■PTA組織の解体 <1-序-1>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】
■PTA組織の解体 <2-序-2>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(2)】
■PTA組織の解体 <3-序-3A>【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(3)】
■PTA組織の解体 <4>
【PTAって何ですか?(1)】

■PTA組織の解体<5>
【PTAって何ですか?(2)】

■PTA組織の解体<6>
【PTAって何ですか?(3)】

■PTA組織の解体<7>
【PTAって何ですか?(4)】

■PTA組織の解体<8>
【社会教育法(1)】
■PTA組織の解体<9>
【社会教育法(2)】
■PTA組織の解体<10>
【社会教育法(3)】
■PTA組織の解体<11>
【社会教育法(4)】
■PTA組織の解体<12>
【社会教育法(5)】
■PTA組織の解体<13>
【社会教育法(6)】
■PTA組織の解体<14>
【社会教育法(7)】
■PTA組織の解体<15>
【社会教育法(8)】
■PTA組織の解体<16>
市長に直訴(1)
■PTA組織の解体<17>
市長に直訴(2)
■PTA組織の解体<18>
市民の声を聞く課(1)
■PTA組織の解体<19>
市民の声を聞く課(2)
■PTA組織の解体<20>
市民の声を聞く課(3)
■PTA組織の解体<21 >
【学校長(1)】
■PTA組織の解体<22 >
【学校長(2)】
■PTA組織の解体<23 >
【学校長(3)】
■PTA組織の解体<24 >
【社会教育法(9)】
■PTA組織の解体<25 >
【社会教育法(10)】
■PTA組織の解体<26 >
【社会教育法(11)】
■PTA組織の解体<27 >
【学校保険】
■PTA組織の解体<28 >
【外郭団体】
■PTA組織の解体<29 >
【PTA協議会体質(1)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
 ■PTA組織の解体<30 >
【PTA協議会体質(2)】
■PTA組織の解体<32 >
【PTA協議会体質(4)】
■PTA組織の解体<33 >
【PTA協議会体質(5)】
■PTA組織の解体<34>
【PTA協議会体質(6)】
■PTA組織の解体<35>
【単位PTAの責任(1)】
■PTA組織の解体<36>
【単位PTAの責任(2)】
■PTA組織の解体<37>
【単位PTAの責任(3)】

■PTA組織の解体<38>
【単位PTAの責任(4)】

■PTA組織の解体<39>
【単位PTAの責任(5)】

■PTA組織の解体<40>
【単位PTAの責任(6)】
■PTA組織の解体<41>
【単位PTAの責任(7)】
■PTA組織の解体<42>
【単位PTAの責任(8)】
■PTA組織の解体<43>
【単位PTAの責任(9)】
■PTA組織の解体<44>
【解体のプログラム(1)】
■PTA組織の解体<45>
>
【解体のプログラム(2)】
■PTA組織の解体<46>
【解体のプログラム(3)】
■PTA組織の解体<47>
【解体のプログラム(4)】
■PTA組織の解体<48>
【解体のプログラム(5)】
■PTA組織の解体<49>
【解体のプログラム(6)】
■PTA組織の解体<50>
【解体のプログラム(7)】
PTA組織の解体<51>
解体のプログラム(8)】
■PTA組織の解体<52>
【解体のプログラム(9)】
■PTA組織の解体ー後書ー1>
■PTA組織の解体ー後書ー2>
 
■【改定・PTA組織の解体-退会届】
続・PTA組織の解体(1)
「PTA退会届」-1

 
続・PTA組織の解体(2)
「PTA退会届」-2

続・PTA組織の解体(3)
「PTA退会届」-3

続・PTA組織の解体(4)
「PTA退会届」-4
 
続・PTA組織の解体(5)
「PTA退会届」-5
続・PTA組織の解体(6)
「PTA退会届」-6
続・PTA組織の解体(7)
「PTA退会届」-7
続・PTA組織の解体(8)
「教育委員会体質」-1
続・PTA組織の解体(9)
「教育委員会体質」-2
続・PTA組織の解体(10)
「教育委員会体質」-3
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

続々・PTA組織の解体へnew 

 


