札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
続・PTA組織の解体
 「PTA退会届
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■【改定・PTA組織の解体-退会届】
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
  添付ファイルを開く PTA退会届/'11.2.15-TXT 開く

【退会届】                             

 札幌市立手稲宮丘小学校PTA会長:澤井 玄 様 
 
                           私、平佐修は、 
平成23年2月14日をもって札幌市立宮丘小学校PTAを退会いたします。 
 
【退会理由】 
 
1、少なくない保護者が、「自分の子どもが小学生になると、PTAには入 
 るもの(入らなければならないもの)と考えていた(現手稲宮丘小学校 
 PTA役員・副会長を含む)」と私の質問に答えました。 
  貴方は、私の指摘を受けて「入学式のPTA説明会」において口頭で  
 「任意団体」である旨を新入学児童の保護者に説明したにも関わらず、 
 PTAだよりで「PTAに入会しない保護者および生徒をPTA主催の学校内 
 行事に参加できない(させない)」と通知したことは、PTAに入会した 
 くない(できない)生徒・保護者を「学校内で差別する」意思であると 
 受け取れます。 
  「差別される」と受け取った保護者が、差別されたくない気持ちで入 
 会することを見込んだ軽率な発言であり、そのような発言は「保護者に 
 対する強迫である」と認識せざるを得ません。 
  保護者意思の「任意性」を踏みにじる表現であり、=小学校「父母と先 
 生の会」(PTA)大二次参考規約[1954]=の「規約第六条」(後述) 
 にも違反する行為です。 
  差別や強迫を公然と発言する会長の君臨するPTAには所属できません。 
 
2、貴方は「過去に市P協・区P連を脱退した単Pがある」と私に言いま 
 したが、市P協事務局長:早藤弘泰氏は「脱退した単Pはない」と、私 
 の質問に回答してきました。 
  どちらかが嘘を言っていることは間違いないのですが、市P協広報担 
 当である貴方も市P協事務局長も1年以上経過した今日まで訂正をしな 
 いことは、私個人を無視・愚ろうしただけでなく、単P会員の疑問に誠 
 意をもって対応しない組織の本質をさらけ出し、札幌市のPTA組織が如 
 何にいいかげんな運営をしているかを証明できるものでもあります。 
  そのような保護者に対して嘘を言い愚ろうする単P会長及び上部組織 
 の役員が運営する団体には、末端にも所属する気持ちはありません。 
                                                                   
3、市P協事務局長:早藤弘泰氏は、私の「PTA は任意団体であるなら入 
 退会の自由が保障されていなければならず、市P協として保護者にその 
 旨を伝える必要があるのではないか」との問合せに、「“保護者のPT 
 Aへの入会・非入会は,自由である”は基本的なことですし,当協議会 
 が,同趣旨の通達をすることは筋違いでもありますので,通達する考え 
 はございません。」と回答をよこしました。 
  ところが前述札幌市立宮丘小学校PTA副会長のお一人は、「知らなかっ 
 た。PTA には入るものと思っていた。」と回答し、私の多くの知人友人 
 達も「知らなかった。入らなければならないと思っていた。」と答えて 
 います。 
  さらに市P協事務局長:早藤弘泰氏に「どのような方法で“保護者の 
 PTAへの入会・非入会は,自由である”を通知しているか」との問合 
 せをすると、全く回答をもらえなくなり今日に至っています。 
  また、市教委にも同じ質問をしましたが、「社会教育団体には干渉で 
 きない(趣旨)」の一点張りで教育現場の混乱の可能性を意に介してお 
 りません。この教育委員会およびPTA協議会の保護者への対応は、本州 
 方面におけるPTAに関する教育現場の混乱と同じプロセスです。 
  回答やメールの回答をしてこないことは、前項同様、保護者である私 
 を無視・愚ろうする行為です。また、教育現場の混乱を察知・類推でき 
 ない役員が運営する組織には、非常に大きな危険性を感ずるため在籍を 
 継続することはできません。 
 
