼の巣(住宅とは言い難い廃屋を市から借りて住んでい た。)に出入りしていたが、敬遠の理由は「公序良俗に反する傾向がある。」という所 らしかった。今や北海道炭坑遺跡のNo.1写真家と目されている風間健介氏だ。
 写真家は、「公序良俗を口にする連中が夕張市を破綻に追い込んだ」と確信を持って いることだろう。為政者や公務員は“公序良俗的なだけで”あぶなつかしい。

 さて、私たち一般の保護者が百万言費やしたとしても、法に守られた組織であるPTA 協議会にとっては痛くもかゆくもないだろう。また、教育委員会という行政機関に対し ては、ものを言えば言うだけ“唇が寒く”なる。
 「子どものために」なることが、どうして嘘を言ったり言うべき言葉を隠したり、法
を隠れ蓑のように使わなければならないのだろう。疑問や矛盾を論理的に追及する(私 の発言ではない)だけでは、“既得権益”を享受する組織の体質は変わらない。つまり 「理屈は通らない」それが、私の「PTA組織は暴力団的」と断ずるワケである。

 単位PTAの総ての保護者にお尋ねする。
 PTA活動に疑問を感じている保護者も、PTA 活動をエンジョイしている保護者も、義 務感をもってPTA に入会している保護者をも含めて、義務教育の現場に当然のことで ある「PTAへの入会・非入会は、保護者と教師個々の自由であり基本的権利である。」 との認識を定着させることが必要と考えませんか。
 単位PTAも区P連も市P協も、これまで市P協事務局長:相馬武雄氏が「基本的な
こと」とすることを保護者に伝えてこなかった。しかも、引用させていただいたブログ
「PTA炎上」の中澤氏はじめ、ネット上のPTA問題のほとんどが「半強制的な入会」
や「PTA会費の、給食費や教材費との一括引き落とし」を問題として取り上げています。
 私は、そのことを問題と思わないわけではないが、それらがこれほどにネット上を賑
やかにさせるまでの要素とは考えていない。
 おそらく問題は、「PTA組織の強引な運営法」とか「役員の無思慮な言動」、さらに
は「一部役員の校長贔屓」や「学校運営への干渉や圧力」「政治的な傾向」などなど、 PTA 本来の「子どものために」という理念を感じさせない、“PTA体質”“PTA活動” であり、単位PTAからPTA協議会にいたるまでの“組織体質に対する抵抗感”だろう と考えます。
 少なくない保護者が感じているはずの“抵抗感”や、意味を感じられないPTA活動
から受ける“精神的負担”が、どうして「子ども達のため」になるのかを考えてみませ
んか。“抵抗感”や“精神的負担”が高まると争いごとになる可能性があります。
 面倒な争いごとになる前に、入るも抜けるも自由であることを前提として、単位PTA
運営を見直し、身の丈に合ったスタイルに作り替える必要があるのではないでしょうか。

 これまで私が教育委員会やPTA協議会に問合せをくり返し、市長に直訴状をしたた め、インターネットで文部科学省を訪ね、全国のPTA事情を調べ、駄文を綴り全小学 校校長に向けた提言書を送り、教育委員会やPTA協議会役員に質問をくり返し、10 万字にのぼる連載を書き散らかしてきたのは、たった一つ「PTAへの入会非入会は、保 護者と教師個々の自由であり基本的権利である。」ということを“一般的社会通念”と したい為なのです。
 “あるべき社会通念が欠落した環境”では、「子ども達への真の教育」などできるは
ずかないと確信する。(了)
 


  *札幌市PTA協議会ホームページアドレス
  http://www.sapporo-pta.gr.jp/organization/joining_school.html
  *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体