札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew

 


■続・PTA組織の解体(9) 「教育委員会体質」-2

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
 
 校長まで歴任し、世間で言うところの“天下り”をしたPTA協議会事務
局長:早藤弘泰さん、私がお送りした「平成22年度優PTA文部科学大臣
表彰について」の「事務連絡」はそのように読み下すのではないですか?
 私は高校中退で義務教育期間中にも熱心に勉強した記憶はありませんが、
30年以上もの間文筆業の方々に読み書きのご指導いただいたおかげで、
「事務連絡」をそのように読み下すことができましましたが違いますか?
 ……まあ、ご専門が「さんすう」だったら多少は無理かも知れませんが、
私は自分の子どもに「算数だって体育だって、国語をよく勉強しないとわ
からないぞ〜」と“家庭教育”してますがね〜……。
 
 まあ、教師を退役された任意団体の方に国語力・読解力を望んでもしょ
うがないとは思いますがね、現役の、しかも学校経営を指導・監督する立
場の組織人:教育委員会職員が「事務連絡」を理解できないのは、相当に
大きな問題があると言わざるを得ないですね〜。そんなことだから、同じ
職員(公務員)から「教育委員会は特別です(!)」と軽蔑視されるので
すよ。“特別の公務員”に税金を使わなければならない謂れはありません
ね〜。
 まあ、おちょくりは程々にしておきますがね、北海道教育委員会も札幌
市教育委員会も、私が解説(?)した内容に近い読み方をしたはずでです
よ。だから、単Pにも学校側(校長)にも通知できず、奈良県教育委員会
のように「事務連絡」を市教育委員会に送ることをしない道府県教育委員
会がでてくるのである。
 なぜなら、札幌市立の小中学校PTAには「PTAは任意加入の団体である」
ことを認識させないで、これまでPTA運営を容認してきたからである。当
然、単P役員は、保護者に「PTAに加入しますか?」の問いかけはもちろ
ん、保護者が「入らなければならないと思っていた。」ことに「違います。
私たちの団体は、入会の意思をもった方々で運営する組織です。」などと
いう説明はさらさらしないできた。
 そんなところに「平成22年度は、要項が変わりました。」と「前提(任
意加入の団体)」を通達すれば、単Pの混乱は目に見えることだったろう。
 思慮の浅い「表彰してやるから任意団体を通知しろ」的文部科学省の文
部科学大臣表彰要項改正手続だが、自治体教委の多くはその混乱を予想し
て「事務連絡」を外したのではないと想像する。おそらくPTA組織からの
“抵抗”があって、引っ込めざるを得なくなった“だけ”のはずである。
 
 その結果、どのようなことが考えられるかだが、文部科学大臣表彰候補
としての推薦団体(単P)は、前提である「任意加入の団体」であること
を保護者に伝えることをしないまま、PTA連合会や教育委員会の手によっ
て推薦候補団体として「調査票」に学校名とともに記載されてしまったの
である。
 そのこと(事務連絡内容)を理解した奈良県教育委員会は、「推薦した
団体が表彰を受けられなかった。(資格がなかった)」と問い合わせた市
民に回答せざるを得なくなったのである。
 
 息子の通う小学校の教頭は「表彰されたくてPTA活動をしてるわけでは
ない。」と言うが、札幌市立小中学校300数校PTAの中には表彰を欲しがっ
ている単Pや校長もいることを耳にしているし、表彰されることで教育委
員会から“ご祝儀”が出る話しも聞いたことがある。本州方面からの情報
では、PTA(単P)から校長に向け、「謝礼(現金)」が渡されるところ
もあると聞く。「優良PTA文部科学大臣表彰」はPTA組織の一大イベント
なのである。表彰を「名誉」と考える単P保護者がいても、表彰を受ける
ために“尽力する”校長・教頭がいても、何の不思議も不自然さもないわ
けだ。
 もし総ての単Pが、息子の通う小学校教頭が言うように「表彰が目的で
PTA活動をしているのではない」とすれば、“正常なPTA運営維持”のた
め表彰制度は廃止する方向で検討すべきである。
 
 表彰されたい単Pがあり学校長がいるわけだから、「平成22年度推薦要
項」の前提として「任意加入の団体」を表明させることが、文部科学大臣
表彰に近づくことになりそうなものだが、“組織エゴ”に凝り固まった
PTA上部組織には「任意加入を知らせることで会員が激減する」予測が立っ
ているために、教育委員会に圧力をかけて(あるいは何かの取引条件を提
示して)「事務連絡」をしない方向で合意したものだろう。
 
 そんな“浅知恵”を通せると思ったら大間違いである。
 奈良県教育委員会は市民からの問合せに、「調査票」を提出した表彰候
補の単Pが「任意加入の団体であることの、保護者への通知をしていない」
ことを認め、だから「表彰を受けられなかった。(資格がなかった)」と
答えた。
 この奈良県教委の一件は、彼らが“伝家の宝刀”として、“水戸光圀の
印籠”的に使い回してきた「社会教育法12条」に抵触する可能性がある。
 