4、PTA協議会会長:山本清和氏は「(PTA協議会は)各単位PTAに対 
 して、直接何らかの施しをすることはない」とか「私たち(PTA協議会 
 は)は奉仕団体ですが、慈善団体ではありません。」とPTA協議会ホー 
 ムページの就任挨拶で公言しております。 
  つまり「市P協は、単Pには何もしません。」と言いつつ、PTA会費 
 のほぼ半額を“上納金(分担金)”として負担させています。この“上 
 納”という言葉は市教委職員からも聞いた言葉です。 
  そのような傲慢なあいさつをする人物が会長に就任し、“上納金(分 
 担金)”を納めさせて何もしない組織の感性は容認しがたいものであり、 
 前時代的非民主性を強く感ずるため、末端にでも所属できません。 
                                                                  
5、また山本氏は「教員の採用や教科書の選定から給食費の価格、さらに 
 社会教育の指針など様々な分野でPTAの意見が求められており、市P 
 協の役員はじめ理事、監事は、献身的にそれらの要請に答えております。 
   私たちは、札幌市の教育に対し、とても大きな影響力と責任のある団 
 体です。」と、「社会教育法12条」を盾にして好き勝手な放言・行動 
 をし、札幌市の教育行政に大きく関与していることを明言しております。 
  市教委に前述「教員の採用や教科書の選定から給食費の価格などの意 
 見を市P協に求めているか」と問合せをしましたが回答はありません。 
 市教委と市P協の“もたれあい”を強く感ずるところです。 
  保護者の一人として、PTAを「教育行政に大きく関与する組織」とは 
 考えていませんので所属する意思を持てません。 
  教育行政に大きく関与するPTA協議会を危険な組織、山本氏を危険思 
 想を持つ人物であると感ずると同時に、危険なPTA協議会に連なること 
 を義務教育を受ける児童の保護者として容認できず、山本氏を選任した 
 役員の見識にも甚だ大きな疑問を感ずるものです。 
  危険を感ずる人物や見識の低い組織人の存在する団体には、如何なる 
 理由があっても末端にでも所属する意思はありません。 
 
6、市P協・区P連は、インターネットで「札幌市役所教育委員会外郭団 
 体」を標榜しております。 
  教育委員会に問い合わせたところ「市P協は外郭団体ではなく、任意 
 団体である」旨回答してきました。「“札幌市役所教育委員会外郭団体” 
 名称を使うことには違法性を感ずる」と市教委・市P協両者に指摘をし 
 ましたが、市教委は「社会教育団体のすることには干渉できない」との 
 一点張りです。これも“もたれあい”の証左と考えます。 
  また、同じ問合せをした市P協は無視状態を続けており、1年以上を 
 経て名称の訂正(変更)が行われていないままになっています。 
  貴方は、そのようなまやかしをする組織の「広報」の任についていま 
 す。教育機関の極近に位置する組織の役員につきながら、自らの組織の 
 姿勢を正すことをせず、社会に対して背信的・背徳的な団体運営を容認 
 していることに大きな違和感を感じます。 
  社会に対して背信的・背徳的な団体運営を継続する団体には、末端に 
 も所属する意思はありません。 
                                                              
