札幌市PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
札幌市PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
札幌市PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
札幌市PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

札幌市PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

札幌市PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

札幌市PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
札幌市PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
札幌市PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
札幌市PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
札幌市PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
札幌市PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
札幌市PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
札幌市PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
札幌市PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
札幌市PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
札幌市PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
札幌市PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
札幌市PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
札幌市PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
札幌市PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
札幌市PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
札幌市PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
札幌市PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
札幌市PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
札幌市PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
札幌市PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
札幌市PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■札幌市PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
札幌市PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
札幌市PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
札幌市PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
札幌市PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
札幌市PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
札幌市PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

札幌市PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

札幌市PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

札幌市PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
札幌市PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
札幌市PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
札幌市PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■続・PTA組織の解体(10) 「教育委員会体質」-3

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
 
 
 

続・PTA組織の解体(10) 
「教育委員会体質」-3 
 
 奈良県教委は「平成22年度優PTA文部科学大臣表彰について」という 
「事務連絡票(1枚)」を除く「調査票」のみを市教委へ発出し、「文部 
科学大臣表彰」を得たいと考える単Pに不利益を与えてしまったのである。 
 
 おそらく事務連絡内容を通達していない単P(学校)は1校2校のもの 
ではなく、全市あるいは全県の単P(学校)に対して通達をしなかったと 
考えられる。 
 それが故意であっても過失であっても、社会教育法12条の「統制的支 
配を及ぼした」ことに該当すると考えられるのである。 
 
 全国的に「教育委員会とPTA組織の過度な癒着」が、ネット上で問題視 
されている。また、「学校(校長・教頭)とPTA組織の過度な癒着」が犯 
罪を生じている例もある。 
 前述「校長も会員となることのできる者」としている「文部省第二次参 
考規約」が、単Pを監督する存在を皆無にしていることは大問題である。 
 「第二次」としてあることは「第一次」があるわけだが、ここで「参考 
規約」の生い立ちを書き連ねても何の役にも立たないので省略する。ただ、 
「(第一次)PTA参考規約」が「いろいろな面で支障を来すようになり」 
「各地のPTAに規約再検討の動きが起こり」という事情で「文部省父母と 
先生の会分科会」が策定したものであることを記憶しておいていただきた 
い。 
 
 この「文部省第二次参考規約」はあくまでも「参考規約」で、単Pのレ 
ベルでは「規約を改正する場合、一参考資料として活用していただけば幸 
いである。(文部省父母と先生の会分科会)」としている。 
 この参考規約に、 
 
 第六条 この会の会員となることのできる者は、次のとおりである。 
 一、○○小学校に在籍する児童の父母またはこれに代わる者。 
 二、○○小学校の校長および教員。 
 三、この会の趣旨に賛同する者。 
 2 ただし、第三号に該当する者の入会は、運営委員会が決定する。 
 
となっており、「備考」に 
 
 七、「この会の会員になる者は」とか「…ならなければならない者は」としないで 
「…会員となることのできる者は」としてあるところに「自由入会」の精神が示されて 
いる。PTAが民立団体である限り、会員になることも、会員に止まることも自覚に基 
づく個人個人の自由であって、いささかも強制があってはならない。 
 
とされているのである。 
 PTA問題を論ずる人々は、この参考規約を持ち出して各地の単Pの問題 
点を洗いだそうとしている。私もその一人であるが、この「参考規約」は 
単Pのレベルで作り変えることのできる「一参考資料」でしかないことを 
忘れてはならない。 
 ところが文部科学省は、この作り変えることのできる「一参考資料」を 
前提にしながら、『平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰について』の 
「事務連絡」で「PTAが任意加入の団体であることを前提に調査票を提出 
しろ」とのたまうのである。 
 これは「ダブルスタンダードであり、PTA組織が抵抗するのは必至であ 
る」としか思えない。 
 つまり「文部省第二次参考規約」は参考としながら、いきなり「平成22 
年度優良PTA文部科学大臣表彰」では「前提」とするのは、 
 
「社会教育法12条/国及び地方公共団体は、社会教育関係団体に対し、いかなる方法 
によっても、不当に統制的支配を及ぼし、 又はその事業に干渉を加えてはならない。」 
 
