■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■札幌PTA組織の解体(6)【PTAって何ですか?(3)】

■札幌PTA組織の解体(6)【PTAって何ですか?(3)】


 この“保護者に我慢をさせる”ことが、自らの組織を「民主的組織(PTAハンドブッ
ク)」と言い得るのかどうか大きな疑問である。任意団体であるから、自らをどのよう
に社会的な位置づけしようと、どのように“自画自賛”しようと一向に構わない。法に
触れることさえしなければ、モラルだの常識だの人格だのと、おこがましい要求はする つもりはない。ただし、そんなものは学校外での活動に限定してもらいたい。
 我慢であるが、子供一人につき小・中学校合わせて9年間も我慢をし続けることにな る。しかし、我慢も数年たつと“PTAとはこんなもの”に変化し、“適当に合せる”意
識に変化する。数年もたつと「PTA組織の巨大さ」や「システムの複雑さ」などを知る
こともあり、子育てに追われる保護者にとっては「めんどうくさい」「ど〜でもいいこ
と」「言われることだけしていればいい」という気持ちになってしまうそうである。
 PTA組織は、そんな保護者の意識変化をうまく利用して組織維持を図っていると思わ れる。
 また、各学校の校長や教頭が、なぜ「教育委員会も対処しないPTA体質の改善を考 えなければならないのか」という疑問にも突き当たる。
 教育現場には常に問題が山積みされており、願わくば、保護者としては校長・教頭の みならず教師全員が、教育以外の事柄に時間を割くことを可能なかぎり減らしてもらい たいのである。そんなことは教師側では当前のことと認識していると思うが、現実には PTAは避けて通ることができない。教員免許を取得していながら、「PTA担当教師」と いう専任教師(クラスを担任しない。)を置いていること自体、『勿体ないと思わせ られると同時に、教育委員会のPTA組織に対する過度な気遣いを感ずる。
 
 モンスターペアレント的口やかましい保護者や、熱心すぎるPTA役員に対する対応
を心得る校長はそれほど多いとは思えないし、意識をもって対応できる校長も教頭も、 10年同じポスト(学校)にとどまることはない。任期の数年をかけて価値高い改善を 実践できたとしても、事柄がPTA組織の意向に合わない場合には、校長転出後簡単に 1年を経ず旧態依然に引き戻されてしまうだろう。
 組織というのはそれくらい“しぶとい”ものであり、学校(教育現場)という制限を
取り外すことの難しい校長・教頭には、「東京都・杉並区立和田中学校」校長のように 「PTA廃止」のような大変革(賛否は別)はなかなかできないものである。
 一方保護者は、転勤などの事情がないかぎり、子供1人でも6年間を1校ですごすこ とが多く、複数の子供を持つ保護者は少なくとも2〜3人の校長交替を見ることになる。 教育行政のシステムの問題もあるが、交替した校長のPTAに対する意識が異なる場合 には、保護者が混乱を感じなくてすむ保障はないのである。また、複数の児童をもつ家 庭の保護者が、「役員のなり手がない」ことを理由に複数年次にわたり役員を歴任する こともあり、学校側に対する発言力の強化につながる可能性もある。
 後述するが、現実に「単Pの学校側に対する発言」が、教師・校長の1生徒に対する 言動を左右したばかりでなく、私自身が確認している「発端となる発言をした保護者名」 を、学校側も教育委員会までもが「PTAの存在を確認できませんでした。」との報告書 を私に送りつけ終結させた「いじめ事件」がある。その教育委員会の対処のしかたを考 えると、おそらく記録も存在していないだろうと想像する。
 発端となった保護者の存在確認を避け、「なぜ未確認とせざるを得なかったか」を考 えると、「PTAと教育委員会の合意」もしくは「PTAの圧力によって教育委員会が出し た結論」としか考えようのない「いじめ事件」だったが、裁判にでも持ち込まないかぎ り真相は究明できない。
 それほどに教育委員会とPTA組織の関係は、もたれあいの構図を作り上げているの である。
 
 これも後述するが、そんな「もたれあい構図」の中で「校長の裁量権」を持ち出し、
札幌市PTA協議会の「依頼という名目の圧力」に対処させていることがある。
 教育委員会は、自ら対処することを避けるために「社会教育法12条」を盾にして手 をこまねくなら、各学校長には「PTAに対する発言(提言)を控えさせる指導」をする べきである。なぜなら、「もたれあい構図」の中では、校長はPTA組織の意向を汲み 取らざるを得ない立場に置かれるからである。(続)
 


              **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com


 

PTA組織の解体