続3・PTA組織の解体
続×3 PTA組織の解体-1
 「北海道教育庁の愚行-1」

続×3 PTA組織の解体-2
「北海道教育庁の愚行-2」

続×3 PTA組織の解体-3
「北海道教育庁の愚行-3」

続×3 PTA組織の解体-4
「北海道教育庁の愚行-4」
続×3 PTA組織の解体-5
「札幌市PTA連合会への質問状-1」


続×3 PTA組織の解体-6
「札幌市PTA連合会への質問状-2」

 
続×3 PTA組織の解体-7
「札幌市PTA連合会への質問状-3」

続×3 PTA組織の解体-8
「札幌市PTA連合会への質問状-4」
続×3 PTA組織の解体-9
「札幌市PTA連合会への質問状-5」
続×3 PTA組織の解体-10
「札幌市PTA連合会への質問状-6」
続×3 PTA組織の解体-11
「札幌市PTA連合会への質問状-7」
続×3 PTA組織の解体-12
「札幌市PTA連合会への質問状-8」
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   


続×3 PTA組織の解体-12「札幌市PTA連合会への質問状-8」


■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】


【質問理由-7】
 現在札幌市では「任意加入」を保護者に伝えている学校でも、PTA会費の「学校経費と抱き合わせ」 で納入(徴集)が行われ、当然のようにクラス担任教師が集金しています。
 また、PTA入会手続きは「学校名簿」を流用して行われていますが、本州方面では「個人情報保護」 の観点から「PTA入会手続きには学校名簿を使わない」単位PTAが出てきており、入会手続きも保護者 個々に対して行われるようになり、会員名簿はPTAが独自に制作する傾向にあります。
 PTA会費納入も学校経費・給食費などとの「抱き合わせ徴集(口座引き落とし)」をやめ、PTAが独 自に徴集する傾向が目立ちはじめています。それは「教師が就業時間内に社会教育活動に従事している 」という考えで、「教職員法(就業規定)」に抵触する恐れがあるというものです。

 任意加入を伝えない「自動入会」や「強制入会」がごく一般的な札幌市のPTA状況では、とうてい「 任意加入団体」という「本来あるべき姿の単位PTA運営」は望めません。
 単位PTAの直接の上部組織である区PTA連合会は、「札幌市PTA協議会の下部組織」というポジション よりは、各区の単位PTA運営に積極的に協力し、単位PTAの「民主的な任意加入団体運営」を指導でき る、独立した連合体であるべきと考えます。
 また近年ではPTA組織内外で「おやじの会」という動きが全国的に広まりつつあり、単位PTA状況を さらに複雑にしている傾向があります。
 一面では「父親もPTA(的)活動に参加できる社会環境になりつつある」という見方もできますが、 官僚主導の傾向が見え隠れしたり、一層強硬な発言や「子どものため」を微塵も感じない活動内容には 小さくない危惧を感じます。
 一日でも早く、全保護者に向けた「任意加入団体表明」が成されるべきと考えます。

【質問-19】
 単位PTA入会手続きを保護者個々に実施するべく、単位PTAに通知・指導するお考えはありませんか 。

【質問-20】
 「PTA会員名簿」に「学校名簿」を流用することをやめ、PTAが独自に名簿作成をするよう単位PTAに 通知・指導するお考えはありませんか。

【質問-21】
 PTA会費納入の学校経費との抱き合わせ徴集をやめるよう、教育委員会や各学校長および単位PTAに 対して通知・指導するお考えはありませんか。

 以上21項目の質問について、ご回答いただけますようお願い申し上げます。(了)


 今日は3月24日。1〜2週の間には10通の封書が届くはずである。…いや、もしかするとメールか もしれない。「学校裏サイト」ほどの広がりはまだないが、各地の単Pでホームページを公開しはじめ ている。もしかすると、区P連のオツム硬めの役員もインターネットに「恐れを感じなく」なり、メー ル扱えるようになっているかもしれない。
 札幌のある単Pでは、ホームページに堂々と(!)「PTA任意加入団体」を宣言したところもある。
気になる方は訪問してほしい。http://satsunaepta.jimdo.com/
 札幌市教育委員会よ、北海道教育庁よ、これでいいのか? もし、私やこの学校のPTAが発端で学校 現場に混乱が生じたとき、 「社会教育法12条」で逃げ切ることはさせませんよ〜!
 最近の情報では、札幌市のある区P連の「会長会」での「PTAは任意加入団体」発言に対し「それな 〜に〜?」的質問が出た由。
 なっさけないことこの上ない。如何に単位PTA会長という「末端組織」の会長とは言え、地元地方紙 (北海道新聞)・地元テレビ放送(UHBテレビ)・全国紙(朝日新聞)と、半年ほどの間にメディアが 相次いでPTA関係の報道をしていると言うのに、その内容を把握していないとは…。
 最近では全国の地方紙でも、国会や地方議会でもPTA組織の問題点を公にしているというのに…いや
、区P連や市P協の方ばかり向いて単P運営を考えているだけでは無理もない。何が「子どものため」か 。
 新聞と言えど、購読紙でなかったり記事掲載日にたまたま新聞を開けなかったり、テレビなど好きで もないパーソナリティーの番組だったら見るはずもないし、仕事中にテレビを見ることのできる単P会 長がどれだけ存在するか…。

 いつまでたっても「すべての保護者がPTA任意加入団体」を認識することはできない。
 いったい誰が、どこのポジションが「PTA任意加入団体」を保護者に伝えるべきか。
 私は声を大にして言いたい。
 新聞でもテレビでも、意識だった保護者でも政治家でもない。すべての教育委員会が、学校長を通し て単P会長に伝える指示を出すべきである。
 「社会教育法12条」は、「小学校父母と先生の会(PTA)第二次参考規約(昭和29年2月4日/文部省 父母と先生の会分科審議会)」や「平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰・事務連絡」の内容を「保護 者に伝えない為にある」法律ではなではない。(完)