札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■続・PTA組織の解体(1)  「PTA退会届」-1
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1
 


 2011年2月15日、次のような内容で息子達の通うMO小学校PTA会
長へ「退会届」を郵送した。
 “PTA退会届の出し方”をあるインターネットブログで見ていたが、そ
んなモノに郵便代をかけなければならないワケないだろ〜?……くらいに
しか思っていなかった。子ども達を毎日のように“郵便配達代わり”に使っ
ているPTAなのだから、“かる〜い気持ちで”子供に「先生(担任)にハ
イッて渡してくれ。」くらいでいいだろうと思っていた。
 いざ“提出”しようとと思って考えると、質問状に回答もしないで送り
返してくるPTA協議会会長はじめ役員の皆々様である。担任教師、あるい
は校長に「その類いのものは投棄するように。」くらいのご指導をしてい
るかも知れないし、私が札幌市立小学校全校PTA担当教師に宛てた「提言
書」のように、PTA担当教師から校長に渡って“お・わ・り”という事態
の可能性も考えられたので、やはり「書留(配達証明付き)」で出すこと
にした。
 ちょうど1年前の「提言書」は“校長で止まるはず”と予想して出した
がものだが、今回はそれでは「送ったの、受け取ってないだの」と枝葉末
節で時間稼ぎされるのはしゃくに障るし、年度末で任期満了の現会長に
「とどこおりなく卒業(?)」されちゃうのも業腹なので、ちゃらんぽら
んな教育委員会に「徹底的にやるぞ!」という意思表示をする意味でも確
実に年度内に会長に渡ることを目指した。……ったく、お金のかかること
である。こちとら正真正銘の“貧乏人”なんだぞ!
 校長先生から「確かに手渡しました。」とのご連絡をもらい冷汗。
 同時に副会長への退会趣旨説明も送っているのだから、社会通念として
PTA組織内のことは連絡は副会長からもらうべきでは……と思ったが、役
員にしても校長にしてもおそらく初めてのことで気が回らないのだろう。
 「受理の通知(文書)はPTA役員の方からいただいたほうが納得できま
す。」とだけお伝えした。
 
 「退会届」を決心する切っ掛けは、本州方面のPTA問題を全国ネットで
公開しているサイトから提供していただいた「平成22年度優良PTA文部
科学大臣表彰」に関する「調査票の内容を変更する旨の事務連絡(文部科
学省)」にあった。
 その事務連絡には、“変更理由として”と読み取れる文章
 「PTAが任意加入の団体であることを前提に、できる限り多くの保護者と教師が主
体的にPTA活動に参加できるよう組織運営や活動内容の工夫をしている団体を適切に 評価できるようにするものです。」があり、「優良PTAの推薦にあたっては、変更点 をご確認いただくとともに、[以下の点]に注意して審査・推薦いただけますようお願 いいたします。」 と続いている。([以下の点]は省略)
 
 ちょっと待って下さいよ〜。私の記憶に間違いがなければ、私の問合せ
に札幌市PTA協議会は
「保護者のPTAへの入会・非入会は,自由である。は基本的なことですし,当協議会
が,同趣旨の通達をすることは筋違いでもありますので,通達する考えはございません。
(平成22年4月20日)」
と私に回答しているんですよね〜。
 そんな“基本的”なことを、なぜ文部科学省は今さらのように「事務連
絡」としなければならないのだろう……と考えました。
 すぐに得心できる理由に行き着き、息子達の通うPTA副会長宛の退会届
説明に次のように書きました。
 
 「全国的にPTA組織に関わる問題が噴出している状況に、文部科学省が社会教育法 12条に抵触しない(道教委)方法でPTA状況を改善する意図を持った通達であると 考えています。」
 
 私のような“保護者初心者”でも考えられる理由ですから、海千山千の
PTA組織人たちには“一目瞭然”だったでしょう。教育委員会から知らさ
れた札幌市社会教育委員のPTA協議会会長は、当然のごとく霞が関官僚を
見習って“抵抗”することにし、その方法が教育委員会に対する私の問合
せに
 
「当該事務連絡は、優良PTA文部科学大臣表彰要項の改正の趣旨を市町
村教育委員会に周知をさせることを目的として発出されたものであること
から、札幌市教育委員会から市立小中学校及び市立幼稚園並びに札幌市P
TA協議会、各区PTA連合会に送付する考えはございません。(札幌市
教育委員会)」
 
と回答させることに成功し、「事務連絡」内容を記述した1ページ目を市
教委に留め置き(握りつぶし!)することにした……と推測しましたね〜。
 もし私の推測が“ピンポ〜ン”なら、教育委員会がPTA協議会の“下部
組織”に成り下がっている状況と言える。
 早速市教委に再質問メールを送り「退会届」を郵送、道東の友人には
「文部科学省も罪作りで他力本願な手段をとったものです。」
と事務連絡について知らせました。(続)
 

 

PTA組織の解体