熊本市立帯山西小学校PTA裁判
 
熊本市立帯山西小学校PTA裁判 1

熊本市立帯山西小学校PTA裁判 2

熊本市立帯山西小学校PTA裁判 3

熊本市立帯山西小学校PTA裁判 4
熊本市立帯山西小学校PTA裁判 5

熊本市立帯山西小学校PTA裁判 6
熊本市立帯山西小学校PTA裁判 7
熊本市立帯山西小学校PTA裁判 8
熊本市立帯山西小学校PTA裁判 9
熊本市立帯山西小学校PTA裁判 10
 
こちらのページにもどうぞ ☟☟☟
 
話題満載    PTA組織の解体  

話題満載    続々・PTA組織の解体-1  北海道教育庁・教育局質問状-1

話題満載  続3・PTA組織の解体

話題満載 
 
続4「PTA組織の解体-余話 」

話題満載  
 
続×4􁴕「PTA組織の解体 
話題満載 
  
5「PTA組織の解体-余話 2」
話題満載  
 
続6「 PTA組織の解体・余話―3」
続々・PTA組織の解体
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

熊本市立帯山西小学校PTA裁判 10

 

 
熊本市立帯山西小学校PTA裁判

その「事務連絡票」には「表彰対象(教委の推薦するPTA)が、任意加入を保護者に向けて表明している(保護者に伝えている)」ことを推薦条件としていますが、ほとんどの校長には伝えられず「教委の段階でもみ消し」をしていたものです。
 やはり「任意加入が文化となる」こと以外、PTAの「任意団体としての正常な運営」は望めないでしょうね。


 「PTAの任意加入」に関する推移を「総まとめ」的内容で公開している文化学園大学教授:加藤薫さんの論文「熊本PTA裁判に寄せて(副題)」が、札苗小PTA会長のブログで紹介されているので合わせて読まれることをお勧めします。

 http://bwukokusai.exblog.jp/20022478/


 熊本市教育長:廣塚昌子氏や帯山西小学校長:森江一史氏にも杵築市教育長くらいの時流に対する判断能力があれば「訴訟」には至らなかったと思いますが、PTA会長とズブズブの校長である可能性があり、現段階では限りなく「原告敗訴」の色が濃いと感じます。
 原告の岡本英利さんの考え方が間違っているということではなく、現状の「歪んだ裁判制度と裁判官の資質」が、残念ながら社会的地位の高い(と目される)存在に有利な判決を出す可能性が非常に高いと思います。昔父親から聞いた記憶がある「裁判は水もの」という言葉を思い出します。


質問7
熊本の裁判の原告に伝えたいことがあれば一言お願いします。


 くり返しますが、岡本さんの考え方も抗議の手段も間違いであるとは思いませんが、
現段階でPTAを相手に「有利に法廷闘争する」ことは非常に難しいと思います。
 しかし、全国には岡本さんの行動を支持し、判決に期待している方々も大勢います。
 支援する気持ちの方々は、いつの間にか岡本さんを取り囲んでいる支持者に対し疑問を感じています。
 今提訴した裁判を勝つことだけではなく、全国にいる支援者や、これからPTA会員になる若い保護者に支持される法廷闘争をして下さい。

 

【訂正】

本記事10中の「熊本市教育長:廣塚昌子氏」は「熊本市教育
長:岡昭二氏」の誤りです。
お詫びして訂正いたします。

なお、本記事7中の「PTA非会員議員は大阪府河南町議会議
員:佐々木きえ氏」は現在、お子さんの通う中学校の「PTAに
加入」していることを書き添えます。

 

 


(文責:平佐 修)
                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

 

 

PTA組織の解体