続々・PTA組織の解体-1 
北海道教育庁・教育局質問状-1

続々・PTA組織の解体-2 
北海道教育庁・教育局質問状-2

続々・PTA組織の解体-3 
北海道教育庁・教育局質問状-3

続々・PTA組織の解体-4
北海道教育庁・教育局質問状-4
続々・PTA組織の解体-5
 北海道教育庁からの回答-1

続々・PTA組織の解体-6 
北海道教育庁からの回答-2
続々・PTA組織の解体-7 
北海道教育庁からの回答-3
続々・PTA組織の解体-8
北海道新聞記事と北海道テレビ番組
続々・PTA組織の解体-9
北海道教育庁からの回答-4
続々・PTA組織の解体-10 
事務連絡活用例
 
 
 




 
 
 
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体

PTA組織の解体1へ 

 

 

続々・PTA組織の解体-1
「北海道教育庁・教育局質問状-1」〜新連載。 一挙にアップしました〜!

続々・PTA組織の解体-4 「北海道教育庁・教育局質問状-4」

( 各教育局質問状つづき及び、6月2日付け回答。)

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】

■まず、北海道教育庁から回答があった「所管の市町村教委へ発出していなかった教育局」にお伺いします。

【質問-1】
北海道教育庁の回答にある『平成22年5月19日付けで各教育局に対し、所管する市町村教育委員会へ周知を図るよう事務連絡を発出したところですが、一部の教育局において事務連絡を発出していなかったことによるものであります。』とする「平成22年度優良PTA文部大臣表彰に関する文部科学省発出の被推薦団体の推薦要項および事務連絡」を、「道教委回答文4/22」に記された(平成23年)3月31日付けで各市町村教委へ発出されたか発出されなかったかをご回答ください。(括弧内平佐補筆)
 

【北海道教育庁回答】

 根室教育局が発出していなかったが、4月15日付けで管内全市町村教育委員会へ周知した。

 *この回答については根室教育局の名誉のため、北海道教育庁の回答は虚偽、又は誤認にもとづく回答であることを書き添えます。

【質問-2】
さらに疑問点を北海道教育庁に問い合わせた結果、『その後1つの教育局が発出していないことがわかり、(平成23年)4月15日付けで該当管内全市町村へ周知した(道教委回答文4/22.jpg)*本連載3:資料4を参照。』との回答をいただきました。(括弧内平佐補筆
 発出されていなかった1つの教育局を含めまして、(平成23年)3月31日付けで各市町村教委へ発出されたすべての教育局にお伺いします。(括弧内平佐補筆)
  「平成22年度優良PTA文部大臣表彰に関する手続きは問題なく行われた」とできるかどうかをご回答ください。

 

【北海道教育庁回答】

 問題なく行った。

 

■つぎに、私の各市教委に対する質問に、推薦要項に「事務連絡(文科省)」が添付されていなかったと回答をいただいた市教委を管轄する教育局にお伺いします。
  【質問-1】に記したとおり、北海道教育庁からは「文部科学省からの事務連絡を受けその写しを添付の上、平成22年5月19日付けで各教育局に発出した(道教委資料6.pdf)/*資料-5」と回答をいただいております。

【質問-3】
  「平成22年度優良PTA文部大臣表彰要項」から「事務連絡(文科省)」を取り除いた理由をご回答ください。(念のため記しますが、北海道教育庁;日下孝様名発出の事務連絡ではありません。)*資料-5参照

【北海道教育庁回答】

 平成23年4月15日付け教生第92号で回答したとおり、本庁5月11日付けの優良PTA文部科学大臣表彰要項一部改正の通知及び被表彰候補団体調査票の一部改正の事務連絡を各市町村教育委員会へ周知しておりますことから、一部の教育局において、あえて本庁5月19日付けの事務連絡については市町村教区委員会には発出していなかった。

【質問-4】
 また、(平成23年)3月31日付けで各市町村教委へ発出された教育局および、(平成23年)4月15日付けで該当管内全市町村へ周知された教育局におかれて、「平成22年度優良PTA文部大臣表彰推薦」終了後に市町村教委に周知を図った理由をご回答ください。

 

【北海道教育庁回答】

 発出していない教育局は、改めて市町村教育委員会へ周知した。

 

■以下はすべての教育局にお伺いします。

【質問-5】
  私が各市教委に確認したところでは、1市教委から『平成22年度優良PTA文部大臣表彰要項は事務連絡(文科省)を含めて各学校へコピーを発出した』と回答をいただきました。 文科省発出「平成22年度優良PTA文部大臣表彰要項」の「事務連絡」は、各学校へは通知しなくてよいものであったかどうかをご回答ください。

【北海道教育庁回答】

 各学校への発出については、市町村教育委員会の判断による。
 

【質問-6】
 「平成22年度優良PTA文部大臣表彰要項」添付の「事務連絡(文科省)」には、『(略)記載項目と記載例を一部変更しております。これは、PTAが任意加入の団体であることを前提に、できるだけ多くの保護者と教師が主体的にPTA活動に参加できるよう組織運営や活動内容を工夫している団体を適切に評価できるようにするものです。』との説明がありますが、北海道教育庁からの回答にある『推薦された団体が、保護者に対して任意加入である通知をしている団体であることの確認につきましては、同要項に特段の定めがないことから審査の対象項目とはなっておりません。』として、札幌市教委が私に回答した『各学校や単位PTAには通知しない』姿勢を追認しています。
  にも拘らず、私の問い合わせ後に各教育局に確認をとり再周知を図るなど、北海道教育庁の事務処理には非常に大きな疑問を感じます。
  「事務連絡(文科省)」は審査の対象項目で無いことは一目瞭然ですが、文科省が『 PTAが任意加入の団体であることを前提に』としている“前提”は『事務連絡(文科省)』のどの文言にかかる言葉であるかご回答ください。

