札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■続・PTA組織の解体(8) 「教育委員会体質」-1
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
 
 札幌市PTA協議会も札幌市教育委員会も、私のような“文句を言うやつ”
は単Pに始末させておけばよいと考えているように感じたので、何かの切っ
掛けを見つけて「退会届」を出し、あとは白眼視されながらでも“高みの
見物”を決め込もうと思っていた。
 ところが、「PTA組織の解体」を公開して間もなくから、本州方面から
のコンタクトが相次ぎ、様々な情報が入ってくるようになって、教育委員
会とPTA上部組織の“信じられない関係”まで知ることとなり、退会届提
出までの間に教育委員会体質をもっと見てみようという気になり、本州方
面からの情報の一つ「平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰」を使って
“さぐり”をしてみた。
 結果……と言っても、北海道教育委員会も札幌市教育委員会もダンマリ
を決め込んだようなので「これ以上の進展は望めない」という状況である
が……しばしば“もたれあい”と私が表現した以上の“癒着”がありそう
な気配を感ずる段階になってしまった。
 「PTA組織の解体」にも書いたが、これ以上は一保護者とか単P一般会
員として追及できる段階ではなくなっている。
 マスコミはなぜ教育機関の状況に無関心なのか?……と思うのは私一人
ではない。本州方面の保護者間でも、そのことは話題になっている。
 あるブログの投稿から、マスコミの姿勢に疑問を持った母親の投稿から
抜粋してみよう。
 
 『「PTAの形骸化が今や指摘され、見直しの時期に来ている」 というような文章、
何度目にしたでしょう?  記事だって形骸化していますよね。 記者さんが踏み込んだ 記事を書けない理由があるのでしょうか。 学校マインドコントロールを保護していく つもりなのでしょうか。』
 
 見事にマスコミの弱腰・関心の低さを言い当てていると思う。
 また、私の感じた北海道教育(庁)委員会、札幌市教育委員会ともに、
文部科学省が「保護者と教師が主体的にPTA活動に参加できるよう」との
意向(指針?)など一顧だにしていない。
 「退会届」にも書いたが、「PTAは任意加入団体」であることを知らな
い保護者には、“教育委員会の選択肢はない”状況の中で、子ども一人に
つき9年間も“うっとうしい”時間を過ごさざるを得ないのである。
 おまけに、子どもが中学に進学すると、PTAに加入しない保護者の子ど
もに対し「内申書の内容が悪くなりますよ。」などという学校側の強迫ま
で付いてくる、実にありがた〜い組織運営なのである。
 ば〜か言ってんじゃありません。保護者の行動として「保護者が担任の
教師資格を問うことを法制化できないか。」という意識が芽生えてきてい
るんですよ。やりかたによっては、今のPTAと同じ低レベルになる可能性
はあるものの、教育委員会の「採用試験」に疑問を呈するシステム作りは
明日にでも可能であり、「内申書」を“強迫の道具”として使う教師・学
校は、実名でネットバッシングしてしまえばいいのである。
 私のように退会すると、中学入学と同時に“個人的に校長とご対面〜”
という栄誉に浴し、担任が子どもに対して差別的扱いや同級生から笑いも
の扱いを受けるように“仕組まれ”たりするらしい。ま〜、先生達も大変
である。
 やっるならやってみろ。その前にPTA組織を解体してやる。
 
 ……色々考えていると、つい“過激”な言葉遣いになる。オノレに『お
〜い、トシ考えろよ、トシ!』と言い聞かせるものの、私は70年安保闘
争の折り、ノンポリを決め込んでギターにうつつを抜かしていたために、
“過激”な方向へのエネルギーを使いそこなってきた。今使いきることを
しないと、彼の世で閻魔大王の“弾劾行動”を起しかねない。
 教育委員会にもPTA組織にも気の毒だが、この世で得たエネルギーは彼
の世まで持って行かないほうが良いと考えている。
 
 さて、たびたび引用している『平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰
について』の「事務連絡」だが、推薦のための「調査票」の記載項目と記
載例の“一部変更”を通知したものである。その“一部変更”の理由とし
て、以下の文章が続いている。
 
 「これは、PTA が任意加入の団体であることを前提に、できる限り多くの保護者と
教師が主体的にPTA活動に参加できるよう組織運営や活動内容の工夫をしている団体 を適切に評価できるようにするものです。」
 
 何の解説も必要ない文章だと思えるが、国語力に乏しい(!)「PTA協
議会や、同レベルの教育委員会職員」のために解説しておこう。
 
 上述した文章のはじめに「これは、」とある。“これ”は、
 
 「今年度は、優良PTA 文部科学大臣表彰に基づき、各都道府県教育委員会から提出
される調査票(別紙1)の記載項目と記載例を一部変更しております。」
 
という文章を指している。
 「今年度は、」とあるのは「各都道府県教育委員会から提出される調査
票(別紙1)の記載項目と記載例を一部変更しております。」につながる
言葉で、今年度は「調査票(別紙1)の記載項目と記載例を一部変更する」
ことを意味している。
 両文章の間にある「優良PTA 文部科学大臣表彰に基づき、」は「優良
PTA文部科学大臣表彰要項(平成13年5月7日文部科学大臣決定/平成
22年4月1日一部改正)」を指しているのだが、この要項に基づくことは
「平成22年度」だけに限ったことではないので、前後の文章には関連性が
ない。
 
 まあ、私のような下々の使う言葉で言うと、
 「今年度の表彰候補団体の審査内容が、ちょっと変わったからね〜。」
くらいのものである。その“変わったこと”が「これは、」からの文章に
表記されていて、
 
1、各単Pが「任意加入の団体であることを表明している」ことが前提で、
2、任意加入を表明していながら「できる限り多くの保護者と教師が参加できるように、 組織運営や活動内容の工夫をしている団体」を、
3、適切に評価できるようにするものです。
 
というものではないのですかね〜? (続)
 

 

PTA組織の解体