続3・PTA組織の解体
続×3 PTA組織の解体-1
 「北海道教育庁の愚行-1」

続×3 PTA組織の解体-2
「北海道教育庁の愚行-2」

続×3 PTA組織の解体-3
「北海道教育庁の愚行-3」

続×3 PTA組織の解体-4
「北海道教育庁の愚行-4」
続×3 PTA組織の解体-5
「札幌市PTA連合会への質問状-1」


続×3 PTA組織の解体-6
「札幌市PTA連合会への質問状-2」

 
続×3 PTA組織の解体-7
「札幌市PTA連合会への質問状-3」

続×3 PTA組織の解体-8
「札幌市PTA連合会への質問状-4」
続×3 PTA組織の解体-9
「札幌市PTA連合会への質問状-5」
続×3 PTA組織の解体-10
「札幌市PTA連合会への質問状-6」
続×3 PTA組織の解体-11
「札幌市PTA連合会への質問状-7」
続×3 PTA組織の解体-12
「札幌市PTA連合会への質問状-8」
 
 
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   


続×3 PTA組織の解体-9「札幌市PTA連合会への質問状-5」

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】

【質問理由-3】
 現PTAは、前述「父母と先生の会規約」にあるように、教師も「会員となることができるもの(規約 第六条)」としています。「教師は会員にならなければならないもの」とは記されてありません。とこ ろが子どもを持つ教師は、職場である学校のPTA会員であると同時に、自分の子どもが通う学校のPTA 会員でもあるという状況に置かれています。
 職場である学校に子どもが通う場合以外PTA会費は二重に支払われていると考えられ、教師の「複数 のPTA会員登録」には小さくない違和感を感じます。もちろん教師が「両方の会員を希望」すればいち がいに問題であるとは言えませんが、実情は「教師の希望ではない」と考え、教師に対するアンケート を申し入れましたが実現はしていません。
 また教師は、保護者にPTA入会を勧める立場に置かれているため、単位PTAでの「任意加入団体表明 」がなされても「教師には実質的非加入の選択肢はない」と考えます。
 教師に選択の自由がない状況であることを知った保護者が、入退会・非加入を自由に選択できるほど 「保護者は鈍感である」とも考えられません。果たしてそのような状況が「民主的」あるいは「任意」 と言えるかどうかお考えいただきたい。
 本州方面では、校長は会員ではなく「顧問」としてPTAに関わることが少なくなく、非会員である一 般教師も少数いることをネット上で知ることができます。
 入学時に保護者に向けて「PTAは任意加入ですが、我が校では全員加入していただきます」などと言 う校長がいるとの話しも聞きますが、校長の口にすることではなく、1校に数年しか在職しない校長の ファッショ的強言で組織維持を図るPTAなど、批判する対象にもなり得ません。

 北海道教育委員会のホームページでは「PTAには助言できる。」とされていますが、「社会教育法12 条」を盾にする札幌市教育委員会では、PTA協議会に対し「教師に対して、PTAへの入会・非入会は自 由である表明をしては如何か」との助言をするはずもなく、教師が保護者とPTA組織との関係で苦慮す る現実が容易に想像できます。

【質問-7】
 区内小中学校校長に対して「PTA退会の働きかけ」をするお考えはありませんか。

【質問-8】
 札幌市教育委員会に対し、「教師個々のPTAへの入会・非入会は自由であること、PTA退会及び非入 会が職務評価に影響しない旨文書通達すること」を、PTAの提言として働きかけるお考えはありません
か。

【質問理由-4】
 私の息子が通う小学校の前PTA会長は、「PTA連合会とPTA協議会を脱退した単位PTAがある」と私に 情報提供をしました。
 札幌市PTA協議会は、その件に対する私の質問に「脱退した単位PTAはありません(事務局長:早藤 氏)」と回答してきました。
 私の息子が通う小学校の前PTA会長はPTA協議会の広報を担当していた役員ですが、前PTA会長かPTA 協議会事務局長のどちらかが、何らかの目的で私に嘘を告げています。
 私にはその真偽は問題ではありませんが、そのどちらかが「嘘の情報を現役PTA会員(現在は非会員 )である私に告げたPTA組織の体質」が問題であると考えます。
 単位PTA会長でありPTA協議会の役員と札幌市のPTA組織の頂点であるPTA協議会事務局長のどちらか が、「一般会員に嘘を言ってまで、PTA組織維持を目指すのがPTAの体質である」と私が考えたら、会 員を継続できることではありません。
 私だって、個人のレベルでは嘘を言わない人間ではありません。しかし、自分のことは自分で処理で きますが、「嘘を言いながら、子どものためを口にするPTAには参加したくない」というのが率直な気 持ちです。
 前PTA会長もPTA協議会事務局長も、私としては「組織人」として対峙せざるを得ない訳ですが、ど ちらもご自分の発言(私に対する回答)に「証明を添えていない」ことは、どちらも「いい加減な組織 人である」としか言いようがありません。

 情報提供について、いい加減な事例をもう一つ提示します。
 北海道教育庁に「平成22年度優良PTA文部科学大臣表彰」について質問している中で、根室教育局が 私に対して「私からとする捏造メール(あるいはどこかからの「なりすましメール」)」で、私の口封 じを図ったと考えられることがありました。
 資料の提供はいつでもしますが、私が問題と考えるのは「北海道教育庁という国の出先機関が、個人 (一保護者)に対して口封じをしてまでPTA組織を保護しようとしている」と推測できることです。メ ールのヘッダを提供するよう依頼していますが、「教育局への質問に関して北海道教育庁が一括してお 話しします。」と私を面談に呼びつけ、「説明責任を感じている。」とまで言う北海道教育庁生涯学習 課:毛利薫氏も各教育局も、二ヶ月を経て私の依頼には応じていません。

【質問-9】
 各区PTA連合会におかれて、過去に「退会した単位PTA」があるかどうかをお答えください。

【質問-10】
 退会した単位PTAが加入していた区PTA連合会に伺います。
 退会した単位PTAは、退会後どのような経過を辿ったかをご説明ください。

【質問-11】
 区PTA連合会への加入を「任意である」と単位PTAに通知しているかいないかをお答えください。
 また通知している区PTA連合会におかれては、「任意である」ことをどのような機会で伝えているか お答え下さい。
(続)