【北海道教育庁回答】

 文科省に確認したところ、“前提”は「 できる限り多くの保護者と教師が主体的にPTA活動に参加できるよう組織運営や活動内容を工夫している団体を適切に評価できるようにするものです。」にかかるとのこと。

 

【質問-7】
「事務連絡(文科省)」は、被表彰団体候補となり得るすべての単位PTAには知らせる必要の無いものであったかどうかをご回答ください。

【北海道教育庁回答】

 平成23年1月25日付け教生第1318で回答した通り、文科省からの平成22年4月26日付け事務連絡については、市町村教育委員会に周知を図る必要があると判断し、事務連絡を発出した。
 

【質問-8】
 【質問-5】にあるように1市教委からは、『事務連絡(文科省)を含めて表彰要項のコピーを各学校へ送付した。』との回答をいただきましたが、その市教委管轄の教育局を含めまして、1市教委が市内各学校へ「事務連絡(文科省)」を送付した判断をどのように評価するかをご回答ください。

【北海道教育庁回答】

 市教委の判断による。

【質問-9】
 私の各市教委への質問:1に『添付ファイル名は違いますが、質問されている内容の事務連絡は届いております。』と回答をしたある市教委は、質問:2に対し『該当する活動がないと思われますので通知はしておりません。』との回答をいただきました。
  これは、市教委として「該当する活動の単位PTAがないと思ったので、文科省事務連絡の通知をしなかった」と受け取れます。
  市教委が社会教育関係団体に対し「全市の単位PTA活動について、被推薦団体候補に該当しないと思った」ことで文科省事務連絡を通知しなかったことは、社会教育法12条にある「不当に統制的支配を及ぼしてはならない」に抵触するように思えるのですが、各教育局におかれてどのようにお考えになるかをご回答ください。

【北海道教育庁回答】

 「該当する活動がない思われますので通知はしておりません。」との回答については市教委の判断によるもの。
 

 大変お忙しい中とは思いますが、 以上9項目につきまして項目別にご回答をいただけますようお願い申し上げます。
 また、過日平成23年度の「優良PTA文部大臣表彰要項」が文部科学省から発出されたと耳にしております。現在北海道教育庁に要項の提供を依頼しておりますが、本質問項目は平成22年度についてのものであることを念のため申し添え、ご回答は今月20日前後をめどにいただけると有り難く思っております。
 

なお、不慣れなキーボード操作で誤字脱字などあるかもしれませんが、趣旨お汲み取りいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。平成23年5月10日平佐修 hirasa-quit@mbm.nifty.com

*資料-5

事務連絡平成22年5月19日各教育局社会教育係長様

生涯学習課社会教育グループ日下孝

平成22年度優良PTA文部大臣表彰について

このことについては、平成22年5月11日付け教生180号で通知をしたところですが、「平成22年度被表彰候補団体調査表」の一部変更について、変更の趣旨等に関する文部科学省からの事務連絡を送付しますので、市町村教育委員会へ周知願います。

事務連絡平成22年4月26日各都道府県教育委員会生涯学習・社会教育担当課御中

文部科学省生涯学習政策局社会教育課

平成22年度優良PTA文部大臣表彰について

優良PTA文部科学大臣表彰につきまして別紙のとうりご連絡させていただきます。今年度は、優良PTA文部科学大臣表彰要項に基づき、各都道府県教育委員会から提出される調査票(別紙1)の記載項目と記載例を一部変更しております。これは、PTAが任意加入の団体であることを前提に、できる限り多くの保

護者と教師が主体的にPTA活動に参加できるよう組織運営や活動内容の工夫をしている団体を適切に評価できる

ようにするものです。優良PTAの推薦にあたっては、変更点をご確認いただくと同時に、以下の点に注意して審査、推薦いただけますようお願いいたします。記

<審査・推薦にあたって>

1都道府県教育委員会における優良PTA選考の際、PTA等の経験者や学識経験者を含めた選考委員会の設置、もしくはこれに代わる既存の組織等に諮るなどの措置を講じ、適切な選考過程を経ること。 2また、国立大学付属学校PTAや私立学校PTAについても、活動状況を十分把握の上、適切に選考されるよう配慮

すること。 3選考にあたっては、幼稚園、高等学校、特別支援学校のPTA団体のうち、必ず1団体は推薦団体に含むこと。以上。

<提出について>提出期限:平成22年6月14日(月)提出方法:別紙様式、別紙1(推薦団体分)、その他必要な資料を下記担当まで郵送して下さい。

<担当>

文部科学省生涯学習政策室社会教育課地域学習活動推進係(●●・●●) TEL:03-6734-3080

FAX:03-6734-3718 E-mail: syakai@mext.go.jp

 


                       **  063-0034  札幌市西区西野4条9丁目4-38-201  **
                       **  Tel&Fax   011-671-5363                    **
                       **  携 帯   090-5229-6992                   **
                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

 

PTA組織の解体