7、文部科学省は昨年4月、「文部大臣優良PTA表彰審査基準変更の文部 
 科学省事務連絡」(平成22年4月26日、都道府県教委宛通達)「任意 
 加入団体の保護者に対する伝達をしていない単Pは優良PTA表彰の資格 
 がない(趣旨)」の表現で、事実上「保護者のPTAへの入会・非入会 
 は,自由である」を基本としないPTAが数多くあることを認識する内容 
 の「事務連絡」をしています。 
  「事務連絡」は、道教委から平成22年5月19日付けで市教委に下ろ 
 されています。 
  市P協会長:山本氏は「札幌市の教育に対し、とても大きな影響力と 
 責任のある団体です。」と自負し、市教委は「教育行政に欠かせない団 
 体(趣旨)」としていますから、前述「文部科学省事務連絡」の存在を 
 山本氏が認識していないはずがありません。 
  市教委は「学校やPTA組織には通知しない」としていますが、行政機 
 関としての認識が疑われたため、僭越ながら私が「教育委員会に変わっ 
 て」市P協と手稲宮丘小学校に通知しました。 
  道教委から市教委に通達された昨年5月19日から8ヶ月以上を経て 
 単Pへの通達が実行されていないことは、「市P協の市教委に対する抵 
 抗や両者のもたれあい」を強く感ずるもので、結果的に「文部科学省事 
 務連絡」は市教委段階に留め置かれ、学校や単Pへの通達は行われない 
 可能性が大きくなっています。 
  これは貴方や手稲宮丘小学校PTAだけの責任ではありませんが、PTA 
 協議会会長:山本清和氏の社会教育委員としての見識は疑わざるを得ま 
 せん。 
  また、市教委は市P協へと同様に、「文部科学省事務連絡は市町村へ 
 の通達が目的であり、単Pへの通知はしない。」としていますから、文 
 部科学省事務連絡が「推薦資格となる前提の任意加入」を保護者に周知 
 していない(できない)単Pを「平成22年度の推薦団体」としたこと 
 になります。現在「市民の声を聞く課」に確認をとっています。 
  現在、札幌市内の小中学校で「PTAが任意加入の団体」である表明を 
 している(被推薦資格を持っている)のは、私の把握しているかぎりで 
 は貴方が口ごもりながら「任意団体表明」をした手稲宮丘小学校ただ  
 1校と認識します。                                              
  これは教育行政の末端機関が大元機関の指針を無視していることであ 
 り、真剣にPTA活動をしている会員に対する欺瞞行為でもあります。 
  文部科学省事務連絡を年度内に単Pまでの通達を目指さない市教委の 
 欺瞞を発端としていますが、いい加減な組織運営をする市P協役員が会 
 長に君臨する単Pには、1日たりとも所属する気持ちはありません。 
 
8、前項「優良PTA表彰審査基準変更」は現文部科学省の事務連絡ですが、 
 前述旧文部省の=小学校「父母と先生の会」(PTA)参考規約(昭和29 
 年)=にも「PTAが民立団体である限り、会員になることも、会員に止 
 まることも自覚に基づく個人個人の自由であって、いささかも強制があっ 
 てはならない。(規約第六条)」(出典:大阪教育法研究会)としてい 
 ます。 
  「子どものために」を標榜しながら、PTAの成り立ち(歴史)を認識 
 していない役員による運営や、新入学児童(とりわけ長子)の保護者に 
 対し組織の成り立ちやあるべき姿勢を説明しない(できない)役員のい 
 る組織には関わる意義を感じません。 
 
 *4、6〜9項については市教委に最も大きな嫌悪を感じますが、私たち 
  義務教育を受け入れなければならない者にとっては、教育委員会の選 
  択肢がありません。 
 
 以上8項目の理由により札幌市立宮丘小学校PTAを退会しますが、この 
退会届を、市P協会長や役員への質問状と同じに「受け取りの拒否」ある 
いは「投棄」などの手段で無視される可能性を大きく感じます。 
 市立手稲宮丘小学校PTA会長である貴方へ学校気付で書留郵送すると同 
時に、道教委・市教委・市P協・市立手稲宮丘小学校校長・市立手稲宮丘 
小学校PTA平成22年度副会長にも何らかの手段で通知し、私のホームペー 
ジでも全文実名で公開、さらに札幌市内の不特定メディアにこれまでの全 
資料を添付して通知いたします。 
 私のホームページでは、特定の音楽データ以外はアクセス及びダウンロー 
ドに規制を設けていません。本州方面のPTA問題取り扱いサイトからのア 
クセスも自由になっており、複数のサイトとの相互リンクを行っているこ 
とを書き添えます。                                                
 また1週間以内に、澤井会長から「受理」の通知が無いときには、札幌 
市外の複数のマスメディアにも「退会届」の写し及び全資料を郵送するこ 
とも書き添えます。 
                        平成23年2月15日 
 
                     平佐 修(自筆署名/印) 
                     **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  ** 


 

 

PTA組織の解体