続4・PTA組織の解体
「PTA組織の解体-余話-(1)」

「PTA組織の解体-余話-(2)」

「PTA組織の解体-余話-(3)」

「PTA組織の解体-余話-(4)」
「PTA組織の解体-余話-(5)」
「PTA組織の解体-余話-(6)」

 
「PTA組織の解体-余話-(7)」
「PTA組織の解体-余話-(8)」
 「PTA組織の解体-余話-(9)」
「PTA組織の解体-余話-(10)」
「PTA組織の解体-余話-(11)」
「PTA組織の解体-余話-(12)」
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 


 「PTA組織の解体-余話-(10)」
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】

「PTA組織の解体-余話-(10)」
 本「余話」8まで書き進んだ所で、「(6月)7日午後の市議会本会議の代表質問
で、PTA加入自由化の問題を取り上げることにいたしました。」との連絡をいただいた。
 「続×3 PTA組織の解体」に公開した「区P連質問状」を同封し、札幌市議会全政党会派に資料を送付した所、ほとんど間もなく丁寧な葉書をいただいたのが「みんなの党:金子快之札幌市議会議員」である。
 一応自分としては計画していた行動ながら、市議会政党には「通知」を目的にしたもので正直面食らった。
 なぜなら、あいさつ文に「特段のご返信を期待してのものではない」と書き添えたた
め、続く「あるかも知れない事態」を想定すらしていなかったし、かつての私の支持政党「民主党」に某かの助力をもらおうと考え、 小学校PTA担当教師に宛た「PTAに関する提言書」を発送した時点(2010年2月)で民主党にのみ通知したが、全くリアクションがなかったので「政党はアテにしない」と決め込んでいたのだ。
 一般的にマスコミで取り上げられてはいないが、「PTA族議員」という政治家区別用語(?!)がある。与野党を問わずほとんど「すべての政党に存在している」…と認識していたので、政党(政治家)に助力を求めるのは無理があると考えたワケである。
 それが「あった」ので、慌ただしく金子議員のHPやみんなの党HPにアクセスした所
「この人はやるかも知れない…」という感想を持つことができたので、札苗小PTAの上田さんの存在をお知らせし、手持ちの資料なども送らせていただいた。


【市議会各政党会派へのあいさつ】
札幌市議会自由民主党・市民会議 様
札幌市議会民主党・市民連合議員会 様
札幌市議会公明党議員会 様
札幌市議会日本共産党議員会 様
札幌市議会市民ネットワーク北海道 様
札幌市議会市政改革クラブ 様
札幌市議会みんなの党 様
(市議会会派別名簿順)


 拝啓。
 日頃市政にご尽力されていること、市民の一人として心から感謝申し上げます。
 この度、札幌市各区PTA連合会に対し、同封のような「質問状」を発送いたしました。
 同封新聞記事にもあるように、近年全国的に「PTAを考える」一般保護者が急増しており、私も現役保護者の一人として3年前より札幌市PTA協議会・北海道PTA連合会・札幌市教育委員会・北海道教育庁などに「PTA改革を目的とした質問・折衝」を重ねてまいりました。
 幸い北海道では教育現場に大きな混乱を招く事態には至っておりませんが、私の友人達が子育ての時期には単位PTAの理不尽な運営押し付けに困っていた姿を数々耳目にしておりました。
 「現状維持」を堅持したいPTA組織の抵抗は小さなものではなく、北海道教育庁・札幌市教育委員会の「PTA組織に対する姿勢」にも小さくない疑問を感じ、巨大な「PTA組織の体質・運営改善(もしくは本来的運営)の教育現場に混乱を招く前の実現」を目指すことに一保護者として限界を感じております。
 すでに議員活動の中でご検討をいただいている事案であるかも知れませんが、札幌市各区PTA連合会への「質問状」をご一読くださり、全国的にも複数市議会で取り上げ始めている「PTA運営改善」についてお考えいただきたく思い、資料など同封させていただく次第です。
 なお、本状についてのご質問、あるいは私の知り得ている資料などについてはご請求があれば提供いたしますが、特段のご返信を期待してのものではないことを書き添えます。
                                2012年2月29日
                                    平佐 修
                     063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201
                         ☎011-671-5363 090-5229-6992


