札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


続・PTA組織の解体(6) 「PTA退会届」-6

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
 
 「平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰に係る通知につきましては、平成22年5
月11日付けで各教育局、札幌市教育委員会、北海道総務部人事局学事課及び教育大学 の関係機関に発出しております。」
 
とは何のことだろう? 「平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰に係る
“通知”」とは何を指しているのか?
 私が北海道教育庁に問い合わせたものは「平成22年4月26日付けで各
都道府県教育委員会に送られた「平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰
についての“事務連絡”」であり“通知”ではない。
 1月26日付けの北海道教育庁からの回答には「5月19日付けで同事
務連絡の写しを各市町村教育委員会に対し発出したところであります。」
とあるので、これは事務連絡を指している。
 そして「各教育局、札幌市教育委員会、北海道総務部人事局学事課及び
教育大学の関係機関」に向けて発出されたのが“平成22年度優良PTA文
部科学大臣表彰に係る通知”なのである。
 「事務連絡(写し)」と「通知」の内容説明がないので果たして異なる
ものなのか同一のものなのかを判断できないが、
 
「北海道PTA連合会、北海道高等学校PTA連合会、北海道特別支援教育関係PTA連 絡協議会、札幌市PTA協議会及び札幌市立幼稚園PTA連絡協議会の関係団体にも“通 知”をしております。」
 
なのだから、北海道PTA連合会、北海道高等学校PTA連合会、北海道特別
支援教育関係PTA連絡協議会、札幌市PTA協議会及び札幌市立幼稚園PTA
連絡協議会の関係団体などには「事務連絡(写し)」は送られていない可 能性がある。
 しかも、「通知をしております。」のあとに
 
「また、平成22年5月19日付け事務連絡につきましては、関係機関に発出しており
ます。」
 
とあるので“関係機関”には「事務連絡(おそらくコピー)」が送られて
いることになる。
 私はその「関係機関」が何であるかを問い合わせたのだが、そのことに
ついての明確な説明はない。問いかけてもいないことをべらべらしゃべる
類いのものを“回答”とは言わない。この様な回答を「まやかし」と言う。
 
 私も道教育庁の回答を真似て「また」を使ってみよう。
 また、札幌市PTA協議会及び札幌市立幼稚園PTA連絡協議会は“札幌市
教育委員会の行政区域内社会教育団体”である。道教育庁が札幌市教育委
員会の頭越しに何かの通知をすることは“越権行為”であると見える。何
のための行政区分であるのか。また、札幌市の教育委員会はプライドを捨
ててしまったのか?
 
 プライドがない……? いや、そんなことはない(!)。むしろ札幌市
の役人は“不必要なほどに”気位が高い。政令指定都市は一般的「市」と
は異なり、省庁から直接通達等を受け取る場合もあり、都府県に準ずる権
限を持つ行政区である。そんな政令指定都市役人にプライドがないなど、
あり得ない話しである。
 では、「なぜ“越権行為”と見える頭越し通知を容認したか?」である
が、優良PTA文部科学大臣表彰についての“事務連絡”については「札幌
市教育委員会から市立小中学校及び市立幼稚園並びに札幌市PTA協議会、
各区PTA連合会に送付する考えはございません。」と言い切ってしまっ
たため、推薦を受ける団体が“事務連絡”にある推薦のための“前提”で
ある「任意加入の団体」を保護者に伝えていないことがバレバレになるか
らである。
 道教育庁は
 
 「優良PTA文部科学大臣表彰要項(平成13年5月7日文部科学大臣決定)」を審
査基準とするため「『推薦された団体が、保護者に対して任意加入である通知をしてい る団体であることの確認』につきましては、同要項にに特段の定めがないことから審査 の対象項目とはなっておりません」
 
としている。
 私は要項のことを聞いているのではない。要項など文部科学省の担当が
変われば、気分一つで変更可能なものなのである。「保護者に対して任意
加入である通知をしている団体」は“前提”なのである。後述するが、こ
れが「教育委員会とPTA組織との癒着」の証明なのである。
 教育委員会がPTA組織に加担する(?)行為は、「続・PTA組織の解体
-8」に詳述するが、社会教育法12条
 
『国及び地方公共団体は、社会教育関係団体に対し、いかなる方法によっても、不当 に統制的支配を及ぼし、 又はその事業に干渉を加えてはならない。』
 
に抵触している可能性が極めて高い。
 
 さて、「優良PTA文部科学大臣表彰要項(平成13年5月7日文部科学
大臣決定)」は平成22年4月1日 に一部改正になっており、同年4月26
日に改めて「平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰について」の事務連
絡が都道府県教委に発せられ、その中に「PTAが任意加入の団体であるこ
とを前提に」と記載されている。
 ど〜も腑に落ちない。平成13年決定の審査の対象項目でないことはね、
審査書類を入手してますから解ってますよ〜。しかし、「事務連絡」は審
査書類の前にあって「前提」としてますよね。「審査項目」は“平成22年
4月1日 に一部改正”にもあるように変更のありうるものですが、前提で
ある“任意加入(保護者個々人の意志)”は『小学校「父母と先生の会」
第二次参考規約(昭和29年2月4日/文部省父母と先生の会分科審議会)』
でも以下のように記述されているのですよ。
 
 備考 七、「この会の会員となる者は」とか「……ならなければならない者は」とし
ないで「……会員となることのできる者は」としてあるところに「自由入会」の精神が
示されている。PTAが民立団体である限り、会員になることも、会員に止まることも
自覚に基づく個人個人の自由であって、いささかも強制があってはならない。(規約第
六条)
 
 平成22年4月26日付文部科学省「平成22年度優良PTA文部科学大臣
表彰についての“事務連絡”」の“前提”は、上記規約の順守を促すもの
ではないんですか? また、PTAに限らず、世の中のすべての手続きは最
新の内容で行われるものではないんですか?
 もし「私は昭和23年の生まれだから、当時の法律を適用して下さい」と
言ったらOKなんですか? 「改定後の法律は不利益だから、私は改定前
の法律を選択します」とかもOKなんですか? 「事務連絡」は法律じゃ
ないからド〜でもいいんですか? 文部科学省の「事務連絡」は、自治体
役人が勝手に省略したり選択したりできるものなんですか〜?
 私もやりますよ〜。札幌市はこう言っているけど、道から言われていな
いから無視します。とか、私は他国が好きだから、他国の制度に従います
……とか、コメディーにもならないじゃありませんか。
 北海道教育庁の言うことも、札幌市教育委員会のすることも、コメディー
以下でしかない。(続)

 

 

 

PTA組織の解体