続3・PTA組織の解体
続×3 PTA組織の解体-1
 「北海道教育庁の愚行-1」

続×3 PTA組織の解体-2
「北海道教育庁の愚行-2」

続×3 PTA組織の解体-3
「北海道教育庁の愚行-3」

続×3 PTA組織の解体-4
「北海道教育庁の愚行-4」
続×3 PTA組織の解体-5
「札幌市PTA連合会への質問状-1」


続×3 PTA組織の解体-6
「札幌市PTA連合会への質問状-2」

 
続×3 PTA組織の解体-7
「札幌市PTA連合会への質問状-3」

続×3 PTA組織の解体-8
「札幌市PTA連合会への質問状-4」
続×3 PTA組織の解体-9
「札幌市PTA連合会への質問状-5」
続×3 PTA組織の解体-10
「札幌市PTA連合会への質問状-6」
続×3 PTA組織の解体-11
「札幌市PTA連合会への質問状-7」
続×3 PTA組織の解体-12
「札幌市PTA連合会への質問状-8」
 
 




 
 
 
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 


続×3 PTA組織の解体-5 「札幌市PTA連合会への質問状-1」

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】



 役所というのは「役に立つところ」なのか「役に立たないところ」なのか判然としないことが少なく ないが、教育委員会(含む教育庁)は役に立つかどうかより「なぜ存在できるのか不思議なところ」で ある。
 「教職員の締めつけ管理」と「PTA組織とのもたれあい」くらいしかしていないのではないか? い やいや失礼、もう一つあった。様々な文化的興行への「名目後援」は、教育委員会の「重要な売名行為 」と言える。これは「大仕事」であるに違いない。

これまで「PTA組織の解体」で札幌市教育委員会とPTA協議会の「麗しきご関係」を罵倒し続けてきた が、2月の中頃久しぶりに「札幌市PTA協議会のホームページ」を訪問して驚いた。
 山本清和氏が「3期目の会長就任」となっているではないか。正直言ってアタマに来た。「単位PTA の役員は単年度で替わる」と言い切っている人物が、如何に「権力闘争に勝ち残った」とは言え3期目 の会長に居座るとは…。
 北海道新聞に「揶揄された平佐と同格に扱われた」ことに気分を悪くしたのか、「のりゆきのトーク ・デ・北海道」にヨイショ出演させてもらって溜飲を下げたのか、二期目就任の挨拶とは打って変わっ
た「お行儀の良い3期目の就任あいさつ」ではあるが、承認した区P連の見識が気に入らない。
 区P連の存在は「地域の単Pの連絡係」として、PTA組織解体後に小さくない存在価値を持つものとし てこれまで騒がさないようにしてきたが、山本清和氏の3期目会長就任を承認したことは、体質的に「 区P連=市P協」であると判断せざるを得ない気分になった。

 市P協と同体質の区P連では回答が来るとは思えなかったが、質問状を送った。

 札幌市各区PTA連合会 様

 拝啓。
 PTA組織に大きな疑問を感じ、 3年ほど前から札幌市PTA協議会会長:山本清和氏および事務局長:
早藤弘泰氏に対し質問をしてきた者です。
 早藤からのご回答が全くなくなり、PTA組織としてのご見解をいただけなくなっていることと、札幌 市PTA協議会会長:山本清和氏の3期目就任を知ったことを切っ掛けに、後述の理由でこれまで控えて おりました「各区PTA連合会」に向けて質問させていただくことにいたしました。
 これまでの私の行動について前もってご説明するべきかと思いますが、あまりに膨大な内容であるた めに本質問状の意図から外れることを懸念し控えます。
 もし必要がありましたら、後述の私のホームページにある「PTA組織の解体」「続・ PTA組織の解体 」「続々・ PTA組織の解体」をお読みいただけますようお願い申し上げます。

 札幌市PTA協議会会長:山本清和氏は、私の質問状を開封のまま、回答も無しに送り返してくるとい う組織の長としての資質を疑問視せざるを得ない人格であると感じておりましたが、先般「三期目の札 幌市PTA協議会会長に就任された」とのことを確認し、承認された各区PTA連合会のご見識にも小さく ない疑問を感じざるを得ません。

 すでにご承知かも知れませんが、私はこれまでのPTAに対する疑問や抗議はもちろん、いただいたご 回答についても実名(個人名・組織名)で公開しております。
 本質問状といただいたご回答も、公開を前提にしていることをお断りしておきます。
 また私は、PTAに関係するマスコミの取材に対しても「匿名」とせず、実名で取材に応じております
。本質問状に対するご回答には、札幌市各区PTA連合会の責任ある方の実名でのご回答をお願い申し上 げます。
 お忙しいところ恐縮ですが、ご回答は3月末日までにお願いいたします。

 質問内容は政治的判断が必要な事柄もあると考えますので、本質問状に同一の資料を添えて、札幌市 議会各政党にも送付し内容の検討をお願いすることを書き添えます。


また、 添付した新聞記事の記者は取材の折「継続してPTA関連記事掲載を考えている」とのことでし たので、両新聞記者にも本質問状を含むすべての資料を提供いたします。

 恐縮ながら念のために記しますが、札幌市PTA協議会会長:山本清和氏のような「無回答・質問状の 返送」などという、「社会教育関係団体」としての誇りを微塵も感じさせない行為は厳に慎んでいただ きたいことを蛇足させていただきます。

 又ついでながら、単位PTAを退会した私が「何の権限を持って質問してくるのか」という理由で「回 答は必要ない」という区P連の意見集約を図る可能性を感じます。
 そのような逃避的意見集約は、添付の朝日新聞記事にある「任意加入が前提になれば、役員もやって みたい」と言う私の「現役義務教育遂行保護者の意思」には無意味であり、今後増えるであろう「PTA 退会者」の非協力的姿勢や対立的意識につながるとになり、単位PTAのみならず、教育現場にも小さく ない混乱を招く可能性があるとお考えいただき、単位PTAや教育現場にもご配慮あるご回答をいただき たいと考えております。

 前述のように、これまでの札幌市PTA協議会はじめ札幌市教育委員会・北海道教育庁・北海道PTA連 合会などに対する質問、および各所からの回答などは私の公式ホームページで公開しておりますので、 ご興味がありましたらお読いただきたいと考えURLを記しておきますが、これまでいくつか寄せられて いる「単なる批判および嫌がらせ」と判断できるメール・電話等は一切無視することを書き添えます。
 もちろん、疑問や説明不足な点どについての問い合わせには真摯に対応いたします。
 ホームページ内のメールフォームから、是非メールでお寄せください。
 http://hirasa.sakura.ne.jp/ 
                                 2012年2月29日

                                   平佐 修
                  063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201
                      ☎011-671-5363 090-5229-6992

(続)

                    


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

 

PTA組織の解体