 とにかくPTAと関わりがありそうな所には「任意加入団体認識を持たせ、考えさせる」ことを目的に、何でも送りつける(!)のが近道と考えていた。
 今もそう考えてはいるが、札苗小PTA会長:moepapaさんや、みんなの党:金子さん
が大きな行動をされている段階に至っているので、自分の行動を少なからずシフトするべきかな〜…と考えはじめている。
 これは「余話」なので、少々ぶっちゃけた(?)内容を許してもらいたい…いつもか
な〜?…が、市議会に20年ぶりくらいで足を運んでちょっと気落ちした気分である。
 金子議員の質疑内容はmoepapaさんのブログ<http://blog.livedoor.jp/
moepapa516-pta/archives/53668064.html>に素早く&詳しく…議会翌日にはもう
アップしてるんです。札幌市役人も見習えよ〜(!)…あるので後追いはしません
が、moepapaさんのブログにある「PTA問題に関する質問が始まった途端に自民党の議員がヤジを飛ばし出した」には怒っちゃいましたね。
 金子議員の前に「市民ネット:小倉菜穂子氏(私はPTA族議員の一人に数えている)」が質問をしており、傍聴席には修学旅行生と思しき中学生(?)が見学に来ていたのです。
 もちろんその時点では議場の雰囲気は暗めながら「ヤジ」はなく、 小倉氏の質問終了と同時に小倉氏のサポーター共々傍聴席を退出していたので良かったが、もし修学旅行生が見学を継続していたら、「自民党の議員のヤジ」は修学旅行生にどのような印象を持ち帰らせたでしょうね〜。
 「国会はもっとひどい」「台湾はまだまだスゴイ」とか言ってごまかすんじゃあないで
しょうね〜?… 三上さん?( 議長:三上 洋右氏)。
 修学旅行生がいるかいないかご存じないだろうが、PTAに関する質問になったとたんヤジが飛び出したことに「静粛に」とか言わないんですか? PTAに関する質問だから言わなかったんですか? 傍聴席に市P協会長:山本氏が来ていたから言えなかったんですか? ヤジ主と市P協会長の出来レースをわかっていたから言わなかったんですか? 金子議員が少数会派で、しかも1年生議員であることで「鍛える」意味でヤジを黙認したんですか? それとも、いつもヤジには何も言わない主義なんですか? 
 議会は、品位と活力を感じさせる(ってか?)必要があるんじゃないですか? いったい当日の傍聴人は何人いましたかね〜? あんなことだから傍聴人が少なくなるんですよ。当然、国会も台湾も、札幌市には関係ありません。多分、貴方の議長としての存在感とか資質・人格の問題でしょうね〜。
 せめてPTAに関する金子議員の質問時には、社会見学の生徒・学生がいるかも知れない(どのような場合でも同じだが、 北海道の首都の議会なんですよ)ことも考え、すぐにヤジを止めさせる能力を持って下さいね〜。それが市P協会長:山本氏が言う「子どものため」ではないのですか?
 2分間くらい議長の制止がなかったので、私が傍聴人の分際で「うるさい(!)」「う
るさいぞ議員(!)」と二度も声を出させていただいた。
 私は「議会のヤジ」を全面否定するものではない。手短で的確な声量に充ちたヤジは、居眠り議員に覚醒をもたらし議会を活性化させる効果と、的さえ外さなければ質問内容の焦点を外させたり、原稿(!)を読む気力を削ぎ「効果的な攻撃」も可能である。
 残念ながら当日のヤジは、聞こえるか聞こえない声量でダラダラと続いたのである。「うるさい」ワケではなく「邪魔臭い」だけでしかなかった。
 おまけに「それは同感(だったかな?)」なんて、腰砕けじゃあないか。ナサケナイ。
議会は、お前さん一人が納得する場ではないぞ。仮に納得できることがあっても、ヤジる側としては「ヤジれる材料」についてヤジるだけでよろしい。
 わかりましたかヤジ主さん。どこかで「市政に命をかけます」とかホザイているんじゃないの? ヤジにも命をかけなさいよ〜。
 一言で言わせてもらって、当日のヤジは下品でしたね〜(!)。…もちろん私自身のことは棚に上げさせてもらいますよ〜ハッハッハ。(続)
  

  ** 063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201 **
    ** Tel&Fax 011-671-5363 **
    ** 携 帯 090-5229-6992 **
 


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

PTA組織の解体