札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■続・PTA組織の解体(7) 「PTA退会届」-7

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
 
 今日は3月4日。多分、北海道教育庁も札幌市教育委員会も、私の質問
には“無視”を決め込んだでしょうね〜。
 本連載の(5)を書いている最中にMO小学校校長から電話をいただい
た。「退会受理書の用意ができている」趣旨のものだったが、なぜ校長か
らなのか少々疑問を感じて、「受理書は役員の方からいただいたほうが私
は納得できます。」と伝え再連絡を待った。
 私はPTA会長宛に「退会届」を郵送している。本来ならPTA会長(もし
くは事務担当役員)から連絡を受け取らなければならない立場なのである。
何から何までちぐはぐな組織運営で、そんなことで子ども達のためになれ
るのか?……と聞きたくなるが、組織理念や意識の希薄さは札幌市PTA協
議会会長の就任あいさつを読んで、押して知るべしなのだろう。
 
 数日後「退会受理書」を受け取りにMO小学校へ行った。
 予想に反してPTA会長が先着しており、副会長の一人も同席、校長・教
頭の4人が待ち受けていた。
 なんか雰囲気がぎこちない。まあ、初めてのことであればしょうがない
のかも知れないが、私が「どうぞ」と促すまで話しが核心に向わない。
 ……こちとら時間に追われてるんだよ。チョットでも良いからサクサク
と運んでくれないかな〜……が、会長の表情が何度か会ったときの表情と
違う。校長にも促されて「受理書」を読み上げる声も違う。
 何が違う印象なのかをつかみたい気持ちで、読み終るのを待った。
 
平成23年2月22日
平佐 修(2年2組・1年1組)様
札幌市立手稲宮丘小学校
PTA会長 澤井 玄(手稲宮丘小学校父母と先生の会会長之印)
 
札幌市立手稲宮丘小学校
父母と先生の会(PTA)退会の受理について
 
 謹啓
 時下ますますご精鋭のこととお喜び申し上げます。平素よりPTA活動に対しまして
種々ご意見をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、2月14日付けで文書にてお申し出のありました標記の件につきまして、札幌
市立宮丘小学校父母と先生の会(PTA)退会を受理いたしました。
 平佐様の退会は残念ではありますが、PTAに所属するしないに関わらず、札幌市立 宮丘小学校に子どもが通う保護者として、子どもたちのより良い育ちを目指すことには 変わりはないものと拝察いたします。
 本PTAも各方面からの様々なご意見を伺いながら、よりよいPTA活動を推進してい
く所存でございます。ぜひ再入会いただけますようお願い申し上げます。
 なお、PTA会費等の手続きにつきましては別途ご連絡させていただきます。謹白
 
 読み終って、口頭で以下の事柄についての説明があった。
 
●ハンドブックを全面的に作り直し任意加入の団体であることを明記する。
●「PTAだより」で保護者に通知した「非会員の保護者と児童はPTA主催の行事に参 加できない」を「参加できる方向で」役員会で検討中。
 
 実におだやかに、これまでの会長と180度異なる方向の印象だった。
 これまでの経緯は別に、1つの組織を束ねる立場の人間としての威厳を
感じた。「退会届」を実名で公表していることもあり、会長としての責任
の取り方に敬意を表する意味で、「退会受理書」も学校名と会長名を実名
で公表する。
 
 “解体屋”としてはこれからが難しいが、その前に“手順”として、教
育委員会とPTA協議会を追及(!)しなければならない。
 教育委員会もPTA協議会も、『ゲーム脳の恐怖(森昭雄著・生活人新書)』
に似た症状を呈しているので容易には決着しないだろうと思うが、日本各
地に「任意加入」を明言する単位PTAが出てきているし、県や市の教育委
員会が「任意加入」を表明しているところもある。
 どんなに札幌市教委やPTA協議会が頑なに“任意加入隠し”をしても、
あと1〜2年のことだろう。私の保護者現役は、まだ8年間もある。
 
 札幌市教育委員会に以下のメールを送った。
 
 札幌市教育委員会 生涯学習推進課
 谷川 様  又は名無し 様
 
 情報漏れがありましたので差替えます。
 
 北海道教育委員会への問合せに解答が得られました。
 なお疑問点があるので再質問(添付ファイル)中です。
 
 私の得た「新情報」として、道教委に伝える前に貴教育委員会にお伝えしておきます。
 
●奈良県教委は、故意か過失か「事務連絡」を除いて、“残り(審査票)”を市教委に
送った。市民の問合せに「任意加入は原則ですから、入退会自由を開示していない
PTAは受賞(推薦?)不可能になった」と言い切った。( )内平佐補筆。
 
●文部科学省の神代浩氏(前文部科学省生涯学習政策局社会教育課長)は、2010年2月 11日に横浜で行われた、PTAについてのシンポジウム(朝日新聞の2月21日の朝刊で 報道)において「文科省としては少なくとも教育委員会の職員と校長に対しては、PTA は任意加入だということをきっちり広めるために一歩でも二歩でも努力したいと思いま す。」と表明。
 
●京都府の教委で出しているPTAハンドブックで、『PTAは全員参加が当然』とい
う書き方をしていたものを、今回(平成22年度)の改訂で、『入退会自由の周知』を
明記したそうです。
 
●札幌市立手稲宮丘小学校では、平成23年度のPTAハンドブックで『入退会自由』
を明記する。
 
 札幌市教委が後れを取ることのないよう期待します。
 
**  平佐 修                                   **
**  <<
hirasa-quit@mbm.nifty.com>>             **
(続)

 

 

PTA組織の解体