札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■続・PTA組織の解体(2) 「PTA退会届」-2
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
 

続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2
 その「事務連絡」は平成22年4月26日付けで都道府県教育委員会に
発出され、北海道教育委員会は私の問合せに「平成22年5月19日付け
で市町村教委に発出した」旨回答をくれたが、そもそもこの「事務連絡」
は何を目的にしたものであったかが明らかにされないかぎり、受け取る側
に予断を持たせることになる。
 現に札幌市教育委員会は「市町村教委に対する通達である。(前述)」
として学校や単Pには「通達しない。」と言い切っているし、札幌市PTA
協議会は「入会非入会は基本的なことですし,当協議会が同趣旨の通達を
することは筋違い」としているので、私のように意識立って調べないかぎ
り「基本的なことになっている“前提”」など知りようがない。
 私に対して嘘ばかり言ってくる札幌市PTA協議会だと思っていたが、
PTAへの「入会非入会は基本的なこと」という真実も言っていたんだ……
とちょっとは見直したい思いだが、単Pの一般会員までの周知が実行され
ていない現実では、やはり“詭弁”としか受け取りようがない。
 
 この文部科学省“発出(ナンデ役人達はこのような日常的でない言葉を
使うのか?)”の「事務連絡」の存在を私が知ったのは昨年の11月26
日のこと。
 その4日前の11月22日に、私は「札幌市教育委員会生涯学習部生涯
学習推進課 」を訪ねて、それまで同課や市民の声を聞く課・PTA協議会な
どからの回答を元に「子供を持つすべての保護者に、PTAは“任意加入の
団体”であることを周知するように申し入れをしていた。
 その時点でも「市教委としては通達しない。」というスタンスを崩して
いなかったので、“「事務連絡」は市教委に止め置かれているだろう”と
の予想はできていた。
 単なる予想ではないと思っているが、念のため道教委に確かめてみた。
 
北海道教育委員会 生涯学習課 御中
 
(前文省略)
 文部科学省から、平成22年4月26日付けで各都道府県教育委員会に送られた「平成 22年度優良PTA文部科学大臣表彰についての“事務連絡”」についてお尋ねいたします。
 
 “事務連絡” 中に「PTAは任意加入の団体であることを前提に、できる限り多くの保 護者と教師が主体的にPTA活動に参加できるよう組織運営や活動内容の工夫をしている
団体を適切に評価できるようにするものです。」という文言があります。
 その “事務連絡” について、京都のM氏より「各市町村教育委員会に通達、もしく
は連絡をしたかどうか(趣旨)」の問い合わせが貴北海道教育委員会にあったと耳にし ており、貴北海道教育委員会は「検討後送る」との回答をしたと聞いております。
(*訂正:「京都のM氏」とあるのは「奈良のM氏」の間違いです。)
 
質問1) その検討をされたかどうかについてご回答ください。
質問2) また、検討後、道内各市町村教育委員会に事務通達に上記文言を含めたかど うかもご回答ください。
 参考までに東京都教育委員会の事務連絡は下記の通りであります。
 「上記のこと(PTAは任意加入の団体という文言)に注意して、優良PTAの選考を行 うようにしてください。」との都教委としての文言をつけ、「事務連絡」として伝えま
した。今日(平成22年5月13日)、メールで各市区町村教委に送っています。」<
( )内平佐注釈>
 
質問3) M氏の「上記文言(PTAは任意加入団体)を市町村教育委員会に “事務連絡” するか(趣旨)」の質問に対して、貴北海道教育委員会の回答は「任意加入は当然のこ とで、改めて周知する必要はない。(趣旨)」であったそうですが、それで間違いない
かどうかにお答えください。
 参考までに申し上げますが、私たち(知人友人を含む)は「任意加入団体」である通 知は受け取っておらず、私の息子の通う小学校のPTA副会長(複数)も「任意加入団体」 であることを知りませんでした。
 
質問4) 貴北海道教育委員会が「任意加入は当然のことで、改めて周知する必要はな い。(趣旨)」としているなら、どのような形で周知を図っておられるかご回答くださ い。
 参考までに申し上げます。札幌市PTA協議会は同趣旨の私の質問に対し「任意加入は 当然のことで、改めて周知する必要はない。」と回答してきました。
 
質問5) 過日、前質問4)について札幌市教育委員会に質問いたしましたが、札幌市 教育委員会は「PTAは社会教育団体であり、社会教育法12条によって、その活動に干 渉できない。(趣旨)」旨回答してきました。
 貴北海道教育委員会として、「“事務連絡” 中の文言が社会教育法12条に抵触す
る」とはお考えになりませんか。
 
 年末年始を控え何かと慌ただしいことと思いますが、以上5項目についてできるだけ 早い時期にご回答いただきたくお願い申し上げます。
                               2010年12月24日
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com
(続)
 
 

 

PTA組織の解体