札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■【改定・PTA組織の解体-あとがき-2】
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
 いく通りかの方法を考えたが、PTA問題はPTA組織の体質をえぐり出すことから始
めるのがベターと考えた。単位PTAの“個別闘争”や“条件闘争”といった類いの問
題提起では、文科省はじめ各自治体の首長も教育委員会も、マスコミすらも真剣には対 処してはこないはずである。
 M小学校PTA会長には「行動手段としてマスコミの力も借りる。」と伝え、一度だ
け札幌市内の全新聞社・放送局に通知したことがあった。M小学校PTA会長・教頭同 席で「PTAへの入会・非入会は保護者の自由である」の回答を得たとき、一時の言い逃 れにさせないためにマスコミに知らせ、マスコミに知らせたことを教育委員会やPTA協議会にも通知したもので、通知を切っ掛けにしたマスコミの対応を期待したわけでは ない。
 PTA協議会は「マスコミは対応しない」ことを知っていて、実に絵に書いたように教
育委員会とPTA協議会の“油断”を引き出せた(と思っている)ので、私としては
“怒っているふり”をしてどんどん行動を発展させれば良かった。
 この行動は今後9年間継続しなければならないかも知れないが、私の考えている方向 への賛同者から、新しい情報、個別の単位PTAの状況提供などが得られるだろうと考 えている。情報を提供してくれる人達との連携や団体行動をとるつもりはないが、それ らの人達に「個人で行動することのノウハウ」は提供するつもりであるし、効果が判断 できれば援護射撃にも労を惜しまないつもりでいる。
 10人まとまっても100人まとまっても、まとまって行動や意見をしても「1件」
としか認識しない役所だが、10人、100人が個別に抗議すると、「10件」であり
「100件」とカウントせざるを得ない“役所習性”は大いに活用すべきである。

 現在、私のホームページをリニューアルして下さる話しがあり、PTAに関するブログ
新設を検討していただいている。PTA組織が現状を続けるなら、現在札幌市内にある 「反PTAブログ」を、もう一つ増やすことにならざるを得ないだろう。
 また、本文中に「無断引用」させていただいた「PTA炎上」ブログでは、対象の学校
長やPTA組織に対しては本名を上げて事態を公にしている。本連載冒頭に記したよう に、私も自分のブログではそうするべきと考えている。
 既存の多くのブログでは、“個人情報の尊重”を意識してか“ハンドルネーム”と呼
ばれる“匿名手段”を使うため、中にはPTA団体サイドの“つぶし要員”からの投稿
と思われる書き込みが少なくない。さらに「言いたい放題」で、「やりたい放題」の
PTA組織と同質の“反PTAブロガー”もいるのは“匿名手段”の弊害であろう。より
多くの情報を集め公にするための“匿名手段”であるとは理解するが、本名を名乗らな い人の情報には“眉つばもの”の情報もあると感じられる。個人的には、そのようなと ころに位置したくない。本連載にも私の本名とメールアドレスを明記しているのは、そ の意志の表明である。

 本連載の内容は、どなたに使っていただいても問題ない。いずれ総ての登場人物を本 名にした「改定版」を小冊子にして札幌中に広めようとプランも立てている。
 できればその前に、PTA組織なり教育委員会や札幌市などが対処してくることを願っ ている。そうでないと、抗議文や提言書のコピー代金や郵送代と同じに、またまた生活 費を切り詰めて経費を捻出しなければならないハメに陥るのである。
 ある出版社は、私の曲集を出版した“印税”も支払おうとせず、札幌市から演奏や執 筆依頼を受けても微々たる収入しか得られない。貧乏生活は、本業の中でも強いられて きた。教育委員会には「またまたお金を使わせるつもりか」と文句を言ったが、「お前 が好きで貧乏してるんだろ〜」くらいにしか思われていないだろう。
 違う(!)、貧乏生活をしながらでも、しなければならないと感じたことをしている
だけだ。仕事をいくらしても、貧乏が解消しないだけだ。ワーキングプアは私にもあて
はまる。誰が悪いわけでもないが、これ以上余計なお金を使わせないでもらいたい。
                          平佐 修 2010年12月1日

 <追記>
 ●2010年11月、『2010年4月に文部科学省の事務連絡において“任意加入の団体
であることを前提”としたPTAでなければ表彰できなくなる』という通達をし、2011
年度から実施の可能性がある情報を入手。(文部科学省『優良PTA文部科学大臣表彰』 についての基準改定

http://pta.my-sv.net/text/pta_site_kanri.html

 ●2010年2月11日に横浜で行われた「PTAについてのシンポジウム」(朝日新聞
の2月21日付朝刊)において、文部科学省の神代浩氏が「文科省としては少なくとも
教育委員会の職員と校長に対しては、PTAは任意加入だということをきっちり広めるた めに一歩でも二歩でも努力したいと思います。」と発言した情報を入手。

 ●2010年11月、京都府教育委員会のPTAガイドブックで「入退会自由の周知を明
記」した情報を入手。

 ●2010年11月23日、札幌市教育委員会を訪問した折りには、「PTAに対しては、
社会教育法12条によって“入退会自由の周知”に関与できない。」との認識でした。
また、PTA協議会及び区PTA連合会が「“札幌市教育委員会外郭団体”PTA協議会
(及び)連合会」の名称を使用についても、「社会教育法12条によって、PTA協議会
及び区PTA連合会のすることについては何も言えない。」との回答でした。

【PTA問題関連サイト紹介】

『とまての実験室』

http://www3.kcn.ne.jp/~tomate/text/reducePTAwork.html


『素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA』
http://pta.my-sv.net/
http://pta.my-sv.net/cgi-bin/link_collection/link_registration.cgi


『PTAは「新しい公共」を切り拓けるか』
http://pta-forum.seesaa.net/


『オンライン署名サイト 署名TV』
http://www.shomei.tv/project-1539.html

*札幌市PTA協議会ホームページアドレス
http://www.sapporo-pta.gr.jp/organization/joining_school.html

*平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体