の「いかなる方法によっても、不当に統制的支配を及ぼし、 又はその事業 
に干渉を加えてはならない。」という文言に違反している。 
 つまり文部科学省は、平成22年4月26日に発出した『平成22年度優 
良PTA文部科学大臣表彰について』の「事務連絡」において、「PTAが任 
意加入の団体である」ことを表明しなければ、「平成22年度優良PTA文 
部科学大臣表彰の候補団体として推薦するな」という趣旨の通達をし「不 
当に統制的支配を及ぼした」のである。 
 
 私は北海道教育委員会にも札幌市の教育委員会にも、「この事務連絡は 
社会教育法12条に抵触しないか?」と問いただしている。北海道教育委 
員会は「抵触しない」と言い切ったが、札幌市教育委員会は回答してきて 
はいない。 
 
 このような“ダブルスタンダード”によって反PTA意識の人々がが翻弄 
され、元文部科学省職員やマスコミまでが歯切れの悪いコメントを表明し 
なければならなくなるのである。 
 優良PTA文部科学大臣表彰要項など、担当者が代われば毎年でも“如何 
様にでも変わる”ものであり、そんな要項を相手に議論を深めようとして 
も徒労に終るだけである。 
 そんな猫の目要項を論ずるより、札幌市教委が度重ねた私の質問への回 
答中にある「PTAは任意の団体」を周知することだけで十分である。 
 
 「PTA協議会は札幌市の外郭団体と位置づけられている」とのことでございますが、 
繰り返しになりますが、PTAは自主的に運営されている任意の団体でございますので、 
札幌市(教育委員会)の外郭団体として位置づけはされておりませんことを申し添えま 
す。 
担当 
札幌市教育委員会生涯学習部生涯学習推進課 
社会教育担当 逸見 知之 
電話211−3872 
FAX211−3873 
 
 にも関わらずネット上では「札幌市教育委員会外郭団体PTA協議会」は 
今も立派に検索できるのである。……アホくさっ! 
 教育委員会の体質が健全に変わらないかぎり、私は安心して子どもを学 
校に通わせる子持ちを持てない。「PTA退会届」を提出した後、息子の担 
任に以下の「趣意書」を渡した。校長は「無断で休まれては困ります。」 
と抗議してきたが、当然のことと思いながら、「教育委員会が正常になら 
ないかぎりあり得ます。」としか答えようがなかった。 
 
 ●● ●● 先生 
 
 お世話になっております。連絡帳への記載を考えましたが、後々の子ど 
も達へのことを考え、一度だけ子供に郵便配達を頼みました。 
 すでにお聞き及びのこととと思いますが、過日PTA退会届を提出いたし 
ました。 
 提出先は現会長:澤井玄氏で、退会受理の方向である旨校長先生から連 
絡をいただいております。 
 つきましては、甚だお手数をおかけしますが、上記委細をおくみ取りい 
ただき、PTA会費の自動引き落としを停止し、PTA関係の印刷物などは子 
供に持たせないでいただきたくお願い申し上げます。 
 ただし、澤井氏会長の現体制における「学校内でのPTA行事で非入会保 
護者及びその児童を差別扱いする」というPTA役員会決定事項(現副会長 
からの回答がないため未確認)の廃止が確認できた場合、私のPTA復帰も 
あり得るため、PTA関係印刷物を私が受け取れるご配慮をお願い致します。 
後日その方法をご相談させていただき、印刷物の経費等もありますので 
PTA会費に見合う金額を「PTAへの寄付」として私がお届けに上がります。 
 またPTAには「PTA会員名簿」というものがあると思いますが、その名 
簿から私の名前が削除された確認のため、削除ページのコピーをお取り置 
きお願い致します。後日受け取りに伺います。 
 
 私個人としては、●●MO小学校の先生方、PTAの皆さんに対して特段 
の違和感は感じておりません。また、子ども達も学校へは行きたいと申し 
ております。 
 できれば、私の行動が子ども達に影響することを避けたいと思いますが、 
教育委員会の対応によっては、無届けで子ども達を学校へ通わせないこと 
もありうることをご承知おきいただきたくお願い申し上げます。 
 この件に関しては「義務の放棄」として、教育委員会及び市長政策室 
「市民の声を聞く課」にもに伝えてありますが、改めて私の方から再通知 
し、今後は児童相談所など児童問題取扱機関にも事前通知をいたします。 
 
 お騒がせして申し訳ありませんが、宜しくお願い申し上げます。 
                         2011年2月21日 
                  平佐●●父:平佐修(自筆署名) 
(了) 

 
 

 

PTA組織の解体