■札幌PTA組織の解体<9>【社会教育法(2)】

■札幌PTA組織の解体<9>【社会教育法(2)】


 札幌市PTA協議会の返信メールは解せないことだらけであるが、一任意団体が、 
「いきなり札幌市教育委員会や札幌市PTA協議会に」と、自分たちを教育委員会と同 
列なポジション取りをするのである。一任意団体が「札幌市PTA協議会や教育委員会 
は、一保護者がアプローチするべき所ではないぞ」とのたまうのである。 
 やはり予想していたとおり、札幌市PTA協議会と札幌市教育委員会は「特別な関係」 
を持っているらしい。 
 それがどのようなものか想像できないので、もう少し突っついてみることにした。 
 
札幌市PTA協議会(2009年06月11日) 
 事務局長 相馬 武雄 様 
 メール有難うございます。 
 この様な内容で、私に面談なさろうとされてのですか。これくらいの内容であれば、 
すぐにメールをいただいても良さそうに感じます。もっと他にお話されようとお考えだっ 
たのではありませんか? 
 
> 一般的に各単位PTAは,学校・家庭・地域と密接な連携を保ちながら,諸活動を 
> 進めております。 
 
 一般的であることは必要ありません。 
 札幌市PTA協議会がどのようにお考えか、あるいはご方針であるかをお尋ねしてい 
るのです。その私の問いかけに対して 
 
> 大上段にいきなり札幌市教育委員会や札幌市PTA協議会にお尋ねするのではなく, 
 
 とのご回答では、無礼ではありませんか。貴協会はそんなに偉い組織なのですか。貴 
方達から、私の行動をご指導いただくいわれはありません。 
 貴協議会は、PTA組織内部においては上部組織であると言えるでしょうが、私たち一 
地域住民にとっては、単なる一組織(任意団体)でしかありません。 
 全く関わりがなければ問合せなどしなくてよく、私の組織に対する対処方法を指導す 
るというのは僭越でしかありません。 
 私はある管内の教育委員会に直接抗議をし、ある小学校の生徒・保護者への問題行動・ 
問題発言を謝罪させ、学校側の生徒に対する対応の改善をさせたこともあり、記録もあ 
ります。「直接が気に入らない」とおっしゃるのなら、その旨伝えていただければ結構 
です。 
 私の方法論は貴方達の“ご指導範囲”にはなく、貴方達の組織内の段階を踏むことを 
指図されるおぼえもありません。 
 
> まず足元からということで,直接,M小学校へお尋ねされたらいかがなもので 
> しょうか。PTA役員・校長・教頭等が,親切に説明してくださると思います。 
 
 親切な説明は必要なく、「くださると思います。」などという曖昧なことではお話に 
ならないのです。 
 今年1学年ということは、これから義務教育8年間も関わることになるかも知れない 
問題なのです。そんな“段階を踏んだ”無駄な時間を使わせられるおぼえもありません。 
また、聞き違いや記憶違い、あるいは“言った、言わない”の無益な時間を避けるため 
にも、文書で、貴札幌市PTA協議会の見解(回答)を頂いておきたいのです。 
 それが「できるかできないか」でも結構なのです。もしできなければ、私としては次 
のステップを踏むだけです。 
 重ねて、回答をいただけるようお計らい下さい。 
 
 自分で書いたものながら、読み返すと書いた時点以上に腹立たしさを感ずる。できる 
だけ冷静に、読み手に不快感を持たせないように文章を書こうとは思っているが、自分 
自身は“客観的・無個性的文章”より“主観的・個性的文章”の方に魅力を感ずる性格 
なので、不快な表現もある所は前もってご了解をいただきたい。 
 
 さて、おそらくPTA協議会は、このような“直訴状”を受け取るなど夢にも思わな 
かっただろう。言ってみれば「危機感に欠ける」団体なだけなのだが、私に言わせれば、 
義務教育の側近にあり「子ども達のため」を標榜し、公的援助まで得ていながら、単な 
る「ノーテンキ集団」に墜落しているとしか言い様がない。 
 自分たちは“批判を受けるはずがない”と思い込んでいるらしいが、インターネット 
上では“PTA批判だらけ”の状態で、日本中で「反PTA」の烽火が上がっているという 
のに、札幌市PTA協議会やPTA支持者たちはそれを見ようとしないだけである。 
 日本中なら見えないこともあるだろうが、私の住んでいる札幌市西区には「PTAの事 
業仕分けはできるか?」という、PTA役員の開設したブログまであるのである。 
 「まず足元から」というおこがましい言葉を私に言う前に、札幌市PTA協議会は自 
分の“足元”である札幌市のPTAに対する保護者意識を知るべきである。(続) 


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com
 

 

PTA組織の解体