札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■【改定・PTA組織の解体-あとがき-1】

 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
 
 私は今年62才になった。10年前ころから、もう若い頃のように熱くなることはない
だろうと思っていたが、昨年息子が小学校に入学し、長年疑問や腹の立つことを感じて いたPTA現役を体験し、久しぶりに燃えた実感がある。

 20年近く前にも同じような抗議行動をした記憶がある。そのときは市役所職員から 「北海道のギタリストは怠けている。」との専門ギター機関誌(全国誌)での批判だっ た。当時その職員は「文化課」に勤務していて、文化課はすでに「ギター音楽祭」とい う企画を開催していた(現在規模を縮小して“芸術祭行事”として継続している。)の で、抗議文を文化課に送りつけ、音楽祭当日教育文化会館横の歩道で抗議文をおいて路 上演奏をしたりした。報道関係にも告発文を送ったが、取り上げるほどの価値はなかっ たのだろう。文化課も「就業時間外での活動で問題はない。」との回答だった。その職 員、まだ定年退職の情報を得ていないので、多分まだコンサートホールKITARAに在職 中だろう。
 しかし、個人名こそ記載されてはいなかったものの“ギタリスト”は私の職業である。 もし、破綻前の状況で「(拓殖)銀行は怠けている」「(丸井今井)デパートは怠けて いる」という表現だったらどうだろう。就業時間内であろうと時間外であろうと、大
問題になるのではないか。札幌市職員の社会性の欠如とか、大企業と自由業に対する職 業差別意識としか言い様のないことと考えて抗議したが、当時は“熱くなるだけ”の自 分しか持てなかった。

 そのとき以来、私は札幌市を猜疑的にしか見ないことにしてきたが、今回は時間をか けて準備(?)してきたつもりであり、『うまくいくかな〜』と半信半疑のところはあっ
たものの、今のところ考えてきたいくつかのプランに無理のない状態を感じている。
「今のところ」と言うのは、この行動は“道半ば”であり、「PTA組織解体」実現には
おそらく今後数年の時間を費やさなければならないと考えているからである。
 息子を授かって以来、教育委員会・学校の情報を集めながら、PTAに対する行動をど うするか考え続けてきたが、これほど早くこの連載を公開することになるとは思ってい なかった。参考資料の収集などの作業にも少なくない時間を割かなければならなかった が、改めて「ネット時代」である実感を高めることもできた。
 文部科学省はもとより、各PTA団体のホームページ、個人のブログサイト、全国の
単位PTA状況などなど、あらゆる情報が24時間入手できる。私は“99.9%の高純度” で(!)思いついたときにパソコンの前に座るだけで良く、作曲・編曲作業よりも余程 に効率良く時間を過ごせた。

 当初、M小学校PTA、PTA協議会、教育委員会などに対して別個にアプローチをして、 矛盾点や疑問点をジミに(!)抽出する作業をしなければならないだろうと考えていた が、M小学校PTA会長が札幌市PTA協議会の役員をしていたラッキーもあり、私が考 えていた時期よりかなり早くにPTA組織の常套手段である“恫喝行為”と“PTA協議 会と異なる情報”を提供していただいたおかげで、行動を急展開(!)しなければなら なくななった。せっかく提供していただいた材料であれば、“賞味期限”こないうち に料理するに限る。しかし、想定内のこととは言え、1年ほど先に考えていたことを処 理するのはかなりハードなことで、少々ならず本業にあてる時間を削らなければならな かったのが尾を引いている。
 PTA協議会と教育委員会への質問を“時間稼ぎ”にも使いながら回答にある新たな情 報を整理し、得た回答の矛盾点や疑問点をさらに整理しながら連載をプランし、学校側 とできるだけ無理なく折衝しながら、教育委員会・PTA協議会に私の行動を逐一知らせ て反応を見る……本業をそっちのけにして、よくもまあマメにやったものだと思う。

 全国の“単位PTA関係問題”をネット上でのぞき見するかぎり、問題の顕在化を見
てからの“抗議行動”や“反PTA運動”になっているが、「PTA加入・非加入は任意」
の当然の成果を得た学校や、ある次元での問題解決を見た学校の情報はネット上には見 出せないだろう。また、ネット上目にすることができる情報についても、抗議行動をお こした保護者や問題を持つPTA役員の児童が小学校課程を終了すると、何ごともなかっ たかのようにその後の情報は途絶えるのである。
 つまり、PTA上部組織にとっては文字通り“何ごともなかった”結果にしかならず、
今日までの“PTA体質を育むことになってきた”と考えるので、私は先ず“半ばド〜で
もよい事柄”も含め、例記して教育委員会とPTA協議会に“ごあいさつ”することか
ら始めた。良くも悪くも、変化の兆があればプランの変更も考えていたが、幸か不幸か 旧態依然。

 一つの方法として「司法に訴える」こともプランにはあったが、PTA問題に限らず司
法の手を借りる行動は個別の問題に対してしか結果を得られず、本文中にも記したよう に、PTA上部組織の“存否”には「社会教育法12条」を適用する判断しか得られない だろうし、“組織体質”に関してなど「単位PTAの内部解決」を指導されるに留まる はずである。どちらにしても、PTA組織にとっては“痛くもかゆくもない”結果にしか ならない。ただ、後者は「単位PTA内部に対立・敵対関係」を作りだす可能性がある にも関わらず、司法はそこまで洞察した上での判断は今のところ下していない。
 もっとも裁判など、「裁判員制度」なるものを設けて、専門職を放棄する方向での方
便を持たざるを得ないほどに“低質化した状態”では、国民の利益や権利を保障する判 断をあてにはできないし、提訴は学校現場を騒がしくするのが関の山だろう。(続)

 
  *札幌市PTA協議会ホームページアドレス
  http://www.sapporo-pta.gr.jp/organization/joining_school.html
  *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体