続4・PTA組織の解体
「PTA組織の解体-余話-(1)」

「PTA組織の解体-余話-(2)」

「PTA組織の解体-余話-(3)」

「PTA組織の解体-余話-(4)」
「PTA組織の解体-余話-(5)」
「PTA組織の解体-余話-(6)」

 
「PTA組織の解体-余話-(7)」
「PTA組織の解体-余話-(8)」
 「PTA組織の解体-余話-(9)」
「PTA組織の解体-余話-(10)」
「PTA組織の解体-余話-(11)」
「PTA組織の解体-余話-(12)」
 
 
 
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 


「PTA組織の解体-余話-(2)」

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】

「PTA組織の解体-余話-(2)」
 「正しい情報」とかおっしゃってますが、なかなか幼稚な内容でしかない。
 しかも「※必読!利用規約(以下略)」とか気取っていらっしゃる。
「PTA組織自らが「札幌市役所 教育委員会 外郭団体」を名乗ってインターネット上にその名称を公開し、それらが検索したときにヒットしていると思っていらっしゃるようですが、(以下略)」とか私の検索を間違っていると言わんばかり。
 実に有り難いご指摘をいただいたが、おめ〜がバカなんじゃね〜の(とあるネットの管理人口調を真似てみた)?
 「地域情報検索サービスサイト」が勝手に「札幌市役所教育委員会外郭団体」名称を使うか〜? ネット社会とは、そんなに好き勝手に「名称捏造」をするものなのか〜?

 アホも休み休み言えよ〜!〜ノータリン!!
 元々使われている名称をサービスサイトが転用することはあっても、どう考えたらサービスサイトが勝手にPTAを「札幌市役所教育委員会外郭団体」に作り上げられるというんだよ?
 第一、Mapion検索サイトなどには「記載情報や位置の訂正依頼はこちら」と、情報の訂正ができるようになってるんだよ。…わかりましたか? ノータリンさん。
「誤ったものや偏ったものも意外と多いものです。それを理解せずして、インターネットを利用するのも、またいろいろな意味で危険なことです。」には「したり顔」を想像できますが、「誤ったものや偏ったもの」を放置するおめ〜みたいな感性の人種が少なくないから「危険」なんじゃね〜の?
 「該当PTA組織に改善を要求しているのかがまったく理解できませんでした。」
 これはも〜、全くPTA組織人のオツムですね〜…白状しろ(!) ノータリン。
 まあ、理解力は人によって差異がありますから、私と同じレベルにはなる必要はありませんし、人に劣っても勝ってもノータリンさんの人生が大きく変化しないことを私が保証しますからご安心ください。
 しかも「あなたの主張を否定しているともとれなくはないものですし」とかおっしゃる
が、肯定と受け取れないながら、それを「否定」と受け取るほど私のオツムを幼稚であるとでもお考えなのだろうか…如何にもネット上使われている「PTA脳」の持ち主らしい言い回しである。
 で、結構適当なご仁で「返信をしても届かないことをお知らせしておきます。」も適当なホラだろうと思って「お礼の返信」を試みたら…発信できなかった。
 こうゆうところだけはぬかりがないご仁である…頭がいいのか悪いのか…。
 それで私も少々ムッときて(自分にね)、知人にヘッダを調べてもらったら次のようになっていた。きっとアドレスに見覚えのある方がおられるだろう。
 「求む情報提供(!)」面と向かって直接こき下ろして差し上げたいご仁である。
 そうそう、「続×3 PTA組織の解体」で謹んで紹介させていただいた「根室教育局」および「北海道教育庁」さんには3ヶ月前に提供をお願いしたが、私からのメールであるとするものには同様の記録「ヘッダ」があるので、再度提供のお願いをしておきます。
 念のためくり返しておきますが、見る人が見れば「どのような経路」で根室教育局に着信したかが判明するのです。
 それを未だに提供してこないということは、と〜っくに「私からのメールではない」こ
とを解読しているからにちがいない。それで「だんまり」を決め込んでいるのだろう。
 役人とはそのように姑息であり、そのような姑息な役人達から守られているのがPTA上部組織なのである。…「守られている?」…ちがうちがう。両者が恊働で…いや、「つるんでPTA組織を温存している」のである。
 「父母と先生の会」は60年前に導入されたと言うから、文字通り「前世紀の遺物」である。さっさと解体してみませんか〜!


【メールのヘッダ】
差出人: e342699@rppkn.com
件名: Fwd: Re: Fwd: Fwd: no subject
日時: 2012年3月27日 23:10:30JST
宛先: 平佐 修 <hirasa-quit@mbm.nifty.com>
Return-Path: e342699@rppkn.com
Received: by mbox410-4.nf.nifty.com id 4f71ca5932357d; Tue, 27 Mar 2012 23:10:33 +0900
Received: from conmx507.nifty.com (conmx507.nifty.com [172.16.169.193]) by
mbox410-4.nifty.com (Postfix) with ESMTP id 1F970F80DA for <hirasaquit@
mbm.nifty.com>; Tue, 27 Mar 2012 23:10:33 +0900 (JST)
Received: from mail.digitalsanctuary.com (digitalsanctuary.com [174.37.94.132]) by
conmx507.nifty.com with ESMTP id q2REAV4W015390 for <hirasaquit@
mbm.nifty.com>; Tue, 27 Mar 2012 23:10:32 +0900
Received: from syndi.digitalsanctuary.com (unknown [174.37.94.132]) (using TLSv1 with
cipher AES128-SHA (128/128 bits)) (No client certificate requested) by
mail.digitalsanctuary.com (Postfix) with ESMTP id D9B305F3040F for <hirasaquit@
mbm.nifty.com>; Tue, 27 Mar 2012 14:10:30 +0000 (UTC)
Authentication-Results:
nifty.com; spf=none smtp.mailfrom=e342699@rppkn.com; sender-id=none
header.From=e342699@rppkn.com; dkim=none
X-Nifty-Srcip: [174.37.94.132]
Message-Id: <882088219.9921332857430848.JavaMail.e342699@rppkn.com>
Mime-Version: 1.0
Content-Type: multipart/alternative; boundary="----=_Part_1317_243588143.1332857430848"
Status: U
X-Uidl: 1332857433.12853.mbox410-4


 名前を明かさないメールを出す人格にはそれほどの興味はないのだが、このメール直後に「fighting-algernon.usahara22.go@ezweb.ne.jp」という差出人アドレスから「㈬/㈬自由貿易競争推進後に作られる世界社会を正確に予測すべき…」とかタイトルされた意味不明のメールが7〜8通着信し、返信を試みたがやはり発信できなかった。
 多分発信元は同一であろうと推測している。陰湿きわまりない。
 こんなことをするバカ者がいるから「PTA組織は不気味」と思われ、「PTAには下手に逆らわない方がいい」と考えさせているのである。
(続)

    ** 063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201 **
    ** Tel&Fax 011-671-5363 **
    ** 携 帯 090-5229-6992 **
 


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

PTA組織の解体