続4・PTA組織の解体
「PTA組織の解体-余話-(1)」

「PTA組織の解体-余話-(2)」

「PTA組織の解体-余話-(3)」

「PTA組織の解体-余話-(4)」
「PTA組織の解体-余話-(5)」
「PTA組織の解体-余話-(6)」

 
「PTA組織の解体-余話-(7)」
「PTA組織の解体-余話-(8)」
 「PTA組織の解体-余話-(9)」
「PTA組織の解体-余話-(10)」
「PTA組織の解体-余話-(11)」
「PTA組織の解体-余話-(12)」
 
 
 
 
平佐修.クラシカルギターウエブサイト
ホーム プロフィール 演奏会予定 楽譜・CD販売オンラインショップ 演奏MP3 リンク 平佐修へのメール
PTA組織の解体・続続々へ

PTA組織の解体1へ   

 


「PTA組織の解体-余話-(7)」
 

■札幌市PTA組織の解体1-序-1【札幌市PTA協議会会長への公開質問状(1)】

「PTA組織の解体-余話-(7)」
 そんなワケで、手稲宮丘小前校長は他校へ赴任された。
 昨年、もう一つ前触れがあった。私がPTAに対する発言を始めて以来、しばしば私への対応に苦慮されてきた教頭先生が昨年秋頃転任されていた。挨拶することもできなかったが、後日「他校の教頭先生の不幸による人事」と聞いたが疑わしい。
 教育委員会に一応「2年で他校への転任は疑問がある」と苦情のメールを送りつけておいたが、私としては手稲宮丘小教員も「どんどん転勤してほしい」と考える。どんどん転勤して「PTA退会保護者がいる」ことや、PTA非会員保護者が校長とコラボったとかを話してほしいと考えている。
 そんな私が、PTA協議会が入っている「生涯学習センターちえりあ」の一室で「反PTAミニコンサート」なんぞしたら面白いでしょうね〜。
 北海道新聞や朝日新聞の記事コピーや区P連への質問状コピーを並べて「ご自由にお持ちください」と張り紙しておけばいい。岡山西小や札苗小PTAのホームページのコピーなどもならべると一層賑やかでしょうね〜。
 …コピー代が嵩みますね〜…貧乏ギター弾きのすることではないのかも…。
 さて、山本清和会長の札幌市PTA協議会は「単Pには何もしない」と言いつつ「PTAは子ども達のためにある」とも言います。ド〜も解るような解んないような…。
 その札幌市PTA協議会が「世界エイズディーに協力参加」している。
 もしかして3期目の就任あいさつにある「外部団体からの要請に対する協力活動等を行っております。」とか仰ることにも関わるんでしょうかね〜…?
 そのあいさつ中に「私たちの活動は、札幌市立の幼稚園、小学校及び中学校におけるPTA活動の振興と、家庭教育、社会教育、学校教育、安全教育の充実振興を目的としています。」とあります。
 「私たち」は札幌市PTA協議会を指していると思うのだが、「世界エイズディーに協力参加」することが「家庭教育、社会教育、学校教育、安全教育」のどのカテゴリーに含まれるのか、拙文の読者の方々に見当がつきますか?
 私が得た情報では、札幌市PTA協議会の女性事務職員が「協力は札幌市長からの要請」であると問い合わせに答えているという。
 札幌市役所市長室「市民の声を聞く課」に問い合わせると、保健所感染症総合対策課というところから回答があった。
【問い合わせメール】


市民の声を聞く課
課長:宇賀治 努 様
お忙しいところお手数おかけいたします。
たびたびPTAに関係して問い合わせをさせていただいております。
本日は、下記のことについて問い合わせをさせていただきます。
担当部署、もしくは直接市長室からのご回答をいただきたいと考えております。
【問い合わせ内容】
世界エイズデーに札幌市PTA協議会が「協力」というかたちで組織名を公表しておりますが、協力の理由が「札幌市長からの要請」であるとの札幌市PTA協議会からの回答を確認いたしました。
札幌市PTA協議会への「札幌市長の要請」がどのような形で行われていたかと、「要請の理由」をご回答下さい。
また、札幌市として「札幌市長の要請」と「要請の理由」を公開しておられるかどうかについてもご回答下さい。
よろしくお願いいたします。
平佐 修
hirasa-quit@mbm.nifty.com


【回答メール】


 *一通目の回答メールは、問い合わせた内容にほとんど関わりない内容ばかりだったので再質問メールをしたところ、次のような回答になった。
平佐 修 様


 このたびは、当課の説明が足りず、大変申し訳ございませんでした。お問い合わせいただきました内容に対し、下記のとおりお答えさせていただきます。


1 札幌市長の要請について
 世界エイズデーへの協力について、札幌市PTA協議会に対し、札幌市長から直接又は札幌市長名の文書での要請は行っておりません。
 札幌市PTA協議会には、世界エイズデー関連事業として実施した「保護者向けエイズ勉強会」に御協力をいただきましたが、勉強会の開催とこれに対する札幌市PTA協議会の協力につきましては、例年1月に開催する札幌市エイズ対策推進協議会(以下「エイズ協議会」という。)の中で、事務局である札幌市保健所から次年度の事業計画として提案をし、エイズ協議会委員として出席いただいている札幌市PTA協議会役員に了承をいただいております。札幌市PTA協議会は、この札幌市保健所からの提案を、札幌市(長)からの要請、と表現されたものと思われます。


2 要請の理由及び公開について
 札幌市からの要請の理由についてですが、小中学生のお子さまをもつ保護者を対象に勉強会を開催することは、エイズに関する正しい知識を学び、HIV感染者・エイズ患者への理解を深める機会となり、家庭を介した若年層に対するエイズ対策の一環として重要であることから、より多くの保護者に勉強会に参加いただくために、札幌市PTA協議会の御協力をお願いしております。
 また、札幌市からの要請は、文書での要請ではなく、前述のとおり、エイズ協議会において事務局である札幌市保健所から口頭で行っております。このエイズ協議会は市民に公開で開催しておりますことから、札幌市PTA協議会に対する要請及びその理由について公表はしておりません。
ご不明な点がございましたら、再度お問い合わせください。
よろしくお願いいたします。


札幌市保健所感染症総合対策課
札幌市中央区大通西19丁目WEST19
Tel 011-622-5199 Fax 011-622-5168
E-mail kansensyo@city.sapporo.jp
(続)


 

 

    ** 063-0034 札幌市西区西野4条9丁目4-38-201 **
    ** Tel&Fax 011-671-5363 **
    ** 携 帯 090-5229-6992 **
 


             *平佐修メールアドレス:hirasa-quit@mbm.nifty.com

PTA組織の解体