「社会教育法12条/国及び地方公共団体は、社会教育関係団体に対し、いかなる方法 によっても、不当に統制的支配を及ぼし、 又はその事業に干渉を加えてはならない。」
 
 抵触している可能性を説明する前に「事務連絡内容」は、最終的にどこ
に向けて発出されたものであるかを明確にしなければならない。
 たとえば、様々なジャンルでコンテスト、コンペ、音楽で言えばコンクー
ルが行われているが、参加資格・参加要項は応募者に向けて公表されるも
のである。参加資格は“大前提”であり、文部科学省が「前提として」と
記述することと同価値であるから、「事務連絡」にある“前提”は審査さ
れる単Pに向けて周知されるべきものである。
 音楽の場合では、“審査要項”は毎回ではないにしても、審査員の変動
や出場者のレベル変化で“変更されない”ことの方が少ない。ときには
「審査資格」でさえ変更になることもあるが、すべて“出場希望者(審査
される者)”に向けて開示されるものである。
 本「続・PTA組織の解体-1」に記した札幌市教委の質問への回答
 
 「文部科学大臣表彰要項の改正の趣旨を市町村教育委員会に周知をさせ
ることを目的として」
 
は“詭弁”のキ〜までも行かない“稚拙な言い逃れ”でしかない。
 お前達はと〜っくの昔に「PTAは任意団体であり、社会教育団体である」
ことを知っているのである。市町村教育委員会も同様に「PTAは任意団体
であり、社会教育団体である」ことを知っているのである。
 そんなこと“あったりめ〜のコンコンチキ”の下部機関に「任意加入の
団体であることを前提に」などという文言を伝えるか〜?……あああ〜〜
〜っ!腹の立つ!!
 
 教育機関の「事務連絡」であるから、末端機関である「市町村教育委員
会」に向けていることははっきりしている。決してPTA組織にまでは拡大
する必要はなく、もし、それ以上に範囲を拡大するとしても「各小中学校
(校長)」までしか広げられないだろう。
 ただし、学校教育に関する事柄であればそれでいいかも知れないが、こ
れはPTA組織が関わっている事柄で、文部科学省は“単Pを対象に表彰制
度”を実施しているわけだから、先ず単Pに通知することが“公務員とし
ての職務”であり、「単Pが任意加入の手続きをしている確認」ができな
ければ、「任意加入の団体である前提」に立った調査票内容ではなくなり、
“連絡事務を遂行した”ことにはならないのである。
 
 市町村教育委員会が独自に単Pへの確認ができるはずはなく、校長を介
して確認することになると思うが、前述「第二次参考規約」には校長も
「PTA会員になることのできる者」の一人であるとの記述があるので、校
長は審査される側の人間であり、表彰を名誉に思う校長であれば、しても
いないことを「したことにする」可能性は小さくない。
 校長を介することが公正でなくなる可能性があるとすれば、教育委員会
が単Pまでの通達を実施し、単Pの活動が「事務連絡」の前提「任意加入
の団体である表明」をしている確認をしなければならなくなる筈である。
それが「教育委員会の義務・職務」であると考えるが、「教育委員会が単
Pに確認をした」との回答は得ていない。
 
 いかがです? 結果、どこのセクションも文部科学省「事務連絡」の前
提「単Pが任意加入の団体である表明をしているかどうかの確認」をしな
いまま、平成22年度文部科学大臣表彰の候補団体として推薦したのです。
 これは文部科学省の末端機関としての「教育委員会の職務不履行」にあ
たる。教育委員会を罰する法律なり条例はないのですか?!
 
 通達方法としてはもう一つ考えられる。特に札幌市は市P協会長が「全
国的にも稀」なほどに「教育行政に大きく関わっている」と表明している
ので、市教委から市P協へ“通知”し、市P協から区P連に、区P連から
単Pへという通達は「優良PTA文部大臣表彰」に限っては考えられる連絡
経路である。
 ところが札幌市P協は「当協議会が,同趣旨(任意加入の団体)の通達
をすることは筋違いでもありますので,通達する考えはございません。」
としているので、札幌市P協〜単Pへの通達も当然なされないはずである。
 それではどういう手順を経ると文部科学省の「事務連絡内容」が通達さ
れるかというと、直接教育委員会から単Pヘ通達するか、学校長を経由し
て通達するかの2通りしかなくなるのであるが、札幌市教委は“校長の裁
量権”で“市P協からの依頼”であるPMFとファイターズのチケット斡旋
を承認しているわけだから、校長の裁量権で単Pに「事務連絡」をさせる
ことくらい簡単なことだろう。そうすると、校長とPTAの癒着程度も判断
できる材料が見えてくると思うが、それも行われたという回答は得ていな
い。
 
 さて、その札幌市教育委員会の「業務不履行」も奈良県教委同様に、社
会教育法12条に抵触する可能性がある。(続)
 
 

 

PTA組織の解体